Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘家畜疾病対策プロジェクト’

「わかりやすいカタチ」

 松波登記臣名古屋市獣医師会松波動物病院メディカルセンター

 

私がアフリカ・ウガンダ共和国で仕事をしていたころ、日本では「ウガンダで新型エボラウイルスが発見された。」という報道がされており、私はそれを帰国してから知ったという、そんな情報音痴の自分が、人類発祥の地で駆けずり回っていたのは記憶に新しい。それからは言うもの、私は自分を啓発したかのように、常に新しい情報を、現場に赴き直接仕入れ、それを「わかりやすいカタチ」にすることにこだわり始めた。

 

帰国後、大学院で研究に没頭した。獣医学研究にいるにもかかわらず、研究内容は『医学系』な基礎研究。近年ペットの世界でもにわかに注目を集め始めている「メタボリックシンドローム」が私の研究テーマ。実際のところは、そんなに華々しい内容ではなく、メタボリックシンドローム関連疾患である糖尿病や脂肪性肝炎などの疾患モデル動物を作製するというものだ。

 

実に研究はおもしろい。実に研究は単純だ。それは、研究は「情報が命」という世界でもあり、ライバルが多い内容では、毎日スピード勝負。そんななか、獣医師でもある自分が“医学系”の世界に足を踏み入れてしまった、というのが当時の印象だった。その思いは現実となる。研究の失敗の連続、論文が通らない日々、学会では支離滅裂な質疑応答を繰り返す醜態を披露し、そして新しい疾患モデル動物を世に送り出せないもどかしさ、正直退屈な日々を過ごしていた。しかし、そんな私でも、「情報収集」だけは怠らなかった。気がつくと、自分の研究分野以外の文献も読み漁っていた。そんななか、とあることに気がつく。「これだ」。今流行っている研究分野を徹底的に調べ、さらには、いつ世の中に出てきたのかも同時に調べる。その結果、今流行っている研究の理由が明確に分かってくるのだった。それは、テーマだったり、目的だったり、材料および方法だったり、…そして「わかりやすさ」だったり、した。

 

それらを意識し、再び研究に勤しんだ。それからというものも面白いように研究結果が出たり、執筆する論文が受理されたり、また博士課程を修了するまでに6報も執筆することが出来たのだ。また、獣医系はもちろんのこと、医学系学会にもお声を掛けて頂くなど、多くの学会に参加することが出来、また大変名誉ある賞も頂くことが出来たのだ。研究生活を通じ、常に意識しなければいけないことは大変多い。だがその中でも強く意識していたのは「わかりやすさ」だった。その、「わかりやすさ」を追求した結果、論文や学会発表、そして数々の賞という『カタチ』として、世に出回り、発信され、多くの方に知ってもらえたことは、心から嬉しかった。

 

現在、名古屋にある松波動物病院メディカルセンターにて勤務医をしている。「研究をしていた、それも基礎研究をしていた獣医師が臨床をしているのか?」と研究時代の仲間たちはよく口にする。それに対し私は「臨床はおもしろいですよ。もしかしたら『わかりやすさ』が一番求められる世界なのかもしれません。」と、繰り返しお答えしている。

 

アフリカ、そして研究で経験し、そこから養うことが出来た様々な知識、そして能力は、こんな分野でも発揮される。「生物多様性」の普及啓発。研究に没頭しながらも、非営利な活動にも力を注いだ。きっかけは単純だった。「多種多様な生きものたちを守るのは、獣医師としての使命」なのでは?と、この言葉を知ったときから抱いていたのだ。旧・生物多様性条約市民ネットワーク(現・CEPA JAPAN)というNGOに所属し、私はその組織の中にある普及啓発作業部会というワーキンググループに配属されることとなった。そこは、「有志」の集まりだった。その作業部会には、政府機関、民間企業、自治体およびNPOなど、その業界業種のなかで、第一線で活躍している方々が集まっていたのだ。皆の目的は一つだった。「『生物多様性』という言葉を普及啓発したい」。そのワーキンググループで活動していくなか、私は、とあることに再び気がつく。それは「わかりやすさ」だった。そこでは、広報・PRの専門家たちが、定性的に多く集まったモノ(情報)や想いなどを、「わかりやすい」カタチにして、それぞれのフィールドで発信していたのだ。それら活動と成果が認められ、我々は生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に正式に参加することが出来たのだ。

