Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘歯科医師’

今月の始め、「カンブリア宮殿」で、医療法人 徳真会グループ理事長 松村 博史(まつむら・ひろし)氏が出演されていました。

 

2012年2月9日放送~本当に患者が喜ぶ歯科医院とは~国内最大級の歯科医療グループを追う!

 

以前、松村氏の著書「日本でいちばん大きな歯医者の秘密」を読んだときと同じ感覚になってしまい、つまり生意気ながら同人類と再び出逢えた喜びに浸ってしまいました。松村氏は歯科医師業界の異端児?改革児?と評されていますが、松村氏が話内容一つ一つは患者さんが求めているモノそのもの。経営力は医療力に比例するが、医療力は経営力に比例しないことを上手く仰っておられました。「高い経営力無くして、高品質な医療は無い」。ごもっとも。さらには、教育者人格者としても、素晴らしい言葉も残されております。「歯科医師としての価値だけではなく、人間としての価値を高めてあげたい」。ごもっとも。

 

我々が営みを行っている動物病院業界にも当てはまるところは多く、ユーザーである飼い主様らに支えられながらの持続的可能な経営力は医療力をボトムアップして頂けていることは言うまでもない。また松村氏は、歯科医院業界に対しても、勤務医や一般スタッフへの労働条件や環境整備が整っていないところには、経営力そのものは存在しない、とまで言っていた。医療系専門職を取り巻く労働環境においては、我々動物病院業界も同様、いやそれ以上の負の遺産を背負っていることには違いない。松村氏がいう、「経営力そのものは存在しない」の意味・・・それは医療施設のトップ、つまり経営者に向けられていることに違いない。松村氏が語る一言一言は、医療系専門職に従事する人間としても、教育的立場および権限者の当事者としても、どちらも尊敬に値する言葉ばかりだった。そして番組の最後に、村上龍がこう残している。

 

松村さん率いる「徳真会」の『ビジネスモデル』には、医療全体のヒントが含まれている。命を救う医療を「ビジネス」と呼ぶのは、わたしにも抵抗がある。だが、非効率な病院経営と、勤務医や研修医の過酷な労働環境が、ヒューマニズムという美しい言葉に隠蔽されているのも事実である。「徳真会」のように医療と経営を合理的に分離し、コメディカルを増やす、それだけでも医療は崩壊から遠のく。松村さんは、利益ではなく、患者のために、合理性を追求した。その合理性には、「学び続ける」という大切な要素も含まれている。

 

この番組内や著書でも紹介されている松村氏の名言?で最後は締め括りたいと思います。

 

「専門家には患者さんや社会を育てていかなければいけない使命がある」
「強い経営力は高品質な医療行為を持続可能にする」
「歯科医師免許の可能性を無限大にする」
「とにかく新しい井戸を掘り続けること」

 

松波動物病院メディカルセンター
獣医師・獣医学博士 松波登記臣

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。