Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘楽天’

前々から集めていた情報をシェア。

 

ECの横綱であるAmazonそして楽天を徹底解剖っていうわけにもいきませんが、EC事業者として少しポイントだけでも抽出してシェアしたいと思います。プロの批評家でもなければ専門家でもないですが、そういう方々はだいたいECを実際にやっていない方が多いので、事業者としての視点で、客観的にAmazonと楽天を視てみたいと思います。

 

商品登録数は、楽天に軍配。およそ数は1億点。一方、Amazonは5千万点。ですが売り手買い手の立場から商品数の豊富さを客観的に視ると、Amazonの方が“何でも揃う”という印象が強い。それはおそらくサイト内のシステムによるものだと思います。後述しますが、“関連商品”を抽出する能力が高いのがAmazonだからだと思います。最近では、楽天もこのシステムを導入していますが。国内有数のECサイトの平均商品登録数が数十万点ということもあるなかで、1億と5千万という数字はまさに横綱ということには何ら変わりませんが。

 

ポイントの楽天、早さのAmazon。これは絶対的必須な付加価値サービスです。これこそが両者をここまで成長させた大要因であり、ビジネスモデルでもあります。買い手とすれば“価格”というのが一番大事でしたが、今は第二の貨幣である“ポイント”も重要にもなってきています。楽天に加盟している小売店独自のポイント勿論のことですが、本丸楽天からポイントがやはり一番の魅力かと。それと「楽天カード」によるクレジット決済。購入額の2%がポイントとして、さらに楽天以外の購入でも1%がポイントとして、楽天で使えるようになる。一方で、Amazonは“低価格の商品を探せる”ことと“早さ”が組織全体を支えています。配送の早さは、特に“食材”には適しており、最近では生鮮食品も容易に買うことが出来るようになりました。これは、全国10カ所にある配送センターの展開が成り立たせている。最近では楽天でも、商品を急ぎで入手したいユーザー向けに「あす楽」というサービスを提供しており、住んでいる地域に合わせ、翌日に受け取れる商品に絞って検索できるサービスを展開している。

 

統一感はAmazon、ごちゃごちゃは楽天。先述もしたが、検索した商品と関連する商品を紹介してくれるシステムはAmazon独自のページ展開技術。このことにより、ユーザーの閲覧するページに統一感をもたらせたことは言うまでもない。一方で、ごちゃごちゃ感がいつまでも払拭できないでいるのが楽天。でもそれこそが楽天のスタイルという声も多い。商品検索と決済を一つの画面上で閲覧できるようになったのはつい数年前から。楽天のページ構成は加盟店に一任されているということもあり、Amazonのような“わかりやすい”ページを全てで統一するというのはもはや不可能であると思われる。あえてごちゃごちゃされたり、長くスクロールさせるのは、1ページで長い時間滞在させることも目的としている。

 

コメント(レビュー)とランキングは楽天に軍配。Amazonも楽天も、購入者による商品レビューが充実しており、どちらとも評価者の格付けを設けている。商品を検索し、一度くらいは評価者のレビューを読んだことがあるだろうが、非常に購入動機を後押ししてくれるコメントも非常に多いので、有用性は抜群であること言うまでもない。また格付けしていることは、特定の人や店舗や企業に偏りを示すことも避ける防除にも繋がるということ。レビューの次に強いのが、ランキング。このランキングは多くの加盟店で構成されている楽天の武器の一つでもあり、加盟店同士の切磋琢磨にも繋がることは間違いない。多くのユーザーにクオリティー高い商品を届けるために必要な要素は、このランキング上位に入っている加盟店から習うことも出来るので、ユーザー以外からも注目されていることは間違いない。

 

独創性は両者引き分け。これこそ横綱と言われるだけのことは、上記までの紹介でもわかるように両者ともしっかりやっている。その“しっかり”というのが、今までに無かった付加価値であったり、ビジネスモデルであったりする。またそれだけではなく、Amazon・楽天ともに、お互いの聖域を守り続けているサービスもある。それはAmazonなら普段の生活であまり目にしないような“業務用商品”であったり、専門に特化した専門書など“Books”などもそうだ。そして楽天なら形が不ぞろいだったり、傷が付いていたりして訳あって安価で販売している“訳あり商品(アウトレット)”であったり、日本人のコレクター気質を活かしたこだわりの名品が揃っている“コレクター商品”などもそうだ。

 

以上のように、横綱といわれる所以を、いくつか事業者としての視点で、売り手・買い手からインサイトしてみました。これからお買い物をされる方、出品をお考えの方などにご参考になれれば幸いです。

 

【ひとりごと】シェア大歓迎・転載OK(ただしソースURLはご紹介してください)

広告

Read Full Post »

今年度から取締役に就かしてもらっている株式会社ベッツジャパンのコーポレートサイト(ホームページ)がもうすぐオープン致します。株式会社ベッツジャパンは創業13年のコンサルティング/サービスのベンチャーで、愛犬、愛猫との生活を豊かにするペット関連商品を取り扱っております。現在は、ECサイト(楽天・Yahoo!)のスキームを活用し、多くのペットオーナーさまに商品をお届けしており、同時にペットオーナーさまから支えられております。

 

会社のコーポレートサイトをオープンする経緯ですが、上記でも触れさせて頂きました既存のEC事業以外に、新事業をローンチすることが決定したことと伴いまして、ご挨拶も兼ねてのサイトオープンとなります。新たにローンチする事業は、【マーケティング】【リサーチ】【グローバル】そして【情報発信】でございます。これら各事業は、既存のEC事業を有効活用したスキームを持ち合わせ、さらには新しいビジネスモデルを構築していくものとなっております。詳しいご説明は、サイトオープンをしてからご説明させて頂こうかと思っております。また、現在のお取引先さまに対しては、オープン前後にはプレスリリースをさせて頂く次第でおりますことを、この場をお借り致しまして、お伝えしたいと思っております。

 

サイトオープンしてからでも良かったのですが、サイトオープンにあたって、弊社は、僕は、多くの関係者さまに厚く厚く御礼申し上げたいと思っております。

 

まずは、コーポレートサイトの構成をディレクターしてくださった鞍知on鞍知の水上さま。僕は水上さまのデザインを初めて見た時から、いつか一緒に仕事をする運命にいたのでは?と今でも思っています笑。水上さま、紙媒体でのお仕事は山のようにありますので笑、そっちで「あっ素敵!」っていう仕事一緒にしていきましょ!!

そして、サイトデザインをしてくださったアフリカデザインの柴田さま。柴田さまとは東アフリカ運命共同体であると僕は勝手に思っておりますが、柴田さまは如何でしょうか笑?柴田さまのwebデザインにはいつも心惹かれています。これからも一緒に仕事していきましょう!まだまだいきますよ!!

さらに、コピーライティングをしてくださったディスカバリー号の加藤さま。加藤さまの優しげな口調から発せられる振り上手な質問は、時間を忘れてしまうくらい僕をおしゃべりにさせてしまいました笑。コピーライティングの仕事、スゴく尊敬します。次は僕のコピーを考えてくださいね笑!!

本当に、皆様に大変御迷惑をお掛け致しましたが、ようやくここまでやってこれましたのも、皆様のご協力があってのことです。心より厚く厚く御礼申し上げます。

 

そして、相談役のマーケティングプランナーのYさま(笑)、貴方がいなければ僕はこうしてブログを書いていないと思いますし、このような人と人とが繋がり合い、そしてカタチにしていく経緯に対し、喜怒哀楽も味わえなかったことでしょう。精神的支柱でもある貴方に尊敬の意を込めて、心より御礼申し上げます。

最後に、弊社代表取締役社長の松波しのぶ氏、貴女がここまで大きくした会社と事業は、多くのペットオーナーさまを支え、そして我々が支えられてきた証であります。僕に事業拡大を命じ、それをカタチにしていく途中で貴女が下した数々の迅速なご判断には、勇気をたくさん貰いました。本当に心より御礼申し上げます。これから頑張りましょう。

 

コーポレートサイトには、弊社のフィロソフィー、そして代表取締役社長のメッセージに、僕のメッセージもあります。今日は、僭越ながら僕のメッセージを以下に記載させて頂こうかと思います。皆様、一読宜しくお願い申し上げます。

 

10年後のペット社会のために、
今、ベッツジャパンが出来ること。
取締役 獣医師 松波登記臣

獣医師の使命はペットを守ることです。病気や飼育環境と向き合い、可能な限り彼らの命をつなぐことです。私自身、その役割を果たすために日夜ペットと接し、また先端の臨床研究等を通して知識、経験を蓄えてきました。その活動は、目の前の一匹の命に全力を尽くすだけに留まりません。ときにペットの健康に寄り添う新商品開発だったり、海外で発見された最新医療情報の発信だったり、さらには飼い主様の意識向上を促す役割を担うこともあります。獣医師の活動としては、従来の範疇を超えたものでしょう。なぜなら、専門家の枠を超えることで見えてくる現実、そして未来があるということを私は知っているからです。しかし、ペットとの生活が当たり前になってきた現代、多くの獣医師の役割はますます広がっていくはずです。私は今後、情報発信サイトをはじめとする、新たな事業を通してその意思を届けていきます。一年や二年で結果が出ないことは分かっています。それでも、私の行動がきっかけで、ひとりでも多くペットを守る専門家が動き出せば、それが必ずペットにとってより良い社会につながるはずだと信じています。

