Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘就活’

12月1日から、2014年入社の就職活動がグランドオープンしましたね。こぞってニュースでは就職説明会の様子が報道されていました。マイ◯ビやリク◯ビのような上品なところに求人は出せませんが、ベッツジャパンでも2014年(もしくは2013年)の新卒を募集することになりました。会社概要はホームページを御覧ください。もしくは、以下のアドレスまでメールをくださいね。真摯に対応致します。

 

http://vetsjapan.com/

info[at]vetsjapan.com [at]を@に変えて送信してください。

 

そんななか、11月の末から閲覧数が急上昇しているブログ記事があります。2012年6月5日に書いた「巷でいう「意識の高い学生」ってのは、僕がいう「意識の高い学生」とはぜんぜん違う」が、ここ数日、毎日200〜300PVを記録しています。この記事が読まれるのは、グランドオープンの影響なのでしょうかね。キーワード検索の結果、「就活」「就活 意識の高い」「就活 動物病院」などが挙がってきていました。ちなみにですが、ベッツジャパンは動物病院ではありませんので笑。一般企業です。

 

一言で言うと、ベッツジャパンはペット業界の総合商社です。それも獣医師が経営していますので、専門性に裏打ちされたことしかしません。ペット業界には、動物のことにあまり関心がなく、また勉強不足の人間が大勢います。ベッツジャパンの母体は、松波動物病院であり、多くの専門スタッフがいる歴とした動物のプロフェッショナル集団で、日本全国のペットオーナーおよびペットメーカーを支えています。各事業部の紹介はホームページで参照してください。とにかく、動物のプロフェッショナルのポテンシャルというのは、想像以上に高く、想像以上にいろいろ出来るということを、これからも社会に示していきます。ちなみに、募集職種は問いません。どこの大学でもどこの学部でもどこの学科でも構いません。こだわりません。おもしろいことをカタチにするのはみなさんですからね。

 

【ひとりごと】経験者も大歓迎

広告

Read Full Post »

Tokio Matsunami’s blog 9月の人気記事トップ5発表

 

No.1 聞くところによると来年度採用に獣医学生のエントリーがお盛んになっているそうな。

 

No.2 33 Ways to Stay Creative 〜クリエイティブになる方法33個〜

 

No.3 たかが80年くらい集中して走り抜けろ

 

No.4 獣医師「淘汰時代」好きだけでは食えないについて

 

No.5 活(かつ)、活(かつ)、活(かつ)ってウルサイな

 

総評


相変わらず「就活」ネタは強いの一言。個人的には嬉しかったのは、この3日で第5位にランクインした活(かつ)、活(かつ)、活(かつ)ってウルサイな。でもこれも「就活」ネタが入っていますね笑。毎月必ずランクインしてくる「就活」ネタ。最近書くことが滅法減ったにもかかわらず、書くとPV数がぐっと上がる。やはり、このブログは若い世代に見てもらっているのか、という考察をしてみると少し嬉しくなってくる。改めまして、ありがとうございます。また数カ月前の記事でありますが、これもやはり強い「獣医師「淘汰時代」好きだけでは食えないについて」。これが強い理由は、自分でもよくわかっていない。データ解析をしてみると、様々なところからアクセスされていることわかるのだが、多くのブロガーの皆さんに記事のリンクを貼ってもらっていることもその素因の一つであるかと思われます。

 

上記でも触れましたが、このTokio Matsunami’s blogは、多種多様な業界の方々に見てもらえている。それがPV数やUU数を増やしている理由の一つであると思いますが、僕個人的にも様々な業界にいらっしゃる多くの方々に見てもらえるほうが嬉しく思います(実際に「お気に入り」とか「フィード登録」が一番多い)。例えば、Googleで「獣医師 ブログ」と検索してもなかなか出てくることはありません。この検索方法は、個人的には少し芸がないなぁなんて思う時もあるんですけど、「WordPress 獣医師」と検索すると断トツでこのブログが出てきます。WordPressにこだわる理由は、不必要な広告などが嫌いということもありますが、アクセス数を無理矢理増やすような手段には頼りたくないという理由もあります。僕はブログで飯食っているわけでもないし、HPでも無いものには投資はしませんから。最近ちょこちょこ広告載せてください的な営業がきますが、全てお断りしています。「だから俺はブロガーじゃないって!」って言っていますが、最近は無視しています。

 

何というのでしょうかね、毎日数分の時間制限のもとで何かを書いて残しておく作業にハマっているというのが、このブログを毎日更新している理由の一つでもありますし、僕しか知っている情報なんてこの世のなかに存在しないってことをよく知ってるということじゃないですかね。それと、僕が書く文章というのは正直下手くそで劣悪なものなのかもしれません。そもそも僕は書くより読むほうが好きなんです。それに慣れるためにも、こうやって書きながら読みながらリアルタイムに感じることを大事にしていきたいなぁなんて思うわけです。自己満足・・・かもしれません。すみません。継続的に読んで頂いている方もいらっしゃるとおもうので、「いいね!」される数が少なかったら、この考え方やめちゃいます笑。いや…考え直します笑。

