Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘助