Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘後輩’

昨日のブログを読んだ後輩から以下のメールが届きました。

 

テンション低いとはどうしたんですか????皆さんは「そんなときもある」とおっしゃってますが、後輩として生意気ながらあえて逆のこと言いますよ!9月にはときおさんが以前からやりたかったことが一つの大きな「形」になるんですから、気合入れないと。臨床系の先生方にも研究は現場でも出来るんだぞ!とみんなにアピールすることは大きな使命だと思いますよ!頑張って下さい。

 

正直言うと、研究のことでテンションが下がっていなかったわけなので驚きましたが素直に嬉しかった。彼は大学院時代の後輩で今はD4なのでもうすぐ卒業です。獣医学博士になる人間でもあり、僕よりも世界視野を持っていて、野望も大きく、器もデカイ人間です。僕は彼に敵わないとも思ったことがあります。そんな彼からの励ましの言葉は、すごく嬉しくなりました。以下に、僕の返信メールも載せておきます。

 

うるせー!うるせー!うるせー!ありがとよ。

 

www。彼は僕が今手を動かしていることが非常に気になっているみたいなので、あえてここで言いますけど「なめんなよ」です。すごく自分の分野のことで恐縮ですが、僕は研究者です。町医者(動物病院)に在籍しながらも、研究をしている獣医師であり獣医学博士です。獣医学博士という名に恥じぬよう、世界で戦っていたあの頃の自分に負けぬよう、今必死にもがいています。当時は、町医者にいることは研究が大好きな自分にとってかなりデメリットだ、とまで言っていましたが今は違います。逆にアドバンテージだと思うようになれました。後輩が言ってくれているように、臨床にいながらでも研究は出来るんだ、ということです。というよりも、バリバリ研究やってきた人間としては、どこにいようが研究は出来る、ということです。中途半端に社会人で研究をやってきた人間ではありませんし、おっさんの道楽で博士号を何十年も掛けて取ったわけでもありません。博士課程に在籍し、研究をしながら論文をたくさん執筆し、そして学会にもバシバシ出ていた人間です僕は。こんなことを言う僕も、クソ生意気な後輩なのですがね。

 

というタイミングで、発表予定の学会のパンフに僕の発表タイトルが載っていました。なんというタイミング。少し震えました。

 

【ひとりごと】さぁエンジン入れなおそうっと

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。