 

【ひとりごと】お袋から帝王学を学びました

Read Full Post »

昨夜から上京してきており、しばらく赤坂のホテルに滞在している。今回の上京は、学会発表(最終日のポスター)とベッツジャパンの仕事の打合せ、そして仲間との交流だ。最初に挙げた学会発表は、フッと終わってしまうが一応毎日(三日間)顔を出そうかと思っている。誰か、この顔にピンときたらお声かけてください。よそ行きの顔しているので怖くはないですから。企業ブースにいる時間が長いと思いますよ。

 

ベッツジャパンの打合せ資料作成の為、今日は朝からホテルに併設しているカフェでノマドしている。数ヶ月前まで“ノマド”という言葉を知らなかった僕がこういう風に使っているというのは、そういう人たちに敬意を払っているからだ。ようこんな風が強いカフェテラスで仕事が出来るというモチベーションに感服だ。あと少し寒いし足も冷える。じゃあ中入れよ、と言われるかもしれないが、僕の中で未だにノマドという言葉の意味に、“NO窓”という既成概念みたいなものがこべりついているので、それは無理だ。頑張ってカフェテラスでチープな充電力を誇るMacBookでリンゴマークを街歩く人にアピってなんぼなのがノマドなんだろう。僕が本気で外で作業するならLets noteにするけどね。

 

話を戻そう。タイトルで挙げた「活(かつ)」というのは、さっきカフェテラスにいた若者、と言ってもたぶん21歳くらいの女子大生お二人が多用していた言葉の一部分だ。「就活」「婚活」「妊活」。それら人生3大イベント的な重要なキーワードを、話している内容全てに登場していて、若干乱用しすぎではないか?と思うくらい使っていた。まぁそれも自由なんだけれど、話す内容のクオリティがアカンかった。さすがにここでは書けれないくらいというか、馬鹿馬鹿しすぎたのでカット。

 

繰り返しになるけれど、「就活」「婚活」「妊活」って人生でも大事なイベントであるとこんな僕でも理解できる。先述したように人生3大イベントと言っているくらいですし。さっき話していた女子大生はまず「就活」が上手くいっていないらしい。そしてまだまだ先であろう「婚活」や「妊活」にも影響を出すのでは?と心配していたっぽい。その繋がり方が僕には理解出来ないのだが、それは僕が男性だからなのか?と少し考えてしまう。いやいや、実際に「婚活」を必死にやっていた人も近くにいたし、今も旦那さんと一緒に「不妊治療」を頑張っている人もいる。その根源が、「就活」にあるとは思えない。つまり就職がうまくいかず、ぷらぷらしていると、安定した収入が得られず、貯金も少なく、結果、結婚が遅れる・・・という負のスパイラル全てに原因があるとは思っていないが、今僕でも言えたような「安易な繋がり」と、さっき女子大生が言っていた「繋がり」には共通点があるのなら、少し残念に思う。仮に「就活」関連に原因があるというのなら、僕は「就業」の方に原因があると思う。

 

いつもこういう話をするとき、自分が身を置く業界の話をするのですが、今日は違う見方をしてみようかと。違う見方といっても、いつもお世話になってる商事に務めているおっさんから聞いた話をするだけですが、妙に説得力があったのでシェア。前に「離職率」の話を聞いたときに、そのおっさんが言ってたのは・・・

 

今も昔も変わらないのが新卒3年以内の離職率。寧ろ、昔に比べて働き方が酷使される今の時代で変わらないというのは、今の若者が粘り強いかのあらわれだと思っている。ニートやフリーターが増えるのは社会構造の問題で、今と昔を比較するのは無意味だろう。今の社会保障を見ても完全に高年齢者に有利な構造になっているのは紛れもないことだから、完全に日本の経済力と実情に逆行している。これが若者への“しわ寄せ”ってやつ。日本がこれからも成長していくためには、若者が頑張れる土台作りをしなければいけないこと。それは、お前がいる業界でも、こっちでも心理みたいなところは何も変わらないけれど、でも働いているのに、人雇ってるのに、社会保険が無いとかってのは、終わってるな。

 

最後の言葉を入れるか入れないか迷ったけれど、入れてみました。ってことで、いつもの流れになってしまいましたが、こういう有識者の意見で僕は育てられています。いつもありがとうございます。大きなテーマを選んでしまって若干後悔していますが、いつもと違う場所で、あまり知らない場所で、アンテナ張ってるといつもとは違うネタが頭の中で煙を立て始めるので刺激にはなりますね。さぁ今日もたくさん見て話して感じてがんばりましょう。

 

【ひとりごと】うなぎ食べよっと

Read Full Post »

真夜中な記事なので、誤字脱字がありましたら申し訳ない。

 