 

私はいつも思う。「わかりやすさ」は『カタチ』になる。それが、上記活動を経験したことで、私自身が養ったノウハウでもある。

 

現在、私は、獣医師の「仕事と生活の調和(ワーク・ライフバランス)」、つまり“働き方”を含む労働環境および条件に問題意識を持っており、少しずつではあるが活動をし始めている。それがいつ「カタチ」となって世の中に発信され、影響を与えるものになるかは、私自身も分かってはいない。だが、この活動に対しても、今まで以上に、「わかりやすさ」を追求していくつもりだ。もう一度、強く言いたい。「想い」だけではカタチにはならない。実際に行動し、情報を収集し、それら正しい知識を用いて、「わかりやすく」、そして、『カタチ』にしていかなければ、モノ(情報)も想いも、決して多くの人や組織に対し、“共感”を生むことはなく、人の心にも届かないものになってしまうのだ。

 

松波登記臣松波動物病院メディカルセンター

〒467-0027 名古屋市瑞穂区田辺通5-2-11

Tel 052-833-1111 Fax 052-833-1112

広告

Read Full Post »

今日は獣医業務はお休みでした。
会社の仕事は山盛りでしたので、短い時間ではありましたが出勤。

 

いくつかの取引先との打合せに、新しくコラボする予定の新進気鋭の企業さんとの初顔合わせも。
その打合せ最中、一瞬意識が飛んだんです笑。
寝不足とかそういうものではなく、少し考え事をしてしまいました(反省)。
でも清々しい気分に。

 

何を考えていたかというと、この企業さん、すごくウチを知りたがってくれてるな〜って。
そのあとウチの見学をして頂いたのですが、いい笑顔をしていましたね。

 

あ〜嬉しいなぁ〜。

 

と同時に、僕もこの担当者を応援したくなりました。
なぜにそういう感覚になるのかは、僕自身わかりません(汗)。。。

 

その後、一人コメダをしていまして、
Twitterを開いてみると、フォロワーさんが志茂田景樹さんのつぶやきをRetweetされていました。

 

「大勢の目を意識して張り切ってやったのに、他人にはほとんど印象に残らないことがよくある。また自分が何気なくやったことが他人の心に鮮やかに刻まれるこ とがある。心はその感性にフィットしたものを受け入れ、過剰な意識の産物を嫌う。ときどき、自分の心の声に耳を傾けてみよう。」

 

と。それを見た僕は何か昔のことを思い出しました。
そしてそれに触発をされたように、連続でつぶやいてしまいました。

 

「志茂田景樹のツイートを拝見して、気持ちが上がったり下がったりしています。なので、自分の心と会話しようかと思います。」

 

「他人の目を気にしながらの作業を、僕は数年前に起きたとあるコトをキッカケに、卒業した。それからというもの、自然と、自分がやりたいという仕事が、みん なが必要としているモノになってきた。それは、お金やモノや人材といった資材などを通して、目に見えるカタチ、つまり成果として現れた。」

 

「1番のターニングポイントは、アフリカ業務。あんなに苦労したことは、今までも無かったし、これからもそう無いことだと思う。「家畜=財産」という意識が 宗教上・民族上、高過ぎる現地人と協働し、出来るだけハイレベルな家畜疾病対策マニュアルを、政府と一緒に制定していくというミッションでした。」

 

「日本でも上手くいくとは限らない「官民」関係に、「政府」への不信感。さらには、先進国からひょっこり現れた日本人獣医師への疑念。セントラルドクマに国際機関が入り混じり、上手くいくわけが無いなんて、誰もが思っていました。僕もその中の1人でした。」

 

「軌道に乗り出した時期なんて覚えていません。ただ、全てのステークホルダーを必死に「繋げよう」としている僕を、応援してくれる人たちが現れた時期は、鮮明に覚えています。多分その時期くらいから、軌道に乗り出したと思います。」

 

「今も昔も変わりません。僕は常に「心から応援している人」を10人以上定めて、仕事するようにしています。逆に僕を応援してくれる人が何人いるかなんて、どうでもいい話です。その意識を持ち始めてから、常に思い出すのは、アフリカで出会ったみんなの顔や思い出です。」

 

「「心から応援したい」という人が増えるほど、僕は自分の心と対峙し、その時に生まれる何かによって、パワーを頂いています。上手くいってる時こそ気を引き 締め、いってない時こそポジティブになれるようになったのも、みんなのお陰。「繋がる」素晴らしさ、「生み出す」楽しさが、僕を形成しています。」

 

めちゃ赤裸々www
でも本当にそう思うから、そうつぶやいた。
とてもいい日でした。

 

松波動物病院
松波登記臣 DVM, Ph.D

Read Full Post »

昨日Facebookで、

アフリカ・ウガンダで獣医師として働いていた頃の写真をアップした。

タイトルは「アフリカ時代の写真を整理してみた」。

アルバムを4つ、合計78枚。

今回は、ウガンダ人たちと取組んだ業務の写真をご紹介。

 

 

Facebookでアップした直後から、

皆様から多くのコメントを頂戴した。感謝。

その中でも非常に興味深いコメントがあった。

 

昭和30年代、日本の子どもたちでこうした表情を見かけましたね。

 

昭和30年代というと、高度成長期の時代。

経済は発展し、家庭は電化され、生活は豊かになり始めた頃。

テレビ(白黒)、洗濯機、冷蔵庫が「三種の神器」と呼ばれた時代。

僕は昭和57年生まれなので、当たり前だが、全く知らない時代。

確かにアフリカ諸国は、先進国から、しばしばそう捉えられている。

 

昭和30年代、日本の子どもたちでこうした表情を見かけましたね。

 

この言葉は、ものすごく僕にとって、非常に嬉しかった。

経験することが出来ない時代を、少しの時間だったが、経験出来たのだから。

一方で、不安も感じた。

これから先、日本では、経験することが出来ないのではないかと。

はたしてそうなのか。いや、違う。僕がしていけば良い話。

僕は、すでに出来ていると思う。なぜならば、僕の周りには、ちゃんといる。

自分のまわりの人間たちを、笑顔にさせてくれる人たちが。

これから、その数をもっと増やしていくだけ。感謝の数を。

みんなの想いを繋げるために、やるだけ。

Read Full Post »

今日は今年最後の忘年会でした。

集まってくれた皆さんにまずは感謝申し上げます。

 

集まるべき仲間が集まった忘年会。

予想通り、熱く、そして深い、重みのある話が展開されました。

 

話が進んでいく。

それもものすごい重量感の話が。

そんななか、僕は、ある情景を思い出していました。

それは、アフリカにいた頃、立寄った湖(Lake Mblo)に映る夕日をです。

 

この頃の僕は、アフリカで参画していた家畜疾病のプロジェクトで、

満身創痍になりながら、仕事に打ち込んでいました。

この場では、多く語りはしませんが、相当、心身共に限界を迎えていました。

そんなとき、目にしたこの夕日。

一瞬のうちに、いままで抱え込んでいたものから解放され、

さらに、

日本に帰ったら、あんなこともしたい、こんなこともしたい

など、一瞬のうちに、多くの希望も、抱くようになりました。

一瞬のうちに、目まぐるしく多くの感情が左右されたことは、

今までに一度もありませんでした。

 

今日同席した若者は、とある大学の獣医学生さん。

彼の口から発せられる言葉は重く、さらに希望に満ち溢れていたと、

僕は感じて、聞いていました。

そんな彼を見つめていたときに、この夕日を、この情景を、

思い出していました。

 

これから彼は、多くの情報を集め、多くを学び、そして、

人と人とを繋いでいくことの楽しみを、知っていくことになると思います。

そして、

希望から使命に、意識が変わっていくことにもなると思います。

「やりたい」→「やらないといけない」

彼が「やらないといけないこと」を、僕に教えてくれる日が楽しみです。

彼にしか出来ないこと」になっている日まで、楽しみに待っています。

応援しています。

松波登記臣

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。