Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘格差’

久しぶりの登場、「スマートシティを勉強してみる」シリーズ第2弾。1回目の「スマートシティを勉強してみるシーズン1」では、スマートシティについてとか、日本のスマートシティの実例とか、復興に先駆けてスマートシティ化しようとしている日本の動きとかについて触れさせて頂きました。その後、およそ3ヶ月の間、いろいろスマートシティについては時間があるときにニュースフィードを読んだりしていましたけど、シーズン2を打つまでには至らなかったのは、サボってただけですけどね笑。

 

「スマートシティを勉強してみるシーズン2」では、とあるイベントの紹介をさせて頂きたいと思っています。だてにダラダラ3ヶ月の間していたわけではありません笑。その間に、仕事の関係で、今日取り上げさせて頂くイベントに出席する方と先日お会いすることができて、話を聞いたら行きたくなったので、ここで紹介させてもらおうかなと。イベントの紹介をする前に、こんな言葉知っていますか?

 

「新スマートシティ宣言」

 

僕は知りませんでしたけど、去年もそのイベントは開催されていて、そこで初めて「新スマートシティ宣言」が誕生したそうです。その宣言というのは、以下に書いておきました。

 

1. 主役は市民と企業

スマートシティは、市民とそこで産業を手がける企業が主役である。市民にとって最適な社会をともに実現する。

2. 目的は市民の生活の質向上

スマートシティは、市民の生活の質(QOL)をより向上させることを目的とする。

3. 明確なビジョンの下に推進

スマートシティには、明確なビジョンが重要であり、そのビジョンの下に推進する。

4. 常に進化を先取り

スマートシティは、市民のニーズや地域社会の変化を先取りし、進化し続ける。

5. 日本の世界への貢献

日本は、災害克服や少子高齢化対応といった非常に難しい課題解決を通して良い社会づくりの経験を積み、世界に向けて発信することによって貢献する。

 

どうです?ワクワクしてこないですか?どういうところにワクワクするのかは、人それぞれですがとにかく日本で面白い動きが加速され始めているということは明確ですよね。それが伝われば、まずはこの宣言、成功なんじゃないでしょうかね。全てを覚えたりするのはナンセンスです。こういう難しいようで、読んでみると抽象的でも良いから、「なんかカッコイイ」とか「なんか面白そう」とかっていう感情ってが、普及啓発の要素を含む文言には必要だと思っています。でも実際には、人の意識は日替わりランチ並に変わるし、そう変わる人は常に変わっていきますが、変わらない人は何を見せても聞かせても感じさせても変わらないのは事実です。僕は、これを「意識の格差」と呼んでいますが、この世のなかにある「格差」のなかでは断トツにたちが悪いような言葉でもあるように捉えています。・・・話を戻しましょう。

 

この「新スマートシティ宣言」が宣言されてるイベントというのが、「SmartCityWeek2012」というイベントであり、10月末〜11月頭(10月29日〜11月2日)に開催されます。良かったら勉強になりますから、是非足を運んでみてくださいね。

 

【ひとりごと】次は年末

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。