Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘論理的思考’

お久しぶりです。ここ数ヶ月間、言葉を文章に著すことに何か抵抗がありまして、なかなかブログの更新が出来ていませんでした。難しい文章を展開しがちな傾向にある私は、テーマも難しいものを意識的に選んでいたように思えます。そうするとブログ離れ?更新下手?になってしまっていました。

 

 

私が好きなテーマを書いていくことがやはり良いと思いましたので、今回の表題は「新人教育」。いきなり教育を語ろうとしてしまっていますが、少々のお時間、お付き合いくださいませ笑。私は大学の教員でも専門学校の教員でもありませんので、オフィシャルな教育者ではありません。ですが、会社経営をしている傍ら、獣医師として後輩たちに様々なことを常に教えている立場でもあります。獣医師だからといって学術的なことばかりとも限りません。例えば、飼い主様とのコミュニケーションを育むために必要な経験とスキルについて話をしたりもします。それ以外にも、地頭力を養ってもらうために(いわゆる論理的思考)、私への報告を受ける際は、必ず結論から言ってもらったり。。。面倒くさい上司ですね笑。ですがその繰り返しで、話の内容がわかりやすくなったりしていきます。それが学術的な要素を含んだ話、つまり診療においても展開されると飼い主様との良好なコミュニケーションにも繋がっていくことも言うまでもありません。誰もが大学を卒業したての頃から論理的思考を持ち合わせているとは限りませんし、誰とも良好なコミュニケーションを築けるスキルを持っているとも限りません。それら2つのスキルをはじめから持っている人は、確率論からいうとかなり低いのではないでしょうか。そもそも私が言っていることも何も変哲もない当たり前のことにしか過ぎませんが、この現実を理解し、新社会人たちと真摯に向き合えるかが、教育者としての心構えのようにも感じています。

 

 

「何でこんなこともできないんだ。」と、入社したばかりの新社会人に向かって、私は口が裂けても言えません。何故ならば、先述したとおり、それが『普通だから』ということ理解しているからです。先輩への飼い主様への報告や説明が最初から「わかりやすく」かつ「コミュニケーションが良好」な新社会人なんて・・・とは言い切れませんが、少し可愛くない気もします笑。教育する立場にいる側の人間らが、それを100%理解することも人間ですからね、正直難しいことではありますが少しだけの我慢と辛抱さえあれば、新社会人に対してずっと真摯に向き合っていけれると思います。

 

 

これまで教育する立場にいる側の心構え?の話をしてきましたが、逆に教育される側でも絶対的に必要なスキルについて少しだけお話します。それは結論からいいますと、『素直さ』です。「はい」「わかりました」「気をつけます」「すみません」「お疲れ様です」「おはようございます」・・・この6つで簡単に、そして良好に職場の先輩方とはお付き合いできるのではないでしょうか。この6つに限定した話ではありませんが、『素直さ』をスキルという理由は、社会人全員に備え付けられていないものだからです。30歳であっても、50歳でもあっても、80歳であっても、無いものは無いのです。それが、20歳ちょい過ぎの年齢で、身についているなら、それはスキル以上の武器になります。すべて上手くいくと思います。大事ですよ『素直さ』。

 

 

【ひとりごと】ゴルフはじめました

広告

Read Full Post »

とある獣医学生の話をします。

 

とある獣医学生はいろいろ今までに獣医学生として、自分が身を置く業界のことを調べてきていたそうな・・・

 

さらに、調べれば調べるだけ、この業界に対する「不満」や「不安」が芽生えてきたそうな・・・

 

そして、その獣医学生は、「この業界に一石を投じてやろう!」と思ったそうな・・・

 

そんな獣医学生の話である。。。

 

その獣医学生と話をしました。話をするや否や、彼が言っていることが全く理解できませんでした。少なくとも、この業界に身を置く人間として、知っていることは何気に多くあるはずの僕が、全く理解できませんでした。その理由は、僕が無知だったというのではなく、彼が言っていることが、ものすごく「わかりにくかった」だけなのでした。そこで、僕は一喝しました。「わかりにくい」と・・・。

 

僕は昔から大事にしてきていることがあります。それは徹底とした「わかりやすさ」です(日本獣医学雑誌掲載記事「わかりやすいカタチ」以下参照)。これは本当に大事です。なぜなら、可能性が無限大に拡がる、ということを僕自身が知っているからです。それを実証してきた経験が僕にはあります。なので、間違いありません。もちろん、始めから、上手くいくことなど、まずあり得ません。なので、その獣医学生に言いました。「今、自分が一番身近で手を動かしていることを、徹底的に学びなさい」と。つまり、獣医学生ならば、「獣医学」を、ですね。僕もそれなりに不真面目な獣医学生でしたが、「学業」だけは怠りませんでした。それと、高学年になってくると(獣医学科は6年生までありますので、この場合、4〜6年生を高学年と指します)、「研究室」という場所に所属します。「学業」の他に、「研究」というものもやらなくてはいけなくなってきます。

 

生き字引・・・僕は元研究者です。「研究」から養ったものは、たくさんあります。大げさに聞こえるかもしれませんが、今僕がいろいろ手を動かさせて頂いている「ビジネス」も、モロに「研究」から影響され、さらには「研究」から養ったものを「ビジネス」で活かしているだけにしかすぎません。カッコイイ言い方をすれば、「研究」から養える地頭力というものは、今風な言葉に置き換えると、「論理的思考(ロジカルシンキング)」と言われていますが、それが「研究」で養うことが出来るのです。それも120%の確率でです。理由は、「研究」は「論理的思考(ロジカルシンキング)」が無ければ出来ないからです。ベタなことは言いませんが、「仮説の構築」という実体しない現象のなかで、生きているのが「研究者」であり、それをPDCAし、「結果」を出し、世界に発信し続け、「成果」を勝ち取るのも「研究者」の使命なのです。

 

その真似事が、獣医学生にも出来るのです。本当でしたら、この魅力を大学の先生方が教えていかなければいけないのだと、僕は心から思っているのですがね。話を戻すと、その獣医学生には、まずは「学業」、そして「研究」をやりなさいと伝えました。さらに、僕が出会って、実際に投資をした学生さんは、ものすごく少ないです。今流行なのかもしれませんが、確率的には万分の一くらいでしょう(1万人に会ったことはないですが)。その天文学的数字を引いてくる学生は、既に学生ではなく、学生起業をしたからといっても、立派な起業家であり経営者である場合がほとんどです(僕は学生起業という価値には全くといって興味が無い人間なので)。

 

なので、手っ取り早く「地頭力」を身につけ、それを「ビジネス」で活かしたいのなら、順当に「学業」と「研究」を死に物狂いでやりなさいって。そうすることで、また違った景色が味わえることでしょう。そして、あえて付け加えて言うならば、「そのときの不満や不安はおそらくホンモノ」だと思いますよ。

 

 

【ひとりごと】明日は名刺を100枚もらいます

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。