Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘獣医学生’

客観的に自分が置かれている立場や組織の評価というものを拝見したり拝聴したりするとき、何を思うのかは人それぞれであると思うが、私はいつも緊張している。良いように言えば真摯に、悪いように言えば適当にも。。。

 

 

先日当院に手紙が届いた。夏休みに動物病院実習に来ていた大学生からの御礼の手紙。そこに書かれていた内容は、ここ最近私が目にした耳にしたもののなかで、一番綺麗に書かれている手紙の内容だった。何をもって綺麗なのかと言うと、先述したように客観的な評価として私自身が為になったかどうかの度合いであり、この綺麗という評価は私自身の主観的なものであることは言うまでもない。。。以下に全文を(そのまま引用)。

 

 

 実習させて頂いた松波動物病院メディカルセンターは昭和49年に開院され、今年で41年目を迎える。地域に根差した医療を行い信頼と実績のある動物病院である。獣医師12名でそれぞれの専門を生かしながら看護師や受付などの全スタッフと協力して診察を行っている。
 院内はスタッフの人数も多く、検査機器などの医療設備も整っており高度な医療サービスを提供している二次診療のような特徴もあり、話しやすく親しみやすい地域に密着している小規模な動物病院のような特徴もあった。これだけの設備が揃っている動物病院は淡々と診察をこなしていくイメージがあったが、実習が始まり診察を見学させて頂くと飼い主とのコミュニケーションをとても大切にしていることがわかった。飼い主にどういう経緯で来院したのか、通院の場合は現状はどうなのかを自由に話をしてもらい、ところどころ質問し、飼い主が獣医師に伝えたいことを引出し、飼い主にわかりやすく、心のこもった説明をしていた。費用のことも考え、治療法もいくつか提案し飼い主と協力して治療を進めていくような感じであった。また診察だけでなくキンダーガーテンしつけ教室もあり、ペットと共に生活をしていくお手伝いをしている。
 真っ直ぐに向き合い心のこもった最高の医療を提供できるのは常に相手の立場にたち人それぞれの思いを自分に置き換え考えることができるからこそと思う。どんな最高の治療でも飼い主さんの負担が大きく家庭生活を苦しめてしまうものであればそれは最高の治療とはいえないということである。今回の実習で何よりも一番大切なことは“コミュニケーション”であるということを今更ながらに実感した。  

 

 

全文以上です。

 

 

当院で動物病院実習を経験した大学生の客観的評価ではあったが、私個人的には非常に良い経験をさせてもらった。外部からの客観的評価のなかでも大学生からの評価というものは、普遍的には特殊かつ稀な評価ではあると思うが、抽象的な言い方にはなるが【中立的な評価】に近いものがあると感じた。当院で従事している人間以外を対象にした時、外部からの評価は飼い主さま、取引先、周辺地域、その他(今回で言うところの大学生や専門学生)くらいである。そのなかでの大学生からの評価は機会も少ないし非常に稀であると思った。

 

 

また、この手紙には続きがある。謝辞である。そこはプライバシーポリシーに則り、控えさせていただくが、実習生自身の今後の学生生活における課題も書かれていた。それは、前述にも書かせて頂いたが、自身の“コミュニケーション能力”だった。学生同士のコミュニケーションと、社会人同士または買い手と売り手のコミュニケーションは比べられないくらい後者の方が険しく難しいものがあるということを、この実習中に認識した結果の吐露であると、この謝辞の文章中から私は感じ取った。その実習生が残りの学生生活のなかで、自分の課題である“コミュニケーション能力”をいかに、そしてどのように向上させるかは本人次第ではあるが、当院の動物病院実習を経て、大事なことを感じ取り、それを克服しようと気づけたことは非常に喜ばしいことであると思う。

 

 

今回の一件は、我々にとっても、そして実習生にとっても互いに良い経験をさせてもらったと思う。毎回の実習生はそうではありませんが。参考までに。。。

 

 

 

 

【ひとりごと】今期もよくがんばりました自分

広告

Read Full Post »

先日、公益社団法人日本獣医師会から表題にもあります「獣医師の就業環境等に関するアンケート」のweb版お知らせが届きました。数年に1回くらいのペースで就業環境に関連するアンケートは実施されていますが、今回のアンケートは「女性獣医師における◯◯」に特化している内容になっていました。「女性獣医師」がメインテーマといってもいいくらいだと思います。以下一部抜粋です。

 

 

近年、新規獣医師の約半数を女性が占め、各分野でのその役割が期待されています。それぞれの職場では、女性獣医師がより活躍できるように働きやすい就業環境を確保することが一層大切になっています。現在、日本獣医師会では、女性獣医師の就業支援とキャリアアップの推進システムの構築を図るために専門委員会を設置し、検討を進めています。(「獣医師の就業環境等に関するアンケート」のweb版から一部抜粋 https://www.net-research.jp/airs/exec/rsAction.do?rid=609436&k=f50683d768

 

 

まずはアンケートに答えてみました。出来ることなら、日本獣医師会に入会している人もしていない人も、まずは答えてみるべきだと思います。いろいろ言いたいことは山ほどあるとは思いますが、今現状の自分の就業環境のあり方を見直すキッカケになるかもしれませんし、今後病院経営をしていくうえで、参考になることもあるかもしれません。このアンケートに対する意見は、答える人が違えば十人十色だと思います。神経質な方はやめておいたほうがいいかもしれません。

 

 

僕が運営している松波動物病院メディカルセンター(株式会社 松波動物病院)は、先述した日本獣医師会の抜粋した文章からそのまま使わせてもらいますと、「女性獣医師がより活躍できるように働きやすい就業環境を確保」、できています。理由は、獣医師だからとか関係なく、法人格を有する会社ですので一般企業と同等な法制度に基づいた給与、公休、有給、残業、社会保険、雇用保険、厚生年金、健康保険(労災含む)が備わっているからです。また、夏休み、冬休み、特別休暇、育児休業(介護休業含む)、産前産後休業(産休)も備わっています。これは、法人格を有する会社は当たり前の法制度です。ちなみに、これら各休業制度、使っている獣医師も多くいます。実際に、ロールモデルとなって頂いているので、会社としては大変嬉しいことです。

 

 

では何のためにこういう法制度のインフラ整備を行ってきたか?と言うと、繰り返しになりますが、「女性獣医師がより活躍できるように働きやすい就業環境を確保」、するためにです。では、一部抜粋しました文章にもありましたが、公益社団法人である獣医師会が、この素晴らしい目的を実現するために、推進するために、わざわざ専門委員会を設置する必要があるのでしょうか?検討していく必要があるのでしょうか?

 

 

必要だから設置し検討していくのですよね。獣医業界、少し動物病院業界に特化した話ですが、当院のように様々な法制度を有している動物病院は、全国でもごく僅かであるということが現実問題です。数字にするとだいたい2割もいっていないと思います(誤差はご了承ください)。また、当院では、法的拘束力もありませんが、就業規則も存在しますし、新入社員が就業する際に会社と結ぶ労働条件通知書も存在します(こちらは法的拘束力はあります)。また時間外労働(残業)をする際に、就業者の代表者と結んだ協定(三六協定)も存在します。さらにそれらを地域の労働監督局にも提出済です。ここまで実施している動物病院は、恐らく1%もいないと思います(監督官が仰っていました)。

 

 

上記で示した各数字の2割。そして当院を例に出しました1%未満という数字を見ると、一般社会的にはかなりブラックな業界と言わざる得ない現状が存在するのです。ここまで僕が書いた内容は、僕自身の私見ではなく、ありのままのこの動物病院業界の就業環境を指しています。このような現実問題があることは、我々の御上である日本獣医師会も周知であることは明確です。だから専門委員会を設置し検討し、アンケートを実施したのだと思います。

 

 

このような話をする際、「では解決策は?」と聞かれたり、自問自答したりしますが、今の自分の立場から素直に言えるのは、「答えはありません」です。とても簡単な解決策はあります。それこそ「法制度改革」。それができたら、諸先輩および先人たちは行っていたと思います。ロビー活動に人生を捧げていたと思います。政治家に転身して、法案を通していたのだと思います。ですが、僕が知る限り、これら活動を行ってきた痕跡は一切ありませんし、知りません。

 

 

当院が一般企業と同等な就業環境における法制度のインフラ整備を行ってきた理由は、先ほども述べましたが、「女性獣医師がより活躍できるように働きやすい就業環境を確保」、するためにです。「女性」「女性」と言い過ぎるといけませんので、もちろん男女平等にです。また動物病院には、獣医師だけがいるわけではありません。だからと言って、獣医師以外の職種の方には違う就業環境など器用なことは出来ないので(勿論違法)、当院(弊社)で働く職員全員は公平に当院の就業環境における法制度の対象者なのです。ですので、「女性獣医師」に特化しているわけでもなんでもなく、「女性動物看護師」にも「女性ドッグトレーナー」にも「女性トリマー」にも「女性受付職員」にも、より活躍できるように、働きやすいように就業環境を整えさせてもらっています。

 

 

当院がここまで歩んできた就業環境のインフラ整備は、決して生やさしいものではありませんでした。本当に本当に大変で細かい作業との闘い続きでした。専門家である社労士の先生にも大変お世話になりましたし、一緒に頭から煙を出しながら考えてくれた仲間にも恵まれました。何度も何度も労働監督局にも足を運んで、多くのことを生の現場で教えてもらいました。素人だった僕が、一から勉強をし、必要だったら資格もとりました(ワークライフバランスコンサルタント)。今では多くの知識が力になってくれています。でも獣医師として、生きていくだけでしたらそのような作業も資格もいりません。しかしながら、僕は経営者です。総勢40名以上が働く動物病院の経営者として、職員全員が楽しく働きやすい職場環境を作りたい!そして活躍してもらいたい!チームワークを発揮して欲しい!そして多くの飼い主さまと寄り添い合って欲しい!と願って必要なことだと思い、実施させて頂いています。もちろん会社は固定費(人件費)の支出も増えました。。。でも、それぞれの職員の生活も背負っている身として、当たり前に頑張っていく!それだけなのです。

 

 

少しだけ真面目な話。先日、診察で飼い主さん(会社経営者・男性)と人件費について話をしていました笑。すごく勉強熱心な方で、僕ら動物病院業界のことをお調べになられたそうです。非常に定性的なご意見を頂戴しましたが、非常に客観的な意見でもあったので、大変勉強になりました。具体的に内容に触れると、以下3点。・法人格を有する動物病院は対外的に信頼感がある。・お給料もお休みもしっかり取れている獣医師に自分の愛犬を診て欲しい、手術して欲しい。・優秀な人材が多く集まる。とても嬉しいご意見でした。もちろんその方の私見も含まれていると思いますが、僕が職場環境のインフラ整備を行っていく際の大義名分として、挙げていただいたご意見も含まれています。今後、このような会社情報を見てから、病院選びをする飼い主さんも頻発してくるかもしれませんね。

 

 

長くなりましたが、最後に、このアンケートについて、僕にも多くの意見があります。でもここで述べだしたらキリがありません。でもほんの少しだけ触れさせてもらいますと、若い世代、つまり獣医学生の皆様や獣医師になってまだ数年しか立っていない先生方に、動物病院で働くことに失望してもらいたくないためにも、地域地域で中核を担う動物病院、またそれに近い存在になっていきたい動物病院には、会社のお金、つまり固定費(人件費)は法令遵守に従って、使っていってもらいたいとボジティブに思います。そして、楽しく働きやすい職場環境のインフラ整備を行い、専門家である獣医師や看護師の先生方に活躍してもらって、多くの動物たちの命を救っていってもらいたいと思っています。

 

 

これが最後です。アンケートを実施するのでしたら、外注するべきだと思います。いつもアンケート後、リコメンドは頂戴していますが、それはオピニオンデータにしか過ぎず、かなり主観的なデータとして僕は扱っていますし、アンケートを一度勉強した人なら、それは常識中の常識です。アンケートをするなら、シンクタンクやリサーチ系企業にしっかり対価を支払い外注すべきだと、一獣医師会会員として率直に思いました。

 

 

スクリーンショット 2014-01-18 3.00.34

 

 

【ひとりごと】ご意見ご感想は直接聞いてください。生の声です。

Read Full Post »

昨日は動物病院実習に来てくれていた北里大学獣医学生の最後の実習日でした。合計で5日間も実習してくれていましたし、4日目、5日目は「自ら考えて」動いてくれていたので、すごく助かりました。ありがとうございます。5日間連続の実習で、朝早くからだったので大変だっと思いますが、しっかり実習を受けてくれていたので、こちらも楽しかったです。

 

「自ら考えて」・・・これはその獣医学生のポテンシャルもそうですが、松波動物病院メディカルセンターが提供できる実習スタイルとも言って良いと思います。それは実習システムが充実している云々言いませんが、実習生へのフォローを特に若い獣医師にしてもらっています。当院の場合、若手の獣医師が一番忙しいです。それはどこでもそうかもしれませんが、特に当院はそうだと思います。その理由はいつか言いますね笑。当院は、獣医師の数が合計で二桁所属する動物病院ですので、言い方悪いかもしれませんが「探せばいくらでも仕事がある」動物病院でもあります。そんななかで、若手の獣医師に、特に新卒の獣医師に実習生を担当させるシステムは、双方にとってもメリットがあると思って、このようなシステムを敷かせていただいています。双方へのメリットについては後述します。

 

連続で3日以上実習してくれる獣医学生のほとんどは、当院の「下仕事」を徹底的に学んで実習を終えていかれます。重要なのは、最初の1日目および2日目で新人獣医師が徹底的に実習生をフォローします。具体的な業務は、備品のストック補充、各診察室や入院室のお掃除、(保定)くらいではありますが、さらに重要なのは、繰り返しになりますが「自ら考えて」仕事が出来るようなモチベーションを引き上げてあげれる仕組み作りです。それは、ベタでもほかありませんが、「見せて」「やらせて」「意見を言わせて」であり、また「真摯なコミュニケーション」が重要になってきます。幸いのことに、当院の新人獣医師は非常に明るく、コミュニケーション能力も高いので助かっています。

 

「教育」を語るつもりもありませんし、「指導」を語るつもりもありませんが、これだけ言えるのは「人を教育した・指導した経験」があるかないかも重要ですが、「人の価値を高めた・高めたいという経験」があるかないかが、さらに重要であると思っています。これが出来る人は、あなた自身もそうしてもらった経験があり、それはあなた自身の財産となって、今は誰かの為に活かしていると思います。当院の院長の松波自身、「獣医師として」はあまり重要視していません。「人として」の方が重要であると言います。

 

今回の獣医学生の実習を通じて、当院の新人獣医師とその実習生とのコミュニケーションを見守っていて思い感じたのは、「互いの価値を高めている」なと感じました。獣医学生は「動物病院実習」を通じて、当院の新人獣医師は「実習生へのフォロー」を通じて、教わり教えの関係で双方にメリットを生んだんだと思います。これは、何より互いの「経験」となり、今後の「学生生活」および「業務」に活かせていける経験だとも思いました。

 

【ひとりごと】どの時代もいっしょ。「やってもらったことはやってあげなきゃ」です

Read Full Post »

School of Visionの次なる企画「キミへ贈る本棚」がローンチされた。コンセプトは、『「獣医学生に未来を考えるキッカケを」我々の想いを700字に込めてキミへ贈ります。』といもの。非常に興味深い。もう少し見てみると、「今まさに獣医の未来へ踏み出そうとしている3人この3人の”人生を変えた本、人生を創った本”を毎週金曜日、ご紹介します。」といもの。その3人が誰なのかは気になるところですが、これから随時更新されていくそうです。毎週金曜日に新しい本棚が出来るそうなので、気になる方はチェックですね。

 

今回の「キミ本」(←勝手に略しました笑)のコンテンツ、非常に面白くなる企画です。理由は、対象者が、獣医学生だけではない、というところ。コンセプトには「獣医学生」とありますが、材料が「本」と「これからの人」で、方法が「書評」という時点で、限定の縛りは無くなっています。だと言っても、「獣医学生」が「書評」するということは、これまでに個人ブログではあっただろうけれど、ポータルサイトでは無かったわけですので、「獣医学生」という色眼鏡を掛けた際の書評は個人的には気になるところ。それが「狙い」でもある企画であることは間違いないだろうと思うけど笑

 

非常にワクワクさせてくれるようなコンテンツを今後も楽しみにしています。

 

【ひとりごと】School of Visionで忘年会しようや

Read Full Post »

今日は近所の小学生が夏休みの自由研究と称して、当院に職場体験学習をしに来ていました。その小学生に付いて、院内を案内してくれていたスタッフから聞いたのは、とにかく「松波動物病院に就職したい!」というフレーズを口にしていたそうです笑。さらに、先日東山動植物園に飼育体験に行ったとき、動植物園の飼育さんにも、「将来私は松波動物病院に就職します!」と言ってきたとのこと笑。いい就職活動ですね、その子がいつか当院に入社してくれることを祈っております。

 

夏休み。なんか懐かしい響きですね。知り合いの獣医学生からも「夏休みに入りました!」という連絡が入ったばかり。そればかりか「仕事ください!」と言ってくる始末笑。もちろん仕事を振りました。理由は単純です、その彼は、「夏休み」を利用し、自分自身に変化を出そうと動いている、ということが感じられたので協力しているだけです。最近減ってきましたね、そういう学生は。僕が学生だった頃、そういう学生は大勢いたような気もします。「社会人と仕事をする・できるチャンス」を狙って、いろいろ連絡していたものです。もちろん遊んでもいましたけど、今いろいろ思い出すと、当時は圧倒された気がします。それは「社会人のスピード感」にです。なので、それを痛感した僕の夏休みのテーマは、「スピード感を磨く」でした。今思うとコソコソと鍛錬していたわけですね笑

 

