Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘実習生’

客観的に自分が置かれている立場や組織の評価というものを拝見したり拝聴したりするとき、何を思うのかは人それぞれであると思うが、私はいつも緊張している。良いように言えば真摯に、悪いように言えば適当にも。。。

 

 

先日当院に手紙が届いた。夏休みに動物病院実習に来ていた大学生からの御礼の手紙。そこに書かれていた内容は、ここ最近私が目にした耳にしたもののなかで、一番綺麗に書かれている手紙の内容だった。何をもって綺麗なのかと言うと、先述したように客観的な評価として私自身が為になったかどうかの度合いであり、この綺麗という評価は私自身の主観的なものであることは言うまでもない。。。以下に全文を(そのまま引用)。

 

 

 実習させて頂いた松波動物病院メディカルセンターは昭和49年に開院され、今年で41年目を迎える。地域に根差した医療を行い信頼と実績のある動物病院である。獣医師12名でそれぞれの専門を生かしながら看護師や受付などの全スタッフと協力して診察を行っている。
 院内はスタッフの人数も多く、検査機器などの医療設備も整っており高度な医療サービスを提供している二次診療のような特徴もあり、話しやすく親しみやすい地域に密着している小規模な動物病院のような特徴もあった。これだけの設備が揃っている動物病院は淡々と診察をこなしていくイメージがあったが、実習が始まり診察を見学させて頂くと飼い主とのコミュニケーションをとても大切にしていることがわかった。飼い主にどういう経緯で来院したのか、通院の場合は現状はどうなのかを自由に話をしてもらい、ところどころ質問し、飼い主が獣医師に伝えたいことを引出し、飼い主にわかりやすく、心のこもった説明をしていた。費用のことも考え、治療法もいくつか提案し飼い主と協力して治療を進めていくような感じであった。また診察だけでなくキンダーガーテンしつけ教室もあり、ペットと共に生活をしていくお手伝いをしている。
 真っ直ぐに向き合い心のこもった最高の医療を提供できるのは常に相手の立場にたち人それぞれの思いを自分に置き換え考えることができるからこそと思う。どんな最高の治療でも飼い主さんの負担が大きく家庭生活を苦しめてしまうものであればそれは最高の治療とはいえないということである。今回の実習で何よりも一番大切なことは“コミュニケーション”であるということを今更ながらに実感した。  

 

 

全文以上です。

 

 

当院で動物病院実習を経験した大学生の客観的評価ではあったが、私個人的には非常に良い経験をさせてもらった。外部からの客観的評価のなかでも大学生からの評価というものは、普遍的には特殊かつ稀な評価ではあると思うが、抽象的な言い方にはなるが【中立的な評価】に近いものがあると感じた。当院で従事している人間以外を対象にした時、外部からの評価は飼い主さま、取引先、周辺地域、その他(今回で言うところの大学生や専門学生)くらいである。そのなかでの大学生からの評価は機会も少ないし非常に稀であると思った。

 

 

また、この手紙には続きがある。謝辞である。そこはプライバシーポリシーに則り、控えさせていただくが、実習生自身の今後の学生生活における課題も書かれていた。それは、前述にも書かせて頂いたが、自身の“コミュニケーション能力”だった。学生同士のコミュニケーションと、社会人同士または買い手と売り手のコミュニケーションは比べられないくらい後者の方が険しく難しいものがあるということを、この実習中に認識した結果の吐露であると、この謝辞の文章中から私は感じ取った。その実習生が残りの学生生活のなかで、自分の課題である“コミュニケーション能力”をいかに、そしてどのように向上させるかは本人次第ではあるが、当院の動物病院実習を経て、大事なことを感じ取り、それを克服しようと気づけたことは非常に喜ばしいことであると思う。

 

 

今回の一件は、我々にとっても、そして実習生にとっても互いに良い経験をさせてもらったと思う。毎回の実習生はそうではありませんが。参考までに。。。

 

 

 

 

【ひとりごと】今期もよくがんばりました自分

広告

Read Full Post »

昨日は動物病院実習に来てくれていた北里大学獣医学生の最後の実習日でした。合計で5日間も実習してくれていましたし、4日目、5日目は「自ら考えて」動いてくれていたので、すごく助かりました。ありがとうございます。5日間連続の実習で、朝早くからだったので大変だっと思いますが、しっかり実習を受けてくれていたので、こちらも楽しかったです。

 

「自ら考えて」・・・これはその獣医学生のポテンシャルもそうですが、松波動物病院メディカルセンターが提供できる実習スタイルとも言って良いと思います。それは実習システムが充実している云々言いませんが、実習生へのフォローを特に若い獣医師にしてもらっています。当院の場合、若手の獣医師が一番忙しいです。それはどこでもそうかもしれませんが、特に当院はそうだと思います。その理由はいつか言いますね笑。当院は、獣医師の数が合計で二桁所属する動物病院ですので、言い方悪いかもしれませんが「探せばいくらでも仕事がある」動物病院でもあります。そんななかで、若手の獣医師に、特に新卒の獣医師に実習生を担当させるシステムは、双方にとってもメリットがあると思って、このようなシステムを敷かせていただいています。双方へのメリットについては後述します。

 

連続で3日以上実習してくれる獣医学生のほとんどは、当院の「下仕事」を徹底的に学んで実習を終えていかれます。重要なのは、最初の1日目および2日目で新人獣医師が徹底的に実習生をフォローします。具体的な業務は、備品のストック補充、各診察室や入院室のお掃除、(保定)くらいではありますが、さらに重要なのは、繰り返しになりますが「自ら考えて」仕事が出来るようなモチベーションを引き上げてあげれる仕組み作りです。それは、ベタでもほかありませんが、「見せて」「やらせて」「意見を言わせて」であり、また「真摯なコミュニケーション」が重要になってきます。幸いのことに、当院の新人獣医師は非常に明るく、コミュニケーション能力も高いので助かっています。

 

「教育」を語るつもりもありませんし、「指導」を語るつもりもありませんが、これだけ言えるのは「人を教育した・指導した経験」があるかないかも重要ですが、「人の価値を高めた・高めたいという経験」があるかないかが、さらに重要であると思っています。これが出来る人は、あなた自身もそうしてもらった経験があり、それはあなた自身の財産となって、今は誰かの為に活かしていると思います。当院の院長の松波自身、「獣医師として」はあまり重要視していません。「人として」の方が重要であると言います。

 

今回の獣医学生の実習を通じて、当院の新人獣医師とその実習生とのコミュニケーションを見守っていて思い感じたのは、「互いの価値を高めている」なと感じました。獣医学生は「動物病院実習」を通じて、当院の新人獣医師は「実習生へのフォロー」を通じて、教わり教えの関係で双方にメリットを生んだんだと思います。これは、何より互いの「経験」となり、今後の「学生生活」および「業務」に活かせていける経験だとも思いました。

 

【ひとりごと】どの時代もいっしょ。「やってもらったことはやってあげなきゃ」です

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。