Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘震災’

日本の強みは「スマートシティ!!」と某大学教授がNHKで言っているのを先日目にしました。僕の中でずっと引っかかっていた言葉である「スマートシティ」。ずっと勉強したかったのですが、なかなか時間確保が難しく、スルーし続けていました。でも先月ブラジルリオデジャネイロで行われていた「RIO+20」に参加されていた尊敬する先輩の記事を読んで少しずつでもいいから勉強しようと決意しました。

 

スマートシティを世界に売り込んだ日本は成功

記事でもわかるように、RIO+20で注目を浴びていた日本震災後の復興のビジネスモデル日本政府公式サイドイベントでは、スマートシティについてプレゼンしたそうですが立ち見が出るほどだったそうです。内容は、「災害に強い、レジリエントな(強靭な)スマートシティパッケージ」。これは世界中が求めていることですよね。

 

そもそもスマートシティはどこから生まれたのか?少し調べているとやはり強いなアメリカという結果になりました。アメリカ、そしてヨーロッパ(特にドイツ、オランダ)、そして日本の順番で定着していっていました。以下にまとめました。

 

  1. 米国
    電力不足・省エネ・ピークシフト
    再生可能エネルギー導入、PHEV(プラグインハイブリッド)普及
    老朽化した送配電線のリニューアル
  2. ヨーロッパ(特にドイツ、オランダ等))
    熱を含めたトータルなエネルギー制御
    地域主導、ローカルでの実践
    エネルギー消費者のプロシューマー化
  3. 日本
    海外の影響、景気対策、太陽光発電・電気自動車の相乗的普及促進
    ネット家電等の従来構想の実現
    新興国のインフラ需要への売り込み

といったところでしょうか。日本はここに震災再興スマートシティビジネスモデルが入ってくるのでしょうか。でもスマートシティど素人の僕にとっては想像できないことばかり。少し勉強して思ったけど、スマートシティには、スマートハウスとか、地域エネルギーとか、メガソーラーとか、交通システムとかが必要だそうで。つまり、エネルギー需給の相互融通がパシっといかないと機能しないと思いました。そもそも、それを政府主体でやるのか、自治体主体なのか、はたまた企業なのか、またまた全部ひっくるめてなのかも想像もつかない。いやぁ個人でも参加してみたいなぁって漠然と思うけど笑。でもどこがやるにせよ、その組織のなかに「スマートシティ」創造への転換力が必要になってくるのではないでしょうか。組織、社員すべての意識改革ってのも。

 

実際に、 横浜市「横浜スマートシティプロジェクト」  、 豊田市「家庭コミュニティ型」低炭素都市構築実証プロジェクト」京都府「けいはんなエコシティ」  、 北九州市「北九州スマートコミュニティ創造事業」  とかやってるんですよね。横浜のみなとみらい21エリアなんて見た感じそのまんまって感じですよね。無意識にでも目に入ってくるものですね。あと知人に聞くところ富山市コンパクトシティとして低炭素都市への取組みも盛んでそうです。一度見に行ってみたいです。誰かいきませんか笑?

 

【ひとりごと】服部さーん、会いたいでーす。

Read Full Post »

明けましておめでとうございます。松波動物病院の松波登記臣です。本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

元旦から各新聞を読み漁る日々が続いております。その中から中日新聞日経MJで組まれていた対談記事と特集記事をご紹介致します。元旦当日にこの2つの記事をFacebookでご紹介させて頂きました。共通する話題はやはり3・11なのですが、僕自身昨年は3・11を一切語りませんでした。これは喪に服していたのかもしれませんし、腫れ物に触るような感じであったのかもしれません。ですので、昨年は人知れずコソコソと震災関連の本を何十冊も読み漁りました。

 

例えば・・・真山仁のマグマから湯川秀樹先生や朝永振一郎先生の核兵器廃絶論、原子爆弾の製造を進めたベーテやオッペンハイマーの伝記本。さらには、毒ガスを開発したリッツ・ハーバーの懺悔本など、結構サイエンスに偏ってはいますが笑。他にも各新聞社や各出版社から出ている関連本もです。とにかく読み漁りました。

 

この読み漁る作業・・・要は、語るに知識はいるということです。これは僕の哲学です。「知は力なり」を追求するなかで、芽生えた僕がとても大事にする哲学です。知識が無ければ語るに値しないとも思いますし、バイタリティーも生成されません。そして大事なことは、カタチある価値ある存在を創りたい・なりたいとも思うからです。

 

中日新聞元旦号16面より
「知」と向き合う:人間の底力、生きる科学というテーマで、宇宙飛行士の山崎直子氏と作家・薬学博士の瀬名秀明氏が新春対談をされていまして、主体は3・11を中心に科学技術の話。これまでの僕たちの社会を発展させてきた科学の知見、数々の技術の紹介と3・11以降揺らぎ続いている科学技術への信頼感につ いて両氏の意見が興味深い。

今も「知」の開拓への挑戦はさまざまな分野に絶え間なく広がり続けていることに対し両氏は、専門家である科学者は異分野を融合した研究が重要になることを意識して欲しいのと同時に、生活者もそのことを社会に対し、経済活動や消費活動を通じて、能動的に態度で示していかなければならないと指摘していた。

僕が思うに、想像力とは人間ならではの力で、それぞれが物語や科学を発展させてきたんだと思います。そしてそれを求め使い果たしてきたのも我々であるとも思います。未来を作るためにイマジネーションし、それをカタチにしてきたのは科学者だけではなく、僕ら生活者もそれに含まれると思います。

本年は、みんなが持っている人間の底力を見せつける元年です。気合い入れていきましょう。僕は、みんなを信じています。心より応援します。

 

日経経済流通新聞MJ元旦号1面より
CSR新時代:社会貢献はビジネスへ」。

企業は社会貢献するべきーー93%…など消費者意識調査を用いて、ビジネス派および慈善派などの位置付けの調査結果も。ビジネス派が約60%…事業モデル化を望む声が多いのは言うまでもないですね。

近年BOPビジネスも注目されるようにCSRもその意味も認識も浸透してきていて、CSRに縁も所縁も無いような場所だった動物病院でもやりやすい環境が 整備されつつあると思います。これには、CSR導入済みな当院としては追い風なのですが、まだまだ非常にレアなケースであることには違いありません。

3・11以前は自然環境の保護や障害者の積極雇用、CO2削減が上位を占めていましたが、今は震災復興支援が断トツ。企業も柔軟性が求められるのと同時に、今一度CSRについて再認識する時期なのでは?と思っています。

生活者のなかでも、フェアトレード商品を積極的に購入する“貢献型”消費者も増えてきていますし、また情報が不足しているなど不満の声もあがってきています。

社会貢献なのか、宣伝なのかは正直どっちでも良い…までとは言いませんが、もっともっと企業は取り組んでいる社会貢献活動の情報を生活者に向けてPRすることも求められてきているのだと思いました。自戒も込めてw

 

以上2つの記事をご紹介させて頂きました。

 

最後に今年の抱負ですが、僕は動物好きで元科学者なだけのビジネスマンなので、新しい価値をどんどん創っていかなければならない存在であると思っています。一人で出来ること、組織で出来ること、出来ることはたくさんあります。でも仲間とやりたいこともたくさんあります。興味がありましたら、是非ご連絡を。一緒におもろいことやりたい人、お待ちしています。

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。