Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘RIO+20’

日本の強みは「スマートシティ!!」と某大学教授がNHKで言っているのを先日目にしました。僕の中でずっと引っかかっていた言葉である「スマートシティ」。ずっと勉強したかったのですが、なかなか時間確保が難しく、スルーし続けていました。でも先月ブラジルリオデジャネイロで行われていた「RIO+20」に参加されていた尊敬する先輩の記事を読んで少しずつでもいいから勉強しようと決意しました。

 

スマートシティを世界に売り込んだ日本は成功

記事でもわかるように、RIO+20で注目を浴びていた日本震災後の復興のビジネスモデル日本政府公式サイドイベントでは、スマートシティについてプレゼンしたそうですが立ち見が出るほどだったそうです。内容は、「災害に強い、レジリエントな(強靭な)スマートシティパッケージ」。これは世界中が求めていることですよね。

 

そもそもスマートシティはどこから生まれたのか?少し調べているとやはり強いなアメリカという結果になりました。アメリカ、そしてヨーロッパ(特にドイツ、オランダ)、そして日本の順番で定着していっていました。以下にまとめました。

 

  1. 米国
    電力不足・省エネ・ピークシフト
    再生可能エネルギー導入、PHEV(プラグインハイブリッド)普及
    老朽化した送配電線のリニューアル
  2. ヨーロッパ(特にドイツ、オランダ等))
    熱を含めたトータルなエネルギー制御
    地域主導、ローカルでの実践
    エネルギー消費者のプロシューマー化
  3. 日本
    海外の影響、景気対策、太陽光発電・電気自動車の相乗的普及促進
    ネット家電等の従来構想の実現
    新興国のインフラ需要への売り込み

といったところでしょうか。日本はここに震災再興スマートシティビジネスモデルが入ってくるのでしょうか。でもスマートシティど素人の僕にとっては想像できないことばかり。少し勉強して思ったけど、スマートシティには、スマートハウスとか、地域エネルギーとか、メガソーラーとか、交通システムとかが必要だそうで。つまり、エネルギー需給の相互融通がパシっといかないと機能しないと思いました。そもそも、それを政府主体でやるのか、自治体主体なのか、はたまた企業なのか、またまた全部ひっくるめてなのかも想像もつかない。いやぁ個人でも参加してみたいなぁって漠然と思うけど笑。でもどこがやるにせよ、その組織のなかに「スマートシティ」創造への転換力が必要になってくるのではないでしょうか。組織、社員すべての意識改革ってのも。

 

実際に、 横浜市「横浜スマートシティプロジェクト」  、 豊田市「家庭コミュニティ型」低炭素都市構築実証プロジェクト」京都府「けいはんなエコシティ」  、 北九州市「北九州スマートコミュニティ創造事業」  とかやってるんですよね。横浜のみなとみらい21エリアなんて見た感じそのまんまって感じですよね。無意識にでも目に入ってくるものですね。あと知人に聞くところ富山市コンパクトシティとして低炭素都市への取組みも盛んでそうです。一度見に行ってみたいです。誰かいきませんか笑?

 

【ひとりごと】服部さーん、会いたいでーす。

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。