 

【ひとりごと】オープンは20日の0時です

Read Full Post »

「新経連」三木谷氏の野望 経済界に波紋、政治への影響力は

「新しい日本を切り開こうという気概のある会社は、どんどん受け入れる」と言う三木谷氏(楽天)が旗振り役となり、新しい経済団体を立ち上げた。そしてこの団体の代表理事も三木谷氏が務める。理事には、サイバーエージェントの藤田氏、フューチャーアーキテクトの金丸氏、GMOインターネットの熊谷氏、ライフネット生命保険の岩瀬氏が務める。ネット関連の新興企業だけでなく、富士通や三井物産、味の素、電通、近畿日本ツーリストなど有力企業も参加している(779社)。また経団連などとの重複加盟もあり、「賛助会員」には三菱東京UFJ銀行が名を連ねている。

 

この記事の中にも出てくるフューチャー金丸氏のコメントだが、「何年も前から若い企業経営者たちの間で『自分たちの行き場がない』という話が出ていた」とのこと。個人的には、どこの業界でもそのような状態はあると思っているので不思議ではないのだが、経団連というモンスターのなかでは、それはそれは想像できない以上の重厚感なのだと思う。「経団連で出来なかったことをやろう」というコメントもあり、「国民の政治参加の促進や行政プロセスの効率化、地方の活性化」を具体例に挙げた。また、選挙活動へのネット活用の実現に意欲もみせている。

 

最後に、フューチャー金丸氏のコメントを載せておきます。これを拝見して、様々な意見が出てくると思いますが、個人的には「スピード感」ってところに違和感だけが残るコメントでした。「スピード感」は情報検索だけのために使うのか?その結論までのスピードというのは短絡的と言うのではないのか?若者の1クリックで行政や政治にスピード感が出るのか?というのが、リアルの現場だけにスピード感を重視している僕の今の正直な意見でした。

 

新経連理事の金丸氏は「新経連のキーワードの一つは若者だ」と言う。ネット世代の若手経営者たちは「コミュニケーションがペーパーレスでリアルタイム。結論までのスピードが早い」と指摘。「元気な若い人たちの声を吸い上げて行政や政治に届けたい」と声を強める。

 

新経済連盟

 

【ひとりごと】でもこういうのは本当にスゴイと思う

Read Full Post »

楽天が中国事業から撤退、ヤフーとともに中国市場で相次ぎ白旗

先日このニュースをTVで知って、ずっと気になっていたので自分なりに情報収集をしていたのだが、東洋経済オンラインが良いコラムを書いてくれていましたので、非常に勉強になりました。そのコラム「楽天・ヤフーはなぜ敗れた? 激変する中国オンラインショッピング市場」で示唆されている内容を、自分なりに以下にピックアップしてみた。

 

・中国オンラインショッピング市場のベースは「C2C」
・楽天・Yahoo!の口コミ注目度が低かった
・既存の中国人が経営する小売店のフットワークが早い
・日本製品がダメということは決してない

 

僕なりに挙げてみるとこんなところです。中国オンラインショッピングがC2Cであることは知っていたけど、意外にも本国中国人が経営する店舗のフットワークが軽いということは初めて知りました。この記事後半にも触れられていましたが、小売店の規模が小さいければ小さいほど、オーダメイドでユーザーとのコンタクトは早く取れるというメリットがあるということ。また、小売店とチャットをしながら商品を購入するという購買行動は、僕ら日本人には馴染みがあまりありませんよね笑 でも、これは正直マンパワーが掛かるといいますか、これも繰り返しになりますが、規模が小さければ小さいほど出来る技なのかもしれません。

 

また日本製品が愛想を尽かされたというわけでは決して無く、最近の中国オンラインショッピング市場においても、徐々にではありますが、B2C傾向になってきていると示唆されております。それはやはりC2Cでの「不信感」、中国製品に対する不信感は本国中国人でも持っているように思われます。日本のECのステークホルダーである楽天やYahoo!が白旗上げるという記事には、少し驚きましたが、これからもチャレンジするであろう日本企業の動向が気になります。この記事の最後にも触れられておりましたが、日本製品を中国本土で日本企業が流通するのではなく、それを中国企業に流通させる、つまりアウトソーシング化にしてしまえば、もしかしたらもしかするのかもしれません。でも、ECって難しいですよね。。。なんだかんだ言ったって楽天とYahoo!です。また好機を逃さまいと戦略を練っていることでしょう。どちらとも弊社もお世話になっているECですので、陰ながら応援しております。

 

【ひとりごと】タイタンの逆襲が観たい

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。