特別「スピード感」に重きを置かなくてもいいと思います。ですが、この休みを利用して・活かして、何か身につける・養うということは、それを活かしていない人よりも数段に差が出ますから、ストイックに何かにチャレンジする癖は付けていったほうが良いかと思います。先述しましたが、「変化を求める」のも「変化を求められる」のも自分のみ、ということです。少し前に書いた記事(巷でいう「意識の高い学生」ってのは、僕がいう「意識の高い学生」とはぜんぜん違う)でも取り上げましたが、自分の価値を高められるのは自分だけ、なんです。少しお節介でしたかね。

 

先日とある若者と話しました。その彼は自分の同級生たちに不満を持っていました。具体的には、「社会性が無い」とか「仕事が遅い」とか「礼儀を知らない」とかでした。それに対し、僕が言ったのは、「そうかいそうかい、じゃあ君はそれを言い続けることだね」と言いました。理由は、単純です。その彼が今からずっと言い続け、そして社会に出ても言い続ければ、如何に自分が身を置く環境が、学生の時と何ら変わっていないということに気づくからです。つまり、学生時代に上記のようなことが出来ない人は、社会に出ても、それをちゃんと教えてくれる人がいなければ社会人になっても、学生同様、何も知らずに生きていくわけです。特に専門性の強い業界はね。さぁ頑張りなさい若者よ。

 

【ひとりごと】意識の高い学生は欲張りすぎてヘタをこく

Read Full Post »

 

獣医学生業界に新しい学生団体が誕生しました。

 

School of Vision(SOV)

 

獣医学生のこれからをびっくりするくらい変える。

 

——————————————————–—————————

獣医業界は、過渡期を迎えています。

獣医師の活躍する場は広がり、

獣医学生はその未来(Vision)を担う責任があります。

School of Visionは獣医学生のこれからを

びっくりするくらい変える学校です。

私たちの授業を受けた学生が、

自らの力で獣医の未来を考え、

あらたに創ることができるよう、

情報と体験を提供します。

獣医師には社会と動物を結びつけ、幸せにする力がある。

獣医学生には獣医の未来を考え、あらたに創る力がある。

School of Visionは信じています。

——————————————————–—————————

 

僕も相談役として参加しています。
このようなコンセプトを搭載している団体はそう存在しません。
SOVは社会と動物を結び付けれる人材を獣医師と言います。
社会を語り、そして未来を語り、足元も語ります。
僕ら現役獣医師に見えないこと足りないことを語ります。

 

また鹿児島という立地は彼らをたくましくさせ、
クリエイティブな人材を創出させました。
歴史は繰り返され、日本は南から動くと言われています。

 

さぁ応援してあげよう。最高のパフォーマンスを願って。

 

【ひとりごと】ホトトギスを語るのは名古屋から

Read Full Post »

こんばんは。今日は母校である日本大学から獣医学生さんが僕に会いに来てくれていました。感謝。彼との出会いは、以前日本大学で講演させてもらったときまで遡りますが、いろいろなことに興味を持ち、そして行動をしているアグレッシブな子だなぁというのが印象的でした、何度かメールでやり取りさせてもらってて、なかなか僕の上京しているときに会いたかったけどタイミングが合わずで、痺れを切らして、とうとう名古屋で会うことになってという感じです笑

 

彼は、獣医学以外にもいろいろなことに興味を持ってはいますが、自分が今研究室で手を動かしている?動かそうとしている?研究テーマを、スラスラっと答えることが出来てたし、荒削りではありましたが情報収集もしようとするモチベーションも備えていそうだったし、何より彼が所属する研究室のメリットを最大限活かそうとするポテンシャルが素晴らしかったです。要は、「地の利を活かす」ってやつですね。ちゃんと今の自分の立ち位置が明確にしていないと、なかなか出来る業ではないので、感心しちゃいました。

 

彼が名古屋に来た理由ってのは、今は大きな声ではいえませんが、「一緒になにかをやろうぜ?」の僕の一言に乗っかってくれる気がしたからです笑 なにかをやるってことは、何かをカタチにして、それを表現し、そして発信するってことを指します。今日ここで彼と話したことに、僕も彼も魅力を感じなかったら、この話はナシってことになっていたはずでしたが、答えはNO。二人が揃えば、何かしらカタチにはできるって感じてたし、結果一緒にやることになったので、正式に彼にお仕事を依頼しました。わくわく。仕事の内容に関しては、後日ローンチできたらいいなと思います。業界初だと思いますし、動物病院の新しい試みだと思いますので、早めにオープンにしていきたいですね。

 

【ひとりごと】わっくわっくさせてよ

Read Full Post »

Older Posts »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。