Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘漢書’

嗟呼燕雀安知鴻鵠之志哉(ああ、燕や雀のごとき小鳥にどうして鴻(ヒシクイ)や鵠(白鳥)といった大きな鳥の志がわかろうか)

 

今日時間があったので、久しぶりに漢書を眺めていました。漢書というのは、中国歴史書である二十四史の一つである歴史書で、二十四史のなかには史記とか三国志とかあります。今日読んでいた漢書は、三国志よりも古い時代の歴史書でだいたい紀元前200年くらいのお話。史記に比べて物語の記述としては面白みに欠けるが、詔や上奏文をそのまま引用しているため、正確さでは史記に勝るとも言われています。その漢書で最も有名な王と言えば高祖劉邦であり、司馬遼太郎の「項羽と劉邦」でも有名な前漢の初代皇帝でもあります。その劉邦については、司馬遼太郎の「項羽と劉邦」でも小説になっているので人物像や名言は数多く知れ渡っていると思うので、特に今回は触れません。今日、漢書を読んでいて、最も強く共感をした人物は、陳勝です。

 

劉邦が秦国に対して反秦連合で挙兵し、始皇帝の次の皇帝である秦王子嬰を降服させて秦帝国は滅びました。では今回取り上げた陳勝は何をしたのか・・・劉邦が秦帝国を滅ぼしたきっかけを作ったのが、実は陳勝なのです。陳勝の生い立ち等は割愛しますが、陳勝は元々農民で、当時の秦国で農民兵として辺境守備のために各地で徴発される日々を送っていたと言われています。その当時陳勝と一緒に農民兵の引率を任されていた呉広と秦国が命じた場所に向かっていたところ、大雨に遭い、期日までに農民兵を引率できなくなってしまいました。秦国の法では、いかなる理由があろうとも期日までに到着しなければ斬首というのが決まっており、それに対し不服と思った陳勝と呉広が結託し、謀反を起こす。その謀反の起こし方がまた絶妙なのだが、それは今度紹介したいと思います。その謀反をきっかけに、中華全土で秦国に対し不満を抱いていた実力者達を誘起させ、最終的に劉邦が秦王子嬰を降服させるということとなるのです。つまり、陳勝と呉広が史上初となる農民反乱を起こしたことが、その後の中国歴史を創ったと言ってもいいのではないでしょうか。さらに、高祖劉邦はその陳勝を称え「隠王」の称号を敬譲したと言われています。

 

その陳勝が農民から初めて「王」という称号を敬譲された人物というのは有名な話ではありますが、その陳勝が農民をしていた頃、農夫同士で話をしていた時の言葉が、冒頭に紹介した嗟呼燕雀安知鴻鵠之志哉(ああ、燕や雀のごとき小鳥にどうして鴻(ヒシクイ)や鵠(白鳥)といった大きな鳥の志がわかろうか)なのです。その意味というのは、「自分の大いなる志を同僚である農夫が全く理解をしてくれずため息が出てしまいそうだよ」といったところでしょうか。ここでの燕や雀は小人物、鴻や鵠は大人物の喩えとしていて、もっと言えば、小人物とは、ここでは同僚である農夫、大人物とは陳勝のことを指します。陳勝は富貴の身分になることに相当な憧れがあり、いつもそれを口にしていたと言われていましたが、いま風に言うと自意識過剰といったところでしょう。でも僕はそれに何故か共感以上のものを感じてしまいました。僕は、自分の志に耳を傾けてくれる人が仲間であり、賛成や反対の意見を言ってくれる人全て、仲間であると思っています。無関心な方には、僕も同様に関心は一切ありません。勇気を出してアクションを起こしてみてください。僕が気づきますから、勇気を出して。

 

夢は大いに語るべきことだと思います。夢を語り続け、それを実現し続ける、そして維持し続ける、これこそが生きて仕事をしていくなかで、途轍もなく意識し続けなければいけないのではないでしょうか。All for One, One for Allの精神で。

 

【ひとりごと】ちょこちょこ仕事の内容にも触れていこうかな

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。