タイトル通り、聞くところによると来年度採用にに獣医学生のエントリーがお盛んになっているそうな。獣医師免許を必要とする職種は、ご存知、獣医師さん。簡単に言うと、動物病院の獣医師さんという職種。まぁそれ以外に、家畜を診療される獣医師さんもいれば、・・・まぁ言うのはいいでしょう。勿論、企業に勤められる獣医師さんもいる。研究職をはじめとする各メーカーさんへの商品開発などがその対象に。

 

話を戻しましょう。今日ここで挙げるのは、上記でご紹介した職種ではなく、一般職での一般企業へのエントリーについて。つまり、獣医師免許を必要としない職種。えええ?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、まぁここは落ち着いて笑。僕も少しだけそういう職種を経験しているので、今の時代にそういう獣医学生がいたとしても不思議ではない。どうして?と言われても、直接聞かなければ分からないけれど、さぁどうしてなんでしょうね。肯定も否定もしないので、勝手にどうぞという感じでいつも聞いている。

 

ちょい!ちょい!待ってくださいよ!と言ってくる学生の顔がチラホラ浮かぶけれど、僕は当時あまり意識はしていなかったと思う。聞いてるかもしれないけど。かっちょよく、将来の為にとか、こういう仕事もやりたいと思ってとか、は一切口にはしなかったと振り返れば思い出す。1〜2年働いただけでは、正直何もわからん。センスも磨かれる前にドロンしたし僕は。でもそういう一般的な職種で仕事をしていたという意識は今でもあるし、結構がんばって意識もしている。という意味では、少なからず良かったかなって。知り合いも増えたし、一般社会的常識や嗜みというモノも保有できたし、経験もできた。今いる職種では、なかなか養うことができないことも目の当たりにしてきたので、今の職種でそれを応用していたりもする。僕の場合は、起業とかそういう手段で永久的に意識できる場所を作ったので、まぁ良かったのではないでしょうか。

 

にしても、ここ数カ月で耳にする「獣医学生が一般企業にエントリーする数」は右肩上がり。今まで獣医学生に出会ったことがない知り合いの人事などは、驚いている様子。と同時に、わざわざ僕に連絡を入れてくるという悪ふざけさもたまらない笑。それでいつもその人事の担当者と話をする度に、「どうだった?」と聞いてみるのだが、いいリアクションが正直少ないのには、ガッカリするし、何か情けなくなる。良く耳にするネガティブ意見の第一位は「社交性(コミュニケーション)」、第二位は「積極性」というところ。はぁ〜〜とため息つきたいところだが、何のためのため息なんだろうかと考えると、どうでもよくなってしまうのですけど。そもそも、会社説明会にも呼んでいないという意見もあったが、そういう時は一回は呼んであげてよ、と言っている。せめても、会社説明会に呼んで、一回くらいは話してみてください、宜しくお願い申し上げます、など僕がただただお願いしているシーンもある。だからアピールがんばれよ!と言いたい。でもまぁ直接知っている学生でなないけれど、何か話を聞いてみたいなぁって思うこともある。獣医師から「何で?」というスタンスではなく、一社会人として聞いてみたい。それとあと、起業家としても、投資家としても、いろいろ話を聞いてみたいなぁなんて。

 

上記の話でついでに話を人事の方とかと話をしているのは、「何か特別な感じした?」ということ。答えはズバリNO。確かに、獣医学生という肩書きは目立つ。また履歴書やエントリシートに書いてくるゼミ(研究室)などの内容は、普段目にしない文章や経験ばかりあるからだと、それはやはり目立つ。でも採用する側ってのは、あまりそういうところを意識していない。一般職という意味ではそれは当たり前かもしれないが、実際はそうだと思うし、僕も同じような感じがしていた当時は。就職活動において、大きい世界では「獣医学生」というブランド的なモノは一切通用しない、というより学生ひとりひとりの資質を視ているので、学科とか肩書きとかは必要ないということ。それは、一般社会では普通に執り行われていることで、獣医師であろうがなかろうがそれは社会のスタンダードっていう感じ。なので、僕もそういう意識で会話はしないし、一個人としてコミュニケーションを取っているつもり。それも、会社の経営者であろう人間が井の中の蛙大海を知らずではだめだ。

 

少し話が逸れたが、あえてもう一度言おう。「君は特別でもなんでもない。」

 

【ひとりごと】でも頑張ってくださいな。いつか一緒に仕事しましょう。

Read Full Post »

たまにはこういう記事も、ということでマイナビが内々定率調査の結果を発表していました。正確には、採用サポネットの方が詳細な結果を出していましたので、ご参考までに。大学生、大学院生の7月の内々定率は58.0%という数字ですが、7月末時点の内々定率は、前年同月比5.0pt増の58.0%と過去2年を上回る結果となったになったみたいです。特に、文理男女別で見ると、理系が男女ともに内々定保有率が6割を超えた(理系男子:66.9%、理系女子61.7%)という結果も。

 

【ひとりごと】内々定って懐かしい響きだ

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。