Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘名古屋’

客観的に自分が置かれている立場や組織の評価というものを拝見したり拝聴したりするとき、何を思うのかは人それぞれであると思うが、私はいつも緊張している。良いように言えば真摯に、悪いように言えば適当にも。。。

 

 

先日当院に手紙が届いた。夏休みに動物病院実習に来ていた大学生からの御礼の手紙。そこに書かれていた内容は、ここ最近私が目にした耳にしたもののなかで、一番綺麗に書かれている手紙の内容だった。何をもって綺麗なのかと言うと、先述したように客観的な評価として私自身が為になったかどうかの度合いであり、この綺麗という評価は私自身の主観的なものであることは言うまでもない。。。以下に全文を(そのまま引用)。

 

 

 実習させて頂いた松波動物病院メディカルセンターは昭和49年に開院され、今年で41年目を迎える。地域に根差した医療を行い信頼と実績のある動物病院である。獣医師12名でそれぞれの専門を生かしながら看護師や受付などの全スタッフと協力して診察を行っている。
 院内はスタッフの人数も多く、検査機器などの医療設備も整っており高度な医療サービスを提供している二次診療のような特徴もあり、話しやすく親しみやすい地域に密着している小規模な動物病院のような特徴もあった。これだけの設備が揃っている動物病院は淡々と診察をこなしていくイメージがあったが、実習が始まり診察を見学させて頂くと飼い主とのコミュニケーションをとても大切にしていることがわかった。飼い主にどういう経緯で来院したのか、通院の場合は現状はどうなのかを自由に話をしてもらい、ところどころ質問し、飼い主が獣医師に伝えたいことを引出し、飼い主にわかりやすく、心のこもった説明をしていた。費用のことも考え、治療法もいくつか提案し飼い主と協力して治療を進めていくような感じであった。また診察だけでなくキンダーガーテンしつけ教室もあり、ペットと共に生活をしていくお手伝いをしている。
 真っ直ぐに向き合い心のこもった最高の医療を提供できるのは常に相手の立場にたち人それぞれの思いを自分に置き換え考えることができるからこそと思う。どんな最高の治療でも飼い主さんの負担が大きく家庭生活を苦しめてしまうものであればそれは最高の治療とはいえないということである。今回の実習で何よりも一番大切なことは“コミュニケーション”であるということを今更ながらに実感した。  

 

 

全文以上です。

 

 

当院で動物病院実習を経験した大学生の客観的評価ではあったが、私個人的には非常に良い経験をさせてもらった。外部からの客観的評価のなかでも大学生からの評価というものは、普遍的には特殊かつ稀な評価ではあると思うが、抽象的な言い方にはなるが【中立的な評価】に近いものがあると感じた。当院で従事している人間以外を対象にした時、外部からの評価は飼い主さま、取引先、周辺地域、その他(今回で言うところの大学生や専門学生)くらいである。そのなかでの大学生からの評価は機会も少ないし非常に稀であると思った。

 

 

また、この手紙には続きがある。謝辞である。そこはプライバシーポリシーに則り、控えさせていただくが、実習生自身の今後の学生生活における課題も書かれていた。それは、前述にも書かせて頂いたが、自身の“コミュニケーション能力”だった。学生同士のコミュニケーションと、社会人同士または買い手と売り手のコミュニケーションは比べられないくらい後者の方が険しく難しいものがあるということを、この実習中に認識した結果の吐露であると、この謝辞の文章中から私は感じ取った。その実習生が残りの学生生活のなかで、自分の課題である“コミュニケーション能力”をいかに、そしてどのように向上させるかは本人次第ではあるが、当院の動物病院実習を経て、大事なことを感じ取り、それを克服しようと気づけたことは非常に喜ばしいことであると思う。

 

 

今回の一件は、我々にとっても、そして実習生にとっても互いに良い経験をさせてもらったと思う。毎回の実習生はそうではありませんが。参考までに。。。

 

 

 

 

【ひとりごと】今期もよくがんばりました自分

広告

Read Full Post »

先週の大雪の中、横浜で開催されました日本獣医内科学アカデミーで発表してきました。昨年に引き続き2回目でしたが、やはり獣医内科学のなかで日本一の学会ですね、演題数も多くて講師陣も内容もかなり充実していて楽しかったです。

 

 

スクリーンショット 2014-02-12 1.11.41

 

でもとにかく寒かったぁぁぁ〜〜。会場はパシフィコ横浜でしたので、桜木町みなとみらいは雪で真っ白・・・真っ白どころじゃなかったですね、猛吹雪・・・。ブリザードでした。多くの先生方もこんなみなとみらいは見たことがないという状況かつ交通機関にも影響は出るわ出るわで、みなとみらいに到着できなかった先生もいたそうで、会えなかった先生もいました。残念。。。

 

 

今回僕は猫の糖尿病で発表させていただきました。抄録は下の画像を参照ください。

 

 

スクリーンショット 2014-02-12 1.12.14

 

 

「猫のインスリン抵抗性糖尿病の戦略的早期発見へのアプローチ」というタイトルを付けさせて頂きました。仰々しいタイトルだな!って某先生には発表直前に言われるくらいのタイトルでしたが、しっかり発表してきました。ざっくり言うと、猫の糖尿病は人と同じように、1型と2型に分けられていて、多くは2型に分類されるんですけど、結果的に1型に転落してしまって重篤な症状になってしまいます(血糖値が全く下がらない)。そもそも人の1型っていうのは、遺伝性疾患といって糖尿病を生まれもっているタイプになります。なので猫のほとんどは生まれもって糖尿病の子はいなくて、人の2型のように生活習慣や基礎疾患(元々ある病気)がきっかけで糖尿病になるので、正確には1型とは言わないんですよね。だから猫の多くは2型発症といわれています。でも2型糖尿病の状態で診断できる確率は低く、インスリン注射が絶対必要な1型みたいになっちゃうので、早く2型の状態で早期発見できたら良いなぁということで、このタイトルになりました。その2型糖尿病を猫では「インスリン抵抗性糖尿病」と言っていて、このインスリン抵抗性糖尿病のときに発見および診断できると、予後が良好という結果になる確率が上がるので、何とか早く見つけてあげたいんですよね。

 

 

これ以上難しいことを書いてもわからないのでやめておきます笑。でも猫ちゃんが糖尿病になる確率が、全疾患のなかでも徐々に増えてきているのでこれからも予防や啓蒙啓発はし続けないといけないと思っています。なので常日頃からの健康診断は受けておいたほうが良いと思いますよ。また先述しましたように、何かしらの病気(基礎疾患といいます)を持っている猫ちゃんは、その病気が発端で糖尿病になってしまうことも分かってきているので、注意が必要です。

 

 

肥満、高脂血症、甲状腺機能亢進症、副腎皮質機能亢進症、膵炎、ステロイド使用、感染症などは注意が必要なので、今これらの病気を持っている猫ちゃんは、しっかり基礎疾患を治しましょうね。がんばろー!!

 

 

本題に戻りますが、今回の発表は臨床研究というジャンルで発表しました(多くは症例発表←一つ一つ病気に検討する形式)ので、大学関係者の先生方が勢ぞろいしてくれました。。プレッシャーもありましたが、ほとんどの先生方は顔見知りなので変な安心感もありました笑。自分も症例発表よりも臨床研究向きでもあるので、これまでも臨床研究の発表しかしていないので楽しかったです。これからもガッツりやっていきたいと思っています。先述しましたように、今の時代、猫ちゃんの糖尿病は増え続けているので、未然に防いであげるためにもっともっと勢力的に発表を行ったりしていきたいと思っています。昨年は雑誌にも多く取り上げていただきましたし、今年もその掲載予定はしばらく続くので、執筆も頑張っていきたいと思います。よろしくおねがいします!!!

 

 

【ひとりごと】お困りの方はいつでもお声がけ下さいね。

Read Full Post »

名古屋のタウン誌「まちラブ」当院が掲載されました。名古屋の出版社である株式会社GAINさんが発刊している年に数回しか出ない雑誌ですが、人気雑誌「KELLY」も取り扱う会社さんなので知名度・注目度は名古屋でも群を抜いています。非常に有難いことです!!多謝!!

 

 

 

 

うちの掲載ページはこんな感じになっています。おっ!愛犬ヴィンセントもちゃっかり写ってる!!笑。にしてもしかめっ面だwww そんなヴィンセントも今は療養中ということで、そんな感じで今日は終りですっ!!

 

是非ご覧になっていただくと嬉しく思います。宜しくお願い申し上げます!!

 

【ひとりごと】ゲインの皆様、心より感謝申し上げます。

Read Full Post »

名古屋の経済誌「時局」にまたコラムを書かして頂きました。

 

 

もしお時間よろしければ、ご覧になってみてください。

 

【ひとりごと】この繰り返しで養ったことは無限大でした

Read Full Post »

おはようございます。
今日はお仕事お休みです。

 

一昨日から昨日にかけて、
日本大学獣医学科から
寺内宏光(テラウチヒロミツ)君が、
当院に実習に来てくれていました。

 

まずは、彼が、自身のブログで、
当院で実習をし終わった体験&感想を、
紹介してくれていました。感謝。

終わりました、病院実習

 

まずは、ありがとう。
そこで、このブログ記事に書いてあった、
とあるフレーズが個人的に、気に入りました。

「獣医師であるだけでなく社会人として総合的に学んでいきたいって人にオススメの病院でした。」

 

これは僕の持論ですが、
獣医師というのは、ただ国家資格「獣医師免許」を持った人間、なだけです。
かなり過激な発言ではありますが、正直そう思います。

 

僕は、真面目な人間です。
常に「仕事とは?」を考えています。

 

有名な話ですが、「労働における五つの次元」のお話です。

①生理的な次元
②心理的な次元
③社会的な次元
④経済的な次元
⑤政治的な次元
上記五つの次元は、それぞれまったく別種のもの。
ではあるが、全て、社会人なら考えて・備えて、いなければいけないもの。

 

こちらも、有名は話(出処は忘れました)。
戦略とは「われわれの事業(仕事)とは何か、何になるのか、何であるべきか」という問いへの答え。社会人は、常に、このことを意識していなければいけない。


尊敬する作家、司馬遼太郎は、
二十一世紀に生きる君たちへ」で、こう書いています。

 

人間は、助け合って生きているのである。
私は、人という文字を見るとき、しばしば感動する。
ななめの画がたがいに支えあって、構成されているのである。
そのことでも分かるように、人間は、社会をつくって生きている。
社会とは、支え合う仕組みということである。

 

社会人・・・ですよ、僕は。うちのスタッフ全員は。

 

寺内君が紹介してくれたフレーズ・・・

「獣医師であるだけでなく社会人として総合的に学んでいきたいって人にオススメの病院でした。」

 

違和感ありますよね。獣医師は、社会人じゃないのか・・・という・・・
このニュアンスの意味は、もしかしたら同業者しか、わからないのかも・・・

 

寺内くんは、当院のことを、かなりの客観的な視野で、観察してくれました。
寺内くんが、当院の二日間の実習で、考え、感じてくれたことは、
私にとっては、財産そのものです。本当に、ありがとう。

獣医学生の実習は随時受け付けています。

 

 

松波動物病院メディカルセンター
松波登記臣 DVM.,Ph.D

当院Twitter
当院Facebook

Read Full Post »

久しぶりの更新になります。

 

ここ2日間、当院松波動物病院メディカルセンターに実習生が来てくれていました。
まだ3年生ではありますが、非常にやる気があり、こちら側も緊張して、業務に取り組むことが出来ました。

 

「本物のチーム力がみえてきました。」

 

またここ数日間、院内でのチームプレーが非常に調子が良いのです。

具体的に言いますと、

 

受付スタッフ→獣医師→動物看護師→獣医師→受付スタッフ

この一連の流れが、非常に素晴らしいのです。

 

一体感がある。

 

それを実感しながら、みんなが働いている。

 

そして、みんなで一連の作業に取り組み、成果を出している。

 

何よりも、飼い主さまが、喜んでくださる。

 

これ本物です。

 

松波動物病院メディカルセンター
獣医師・獣医学博士 松波登記臣

Read Full Post »

こんばんは。

地味に更新していますブログ記事。
今日は松波動物病院の院長についてです。

院長の前に父親であり、
自分の口癖でもある「知の探求」は父親から受け継いだと確信するくらい勉強熱心です。

勉強熱心といっても、獣医学術だけではなく、
一般常識、男の嗜み的なことまで、バラエティーに富んでいます。
さらに、ボキャブラリーも旺盛で、その理由は人脈の広さが物語っているかと。

同業者は勿論、他業界の方々とのお付き合いも大事にしている姿は、
今の自分と重なることもしばしば。

「人は人によって成長させられる」

この言葉は常に僕の心の片隅にあります。
もっと能動的にいけよ!と言われるかもしれません。
ですが、能動的にいった結果、そこで出会う方々に鍛えられるということを、
忘れていけないと思います。心から感謝申し上げます。

今日というなんでもない日に「ありがとう」と言える喜びは、
今日というかけがえの無い日に噛み締めながら言えた喜びは、
一生ものであると確信していおります。

Read Full Post »

Older Posts »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。