Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘第三者機関’

少し前に、「専門医の在り方に関する検討会」について記事を書きました。

 

近年、専門医の在り方、について問われている。
理由は、上記blog記事を、読んで頂きたいと思う。

 

専門医の在り方に関する検討会というのは、厚労省が立ち上げた委員会の一つ。ここでは、(1)求められる専門医像、(2)医師の質の一層の向上、(3)地域医療の安定的確保、(4)その他、が検討されている。

 

その検討会の続報が、今回の記事である。

 

厚生労働省は11月4日、第2回となる「専門医の在り方に関する検討会」を開催。その席上、日本専門医制評価・認定機構理事長の池田康夫氏は、現在同機構で議論を進めている制度改革について報告した。

 

池田氏はまず、現在の専門医制度について、(1)専門医制度が乱立し、制度の統一性や専門医の質の担保に疑念が生じることになった(2)基本領域を担う専門医と、特殊領域の高度な技術・技能に特化した専門医とで「専門医」の意味が異なる、(3)専門医育成のプログラムが確立しておらず、臨床力本位の認定 になっていない-ことなどを問題点として指摘した。

 

解決策として、医師による自立的制度として運営することを前提に、(1)個別学会ではなく、消化器、呼吸器といった診療領域単位の専門医制度とする、(2)基本領域とサブスペシャリティーの2段階制にする、(3)専門医の認定は学会から独立した中立的第三者機関が行う、(4)研修プログラムと研修施設の評価・認定システムを構築する-の5点を基本設計とした専門医制度の創設を提言したほか、現在の基本18領域の専門医に加えて、名前は仮称ながら総合診療やかかりつけ医のための「総合診療医」を基本領域に新設する考えを示した。

 

新たに設立する中立的第三者機関は、日本医学会日本医師会、病院団体、全国医学部長病院長会議、学識経験者などから構成され、専門医の認定と、研修プログラムや研修施設の評価・認定に携わる。既に300人近い調査員を試行的に医療機関に派遣し、評価を行っているという。

 

個別学会での専門医および認定医制度の認定は、非常に不透明であり、学術の横断的コミュニケーションを阻害する。第三者機関という新たなステークホルダーによる客観的な評価と専門医制度の認定は、学術の向上は勿論だが、関係してくる医療従事者にも幅を持たせることになるだろう。

 

松波動物病院メディカルセンター
獣医学博士 松波登記臣

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。