Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘挨拶’

皆さま、明けましておめでとうございます。

謹んで新年のお祝いを申し上げます。

 

今日はタイトル通り「獣医学生に伝えたいこと」。

そして今日のテーマは「就職活動」について。

 

一般的な就職活動は、一般企業を対象としていますが、

獣医業界に限っては、違います。

犬や猫の獣医師(動物病院)、牛などの家畜の獣医師、

公務員(国家および地方)、研究職(企業および大学院)

などが挙げられます。

例年の就業先のデータは今日は差し控えますが、圧倒的に多いのが動物病院です。

 

近年(ここ5年)の獣医学生の就職活動には、異変が起こっています。

結論から述べますと、実習およびインターンの数が激減しているということ。

原因は、就職活動の開始時期が、非常に遅くなっているということ。

上記データは、日本大学生物資源科学部獣医学科獣医事務局が行った、就業先が動物病院に決まっている6年生を対象としたアンケート(2004-2008)を元に、私が作成した資料の一部です。

 

就職活動の開始時期は、私の学生時代のころは、

だいたい5年生の夏前後でした。そこから6年生の夏頃、または初秋には、

就業先は決まっているのが普通でした。

しかし、ここ2〜3年では、開始時期が、早くても6年生から。

これでは、経験できる実習およびインターンの数も減ります。

 

動物病院などの実習、公務員や研究機関へのインターンの数が、

減少すると、何か起こるか。

自動的に、就業業種および候補先の選択数が減ります。

選択数は多いに越したことはないでしょう。

上記データは、日本大学生物資源科学部獣医学科獣医事務局が行った、就業先が動物病院に決まっている6年生対象としたアンケート(2004-2008)を元に、株式会社 松波動物病院が行った、現役獣医師(勤続年数2および3年目)を対象としたアンケート(2009-2010)の一部です。

 

就職活動のパフォーマンス力は、ひとそれぞれでしょう。

自分が選んだ就業先の責任は、自分に返ってきます。

私は紆余曲折して大学院を選択致しましたが、全く後悔はしておりません。

上記に挙げました全ての業種を、学生時代に実習およびインターンをしておりましたし、

自分から選択肢を絞るような時間の使い方もしておりませんでした。

上記データは、日本大学生物資源科学部獣医学科獣医事務局が行った、就業先が動物病院に決まっている6年生対象としたアンケート(2004-2008)を元に、株式会社 松波動物病院が行った、現役獣医師(勤続年数2および3年目)を対象としたアンケート(2009-2010)の一部です。

 

厳しい言い方になるかもしれません。

学生時代は今だけである一方で、学生には時間は十分あります。

決して忙しいことはありません。

出来るだけ多くの時間を捻出し、出来るだけ多くの業種を経験し、

多くの選択肢の中から、就業先を選択してください。

 

私は大学5年生および大学院3年生時に、一般企業への就職活動をしていました。

もしお時間があったら、ここでお話ししたいと思っています。

 

最後になりましたが、

本年も昨年同様、宜しくお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り致します。

株式会社 松波動物病院 松波登記臣

広告

Read Full Post »

先ほど今年の業務が終了し、終わった瞬間、何かに浸っていました。

何に浸っていたかは、正確にはわかりません。

おそらく言葉では、表現できないかと思います。

いつもと同じ時間に職場につき、デスクに座る。

PCに電源を入れ、メールをチェックをしてから、数件返信をする。

執筆中の論文や原稿の訂正をし、加筆を行う。

上司に頼まれていた事務書類に記入し、提出。

いつもと変わらない研究室で、いつもと変わらない学生が、研究に勤しむ。

その補助的作業をし、その後、打合せをする。

 

本当にいつもと変わらない一日でしたが、時間があっという間に過ぎ、

いつもより早く、業務が終了した。
唯一いつもと違っていたのが、業務中の意識がいつもと違っていました。

その意識というものも、言葉では、表現できないかと思います。

しかし、身体は感覚として、覚えています。

業務が終わった瞬間、何かに浸っていたものが、おそらく答えだろうかと。

この意識と感覚、来年の抱負とします。

今年もあと4日です。

 


今日みたいな良い天気の日は、極寒の冬山にいってみたい気分でもあります(笑)

Read Full Post »

今日は午後からRICOH本社にお邪魔してきました。

僕の活動を陰で?(笑)応援してくれているRICOHの伏見さんに、

「今年も大変お世話になりました」のご挨拶と、伏見さんが取組まれている活動について、お話を聞くためにです。

伏見さんは、RICOHの社会環境部でガイアイアという環境情報サイトを運営しています。

「ガイアイア」って何?という方、是非このページをご覧下さい→「ガイアイアってどういう意味?

伏見さんは、ものすごく明るくて、いつも僕に元気をくれます。ハツラツとしてて、感情が豊かで、お話も面白い。やっていることも面白い(笑)。

この映像は、ガイアイアがクリスマスプレゼントで、作成した映像らしく、この記事に詳細が載っています→「メリークリスマス!from Gaiaia」真ん中が伏見さんです。

 

そんな伏見さんと2時間あまりいろいろなお話をさせて頂きましたが、

お互いのお仕事のお話をみっちりしたのは初めてでした。

会話の中で、伏見さんが(ある言葉)を多用していることに気がつき、僕はこう言いました。

伏見さん、岡本太郎好きでしょ?

なんと伏見さん、最近読まれている本が岡本太郎の「自分の中に毒を持て」でした。

しかも今朝も読まれていたそうです。

僕が気付いた(ある言葉)とは、「今日を生きる」という言葉でした。

この言葉は、僕も信条としている言葉で、もっと大袈裟に言えば、「瞬間を生きる」と僕は使っています。

この言葉は、岡本太郎の人生のパートナーで、後に養女になった岡本敏子さんの言葉です。

瞬間を生きる。いまだけなのよ。」(この言葉は「愛する言葉」に載っています)

そこから伏見さんと僕は、岡本太郎トーク全開でした(笑)

あっという間の2時間でした。

 

今日のことをこのブログに書いても良いですか?

と伏見さんにメールしたところ、返信メールにこんな文章が。

私の人生は、なんでもありです。ご自由に記載してください。笑 また語りましょう!

痺れました。伏見さんは、ロックでした。

 

僕はそんな言葉、言いたいけれど、まだ言えない気がします。

言えるように、もっともっと我武者らに、遮二無二、生きていこう。

と再確認させて頂きました。

本当に、伏見さん、今日は、ありがとうございました。

Read Full Post »

獣医師の松波登記臣(マツナミトキオ)です。

松波動物病院で取締役をしています。

業務内容は主に、広報およびCSRです。最近はマーケティングも勉強しています。

また、メタボリックシンドロームの研究もしております(獣医学博士)。

新しく始めましたWordPressブログ。ここでは多くを語ります。

今後とも宜しくお願いします。

松波登記臣

獣医師になってからウガンダ共和国で数ヶ月間、家畜疾病対策プロジェクトに獣医師として参画しておりました。アンコーレ牛という角がドでかい牛たちと毎日格闘していました。懐かしい写真です。

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。