Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘大学’

客観的に自分が置かれている立場や組織の評価というものを拝見したり拝聴したりするとき、何を思うのかは人それぞれであると思うが、私はいつも緊張している。良いように言えば真摯に、悪いように言えば適当にも。。。

 

 

先日当院に手紙が届いた。夏休みに動物病院実習に来ていた大学生からの御礼の手紙。そこに書かれていた内容は、ここ最近私が目にした耳にしたもののなかで、一番綺麗に書かれている手紙の内容だった。何をもって綺麗なのかと言うと、先述したように客観的な評価として私自身が為になったかどうかの度合いであり、この綺麗という評価は私自身の主観的なものであることは言うまでもない。。。以下に全文を(そのまま引用)。

 

 

 実習させて頂いた松波動物病院メディカルセンターは昭和49年に開院され、今年で41年目を迎える。地域に根差した医療を行い信頼と実績のある動物病院である。獣医師12名でそれぞれの専門を生かしながら看護師や受付などの全スタッフと協力して診察を行っている。
 院内はスタッフの人数も多く、検査機器などの医療設備も整っており高度な医療サービスを提供している二次診療のような特徴もあり、話しやすく親しみやすい地域に密着している小規模な動物病院のような特徴もあった。これだけの設備が揃っている動物病院は淡々と診察をこなしていくイメージがあったが、実習が始まり診察を見学させて頂くと飼い主とのコミュニケーションをとても大切にしていることがわかった。飼い主にどういう経緯で来院したのか、通院の場合は現状はどうなのかを自由に話をしてもらい、ところどころ質問し、飼い主が獣医師に伝えたいことを引出し、飼い主にわかりやすく、心のこもった説明をしていた。費用のことも考え、治療法もいくつか提案し飼い主と協力して治療を進めていくような感じであった。また診察だけでなくキンダーガーテンしつけ教室もあり、ペットと共に生活をしていくお手伝いをしている。
 真っ直ぐに向き合い心のこもった最高の医療を提供できるのは常に相手の立場にたち人それぞれの思いを自分に置き換え考えることができるからこそと思う。どんな最高の治療でも飼い主さんの負担が大きく家庭生活を苦しめてしまうものであればそれは最高の治療とはいえないということである。今回の実習で何よりも一番大切なことは“コミュニケーション”であるということを今更ながらに実感した。  

 

 

全文以上です。

 

 

当院で動物病院実習を経験した大学生の客観的評価ではあったが、私個人的には非常に良い経験をさせてもらった。外部からの客観的評価のなかでも大学生からの評価というものは、普遍的には特殊かつ稀な評価ではあると思うが、抽象的な言い方にはなるが【中立的な評価】に近いものがあると感じた。当院で従事している人間以外を対象にした時、外部からの評価は飼い主さま、取引先、周辺地域、その他(今回で言うところの大学生や専門学生)くらいである。そのなかでの大学生からの評価は機会も少ないし非常に稀であると思った。

 

 

また、この手紙には続きがある。謝辞である。そこはプライバシーポリシーに則り、控えさせていただくが、実習生自身の今後の学生生活における課題も書かれていた。それは、前述にも書かせて頂いたが、自身の“コミュニケーション能力”だった。学生同士のコミュニケーションと、社会人同士または買い手と売り手のコミュニケーションは比べられないくらい後者の方が険しく難しいものがあるということを、この実習中に認識した結果の吐露であると、この謝辞の文章中から私は感じ取った。その実習生が残りの学生生活のなかで、自分の課題である“コミュニケーション能力”をいかに、そしてどのように向上させるかは本人次第ではあるが、当院の動物病院実習を経て、大事なことを感じ取り、それを克服しようと気づけたことは非常に喜ばしいことであると思う。

 

 

今回の一件は、我々にとっても、そして実習生にとっても互いに良い経験をさせてもらったと思う。毎回の実習生はそうではありませんが。参考までに。。。

 

 

 

 

【ひとりごと】今期もよくがんばりました自分

広告

Read Full Post »

またまた日経からのネタです。今回は日経ビジネス。

 

「日本の大学に、『教養』を取り戻そう」

 

東京工業大学長の伊賀氏、同大学大学院教授・同リベラルアーツセンター長の桑子氏、文化人類学者の上田氏、そして池上彰氏の会談の内容がアップされていました。そもそもこの会談は、東京工業大学で、同学のリベラルアーツセンター設置記念講演「現代における“教養”とは」が開催され、池上彰氏がコーディネートしたという経緯で行われたとのことです。内容を一読していたければ、タイトルの意味がわかるかと思います。

 

リベラルアーツ、つまり教養について熱く語られていた内容となっていましたが、伊賀氏が述べられているように、「教養とは知識の本質」と僕も考えています。では僕らはどこで教養を学ぶのでしょうか。大学に進まれた人なら、大学なのではないでしょうか。また会談内容にも触れられていましたが、昔の日本、大正時代の頃、「大正教養主義」と言われていた時代があり、学生はゲーテを読んだりカントを読んだりして、理系文系にかかわらず、徹底的に「教養」武装をしていたという時代があったそうです。そして、今、大学での脱・教養への動き、そして専門化が進み、結果として「できる人間」「できて儲けられる人間」を育てる場になっている現状が、非常に問題視されているという。

 

そして話は、「理系」「文系」への話に。ここで話に挙がったのは、東日本大震災とそれに伴う津波、東京電力福島原発事故について。当時、それに関連する専門的なニュースのほとんどを理解できたのは、僕が理系だからだと思う。でも政治的なニュースに付いていくのは少々大変だった。そのことについても、この会談では触れられていて、ウェブやメディアでは、理系出身者と文系出身者との間に情報の分断が起き、理系の人が当然のように使っている用語が、文系のひとにはちんぷんかんぷん、ということがたくさんありました。また、官邸に呼ばれた理系の専門家が、政治家たちに問題点を理解させることができず、まったく機能しなかった、ということも。

 

「理系」にはコミュニケーションを、「文系」にはリテラシーを。

 

ここで注目すべきなのは、僕は「理系」出身者なので、突っ込んで話を進めていくと、はっきり言うと「理系」はわかりにくいのです。ここで登場する池上彰氏は、一見「理系」っぽく見えるが、卒業したのは慶応経済のバリバリの「文系」。また彼のブランド力の代名詞でもある「わかりやすさ」は特級品であると思います。彼が「理系」の代弁者となってくれているとも思えるくらいですし、感謝しなくてはいけませんね。「理系」の人には、理系的な知識のない「文系」の人にも専門情報をわかってもらえるような説明やコミュニケーションの能力が必要なのです。「専門バカにはなってはいけない」ということです。そのためにも、教養は絶対的に必要であり、大学で教養をサボった・脱教養の大学で過ごした方は、いまから勉強するべきだと思います。女性に「教養が無い人ね」と言われる前にwww

 

会談でも出てくるフレーズ「教養が無い人ね」、ですが、仮に女性から言われてショックでは無い人はいるのでしょうか?僕なら死にたくなります。人間臭い話ではありますが、教養は自分を守ってくれる(大正教養主義ではありませんが)一方で、武器にもなるということ。男女間でのコミュニケーションのネタになりますしね笑。記事にも紹介されているように、女性から得られる情報や感覚は「発想の創造力」にも大いに繋がりますしね。とにかく、多くの人に触れて、いろいろ学べということです。専門分野にいる人は、コミュニティーというよりもコロニーを重要視する傾向にあるので、ご注意を。それで良ければ良いのですが。

 

【ひとりごと】女性は感覚派

Read Full Post »

長崎大学医学部の池田先生の記事をシェア。

 

私が症例報告を書き続ける理由(日経メディカルより)

 

僕も所属する日本糖尿病学会や日本肝臓学会でも近年大規模試験よりも小規模試験の数が目立ってきましたし、症例報告も多く目にする機会が出てきました。その理由としては、本記事でも池田先生が示唆されているように、オンラインジャーナルが増えてきたことが、症例報告でも論文として受理される確率が上がったのだと思います。またそれらオンラインジャーナルは無料でDL出来るものが殆どです(執筆者は数百ドル徴収されますが笑)。

 

医学分野では、その流れになってきてオンラインジャーナルのインパクトファクター(論文のレベル的な数値)も上がってきているという報告をLancetでも先日目にしました。ちなみに獣医業界は症例報告が昔から今も圧倒的に多いので、上記流れとは少し違います。

 

苦言を言うつもりはないですが、獣医臨床は、大規模試験でさえも出来ていない分野であるので(大学頑張れ)、症例報告の価値が軽く見られているようにも感じますし、多いなら多いなりに、もっとジャーナルに投稿する癖を付けたら良いのだとも思います(僕は今臨床研究に関して3本執筆中)。ですが獣医業界に関しては、症例報告が受理されにくくなってきている傾向があるので、コレもまた医学分野とは少し違いますね。

 

日本の獣医学分野が世界にアピールできるのは、やはり感染症や公衆衛生といった疫学に頑張ってもらうしか無いのでしょうかね。

 

松波動物病院メディカルセンター
松波登記臣 D.V.M., Ph.D

Read Full Post »

少し前に、「専門医の在り方に関する検討会」について記事を書きました。

 

近年、専門医の在り方、について問われている。
理由は、上記blog記事を、読んで頂きたいと思う。

 

専門医の在り方に関する検討会というのは、厚労省が立ち上げた委員会の一つ。ここでは、(1)求められる専門医像、(2)医師の質の一層の向上、(3)地域医療の安定的確保、(4)その他、が検討されている。

 

その検討会の続報が、今回の記事である。

 

厚生労働省は11月4日、第2回となる「専門医の在り方に関する検討会」を開催。その席上、日本専門医制評価・認定機構理事長の池田康夫氏は、現在同機構で議論を進めている制度改革について報告した。

 

池田氏はまず、現在の専門医制度について、(1)専門医制度が乱立し、制度の統一性や専門医の質の担保に疑念が生じることになった(2)基本領域を担う専門医と、特殊領域の高度な技術・技能に特化した専門医とで「専門医」の意味が異なる、(3)専門医育成のプログラムが確立しておらず、臨床力本位の認定 になっていない-ことなどを問題点として指摘した。

 

解決策として、医師による自立的制度として運営することを前提に、(1)個別学会ではなく、消化器、呼吸器といった診療領域単位の専門医制度とする、(2)基本領域とサブスペシャリティーの2段階制にする、(3)専門医の認定は学会から独立した中立的第三者機関が行う、(4)研修プログラムと研修施設の評価・認定システムを構築する-の5点を基本設計とした専門医制度の創設を提言したほか、現在の基本18領域の専門医に加えて、名前は仮称ながら総合診療やかかりつけ医のための「総合診療医」を基本領域に新設する考えを示した。

 

新たに設立する中立的第三者機関は、日本医学会日本医師会、病院団体、全国医学部長病院長会議、学識経験者などから構成され、専門医の認定と、研修プログラムや研修施設の評価・認定に携わる。既に300人近い調査員を試行的に医療機関に派遣し、評価を行っているという。

 

個別学会での専門医および認定医制度の認定は、非常に不透明であり、学術の横断的コミュニケーションを阻害する。第三者機関という新たなステークホルダーによる客観的な評価と専門医制度の認定は、学術の向上は勿論だが、関係してくる医療従事者にも幅を持たせることになるだろう。

 

松波動物病院メディカルセンター
獣医学博士 松波登記臣

Read Full Post »

今日はいろいろ呟いた。
なので、久しぶりにまとめてみようかと思いました。

今日CAPに「専門医と博士号」というタイトルのコラムが掲載されていた。
学生さんは絶対必読だと思ったし、認定医や専門医を目指している先生方にも
一読して頂きたい内容でもあると思いました。是非。

なんで日本で専門医が根付かないのか?
また専門医と博士号取得者である研究者と、協働出来ないのか?などの理由が書いてある。
専門医と研究者とが、上手に協働出来ているアメリカでの話が、特に興味深いです。

「重箱」の横を掌握するのが専門医で、「重箱」の縦を掌握するのが研究者。
共に研究開発をしていき、学術に寄与し、患者にイノベーションを提供していくことが、
正しい関係性であり、理想像でもある。

では日本での現状は??答えはNOですね。

専門医も研究者も、互いに求め合っていかなければならない 貴重な存在。
博士号取得者→専門医の流れが全く無い日本において、
専門医や認定医と研究者との協働なんか出来やしないのかもしれません。
海外における関係性は、そもそも専門医も、元研究者であることが、大前提なのだから。

互いに研究頭を持っているからこそ、専門医は臨床現場で足りないものを、
研究者と一緒に「研究開発」していき、それがイノベーションとなって、
世の中に影響を与えることが出来るのです。

日本における専門医や認定医を否定するわけではないが、
その中で大学関係者を除いた臨床家の先生方が、
どれだけ研究者の先生方と協働しているのでしょうか。
成果はどれほどのものなのでしょうか。
それを果たしていなくて、専門医、認定医と名乗れるものなのでしょうか。

専門医や認定医を取ることが、ステータスと考えている先生方がおられるなら、
それはそれで結構でしょう。日本においては、いづれも公的な資格ではないの で、
勝手ではありますが、資格を取得するという行為自体、
馬鹿でかい十字架を背負うことと同様なことであるということだけは、理解して頂きたい。

Read Full Post »

公衆衛生(Pubulic Health)

集団の健康の分析に基づく地域全体の健康への脅威を扱う。
健康は多くの機関により、さまざまに定義されている。

疾病の実態調査の標準を設定・提供する国際連合の機関である世界保健機関は、
健康を「身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、
たんに病気あるいは虚弱でないことではない」と定義している。

公衆衛生は多くの分野からなる。
しかし典型的な区分としては疫学、生物統計学、医療制度がある。
環境・社会・行動衛生、職業衛生も、重要な分野である。

世界保健機関は公衆衛生を
「組織された地域社会の努力を通して、疾病を予防し、生命を延長し、
身体的、精神的機能の増進をはかる科学であり技術である」と定義している。

臨床医学が個人水準で健康を扱うのに対して、公衆衛生は社会水準で健康を取り扱う。
例えば、生活習慣病対策伝染病(感染症)予防・公害対策・
上水道・下水道・食品衛生など社会保障の基礎となる分野について研究する。

以上、我々獣医師および獣医学生は、
公衆衛生学について十分な知識を備えていなければいけない。

感染症はもちろんではあるが、人および動物における生活に直結する病気においても同様にである。現場が違うから、畑が違うからでは、済まされない分野が、あるということを、意識し、取り組んでいけるという前向きな気持こそが、自分の限界を突破することが出来る、一番近い近道かもしれない。

松波動物病院メディカルセンター
獣医学博士 松波登記臣

Read Full Post »

人によって情報収集の仕方は違うはず。

私は獣医師、そして研究者なので獣医学または医学系に特化した収集を行っています。

これだけやれば十分?

まだまだですね。上記で紹介したことは全てネット上のもの。

あとは足で稼ぐ。

近場から、遠いところまで。

研究においては、他の大学や研究機関、そして学会やシンポジウムetc。

多くを学ぶ場が、自分の分野には転がっている。

それは僕だけの分野だけではなく、あなたの分野でも同様に。

時間が平等にあるように、勉強する場所も、そうだと思います。

そして、

収集したことを、勉強したことを、まとめて報告するということも、

全員が出来る。そして全員にしてあげる。

多くの情報を、多くの人達と、共有することで、

拡がる、繋がる、人々や想い。

大事だと思います。

Read Full Post »

Older Posts »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。