Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘自信’

「決意と自信があるか?」という言葉を頂戴したのは、今から3年前。その当時、大学院生とサラリーマンの二足のわらじを辞め(今だから言えるコトwww)、大学院生の一本で行こうとしていたとき、ひょんな事から「起業の話」が出てきて、結局、「とある協力者」と数人の仲間と共に起業に向けて走り出していました。そんな頃に、その言葉と出会いました。その「とある協力者」から頂戴した言葉は、その時、僕の決断力を急速に進化させてくれました。

 

当時、右も左も分からない状態で走りだした僕の決断力は、今思うと非常に優柔不断そのものであり、周りの仲間に迷惑ばかりを掛けていました。勿論、その「とある協力者」にも迷惑を掛けていました。そんな僕を見兼ねてか、その「とある協力者」は積極的に声を掛けてくれていたわけではありません。「とある協力者」は、決して優しくはなく、顔は笑っているけれど無口で、目が据わっていて、当時一緒に手を動かしていた仲間のなかで一番不気味だと思っていた人です。その人は、誰もが一度や二度、いやそれ以上耳にしたことがあるはずの有名企業にも務められていて、意識しないようにしていたものの、意識しないわけにもいけないようなオーラが漂っていて、「なんでこんな凄そうな人が集まってくれたんだろう」って不思議でしょうがなかったことを今でも覚えています。各方面の第一線で活躍する仲間たちと創り出した新しいビジネスモデルを、そろそろローンチしようかと思ったとき、その「とある協力者」が一言、僕に声を掛けてくれました。

 

「おい松波。お前には、決意と自信があるのか?」

 

「それさえあれば、どんなことでも出来るぞ。がんばろうな。」

 

その言葉は今でも常に意識しています。「決意」を抱けれるまで、徹底的に仕事の内容を磨き、徹底的に努力し自分を追い込み、徹底的に相手を知るために情報収集をします。「決意」が身体を覆ってくれるようになるまで、徹底的に頭も手も動かす。でも決して背伸びはしない。つまり自分の力の範囲で仕事を選び、実践する。それが「自信」となる。そうすると何故か「勇気」が湧く。これは経験則からの持論ですが、「決意と自信」を足して割ると「勇気」になってくれるように感じています。

 

「決意と自信があるのか?それさえあれば、どんなことでも出来るぞ。」

 

先日、その「とある協力者」の方と少しだけ電話でお話ししました。とある報告をするためにです。その報告をしたとき、その「とある協力者」の方は同じことを聞いてくれたので、僕はしっかり答えることが出来ました。ちなみに、その報告というのは、上記でも紹介した会社を廃業します、という報告でした。

 

はい、廃業しました。3年間ありがとうございました。社長として、ちゃんと申請も出しました。顧客にも取引先にも挨拶しに行きました。従業員全員の再就職先も決まりました。これで、関東に僕の会社はゼロになりました。多方面でお世話になった皆様に、深く感謝申し上げます。僕は、名古屋にいます。名古屋でも新しく会社作りましたので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

松波登記臣

 

【ひとりごと】レスリング男子金メダルおめでとうございます

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。