Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘被災地’

とうとう明日13日開催!!助けあいジャパン チャリティセミナー 2012「BEソーシャル!」

 

前回書いたブログ「野田という男」でもご紹介しましたが、公益社団法人 助けあいジャパンの代表理事を務める野田祐機がチャリティーセミナーを開催致します。そのセミナー内容というのがとにかく豪華です。特別対談として、「復興の今」から見える、新しい社会の姿とインターネットの可能性、という題で助けあいジャパンの会長であるさとなおさんこと佐藤尚之氏株式会社Looops Communications CEO 斉藤徹氏の対談も行われます。

 

タイトルの「Bソーシャル!」は、自ら社会参加をすることと捉えていますが、受身よりも能動的に社会に貢献する世界を作れる・作っていける流れがこれからは重要になると思っています。また日本は経験しました、あの東日本大震災を。今僕らが不自由なく生活できているこの国、日本でいったい何が起こっているのでしょうか?被災にあった地域では、いまだに30万人の被災者たちがいるということ。そして、そこは今、日本で一番の問題と課題を抱え、生活者の人生や生命が懸かっています。先進国では唯一の大震災被災国である日本、これからの日本で起ころうとしている出来事は、世界が初めて目にする出来事であり、すべては社会的イノベーションのキッカケと成り得ることでしょう。その中心にいる方々が、明日集まり、そして語り明かします。お時間お有りの方は、是非ご参加ください。宜しくお願い申し上げます!!!

 

お申し込みはこちらから

 

イベント関連ブログおよびFacebookのご紹介

公益社団法人 助けあいジャパン 代表理事 野田祐機氏

公益社団法人 助けあいジャパン 会長 佐藤尚之氏

助けあいジャパンチャリティイベント2012ボランティアサポーター 野村謙次氏

プロブロガー イケダハヤト氏

公益社団法人 助けあいジャパンFacebookページ

 

【ひとりごと】行こう!最前線へ

Read Full Post »

8月29日〜31日まで、

 

宮城県気仙沼市〜岩手県陸前高田市〜同県大船渡市〜同県釜石市〜同県大槌町〜同県山田町〜同県宮古市〜同県野田村〜同県久慈市〜青森県八戸市〜青森県十和田市

 

を、まわってきました。

 

 

東日本大震災発生後、1年半が経とうとしている今、被災地を見てまわったことに何を想うか。少しずつになるかと思われますが、咀嚼しながらカタチにしていきたいと思っています。カタチにです、カタチに。また、今回の視察については、ここで書く機会は少ないと思います。出来れば口頭でお話出来ればと思っています。僕を見かけたら、話し掛けてやってくださいね。

 

【ひとりごと】下半期スタート

Read Full Post »

クリエイティブの可能性・・・多くの大学生と社会人が被災地でその神経を尖らせ、次の時代を担うために自分との対話を繰り返し、そして日本のみんなで繋いでいく東北支援プロジェクトが、明日(2日)から始まります。そのプロジェクトのリーダーをしている野村さんは、ここ数週間、遮二無二なって寄付金を募っていらっしゃっていました。理由は、若い世代、つまり大学生の旅費をタダにし、このプロジェクトを持続的に継続するために躍動されていました。さらには、このプロジェクトのリーダーを若い大学生にも担えれるようにと次を見据えた行動の数々・・・本当に頭が下がります。

 

今回集まった寄付金により、今回のプロジェクトでは大学生はタダで東北にいきます。多くの方々が協力をされていました。僕も正直に言うと、多額の寄付金を法人名義と個人名義で寄付致しました。それによって達成できたということで、僕も嬉しく思います。「タダで行ける」のか「タダで行かせてもらう」のか「タダで行くことができる」のか、それは個人個人想いは違うことではありますが、個人的にはその想いは何でも良いと思っています。ただし、寄付した人間としては、若い世代にこの想いだけを共有してもらいたいと思っています。

 

昔書いたブログで「日本復興の先兵となれ」というものがあります。これは今年の3月10日に書いた記事で、オリジナルの記事は立教新座高校3年生諸君へ宛てられた立教新座中学・高等学校の校長である渡辺憲司さんの言葉でもあります。それを引用させて頂いて、東日本大震災から1年経過したときに想いをブログに載せました。ブログを参照して頂ければ全文載っていますが、今日このブログで載せたい言葉があります。以下に並べておきました。

 

学ぶことは一生のことである。いかなる状況にあっても、学ぶことに終わりはない。一生涯辞書を引き続けろ。新たなる知識を常に学べ。知ることに終わりはなく、知識に不動なるものはない。

時に、孤独を直視せよ。海原の前に一人立て。自分の夢が何であるか。海に向かって問え。青春とは、孤独を直視することなのだ。直視の自由を得ることなのだ。大学に行くということの豊潤さを、自由の時に変えるのだ。自己が管理する時間を、ダイナミックに手中におさめよ。流れに任せて、時間の空費にうつつを抜かすな。

真っ正直に生きよ。くそまじめな男になれ。一途な男になれ。貧しさを恐れるな。男たちよ。船出の時が来たのだ。思い出に沈殿するな。未来に向かえ。別れのカウントダウンが始まった。忘れようとしても忘れえぬであろう大震災の時のこの卒業の時を忘れるな。

自然とは何か。自然との共存とは何か。文明の進歩とは何か。

地球人とはなにか。地球上に共に生きるということは何か。そのことを考える。

日本復興の先兵となれ

 

僕はまだ被災地には行っていません。理由は、僕は大切な人を震災で失いました。ブログ「知は力なり」でも書きましたが、僕は深くて長い喪に服しています。それはこれからも決して終わることのないものだと思っています。しかしながら、多くの方が僕が被災地行くべきだと言います。行く行かない云々を垂れるのは、もうヤメました。僕は、8月末に友人が亡くなった岩手県大船渡市に行くことにしました。決まりです。

 

その前に被災地に行かれるクリエイティブの方々に僕はいくつかの想いを勝手に託しています。それは今はまだ言えません。いつか言います。そして、クリエイティブには、若い獣医学生を3名にも行ってもらいます。後輩たちをよろしくお願いします。間違いなく、日本復興の先兵になれると思います。そして僕は、先述しましたが、皆さんの後を追うように僕も向かいます。僕は僕の目線と対話をしてきます。

 

【ひとりごと】オリンピックで日の丸をもっとみたい

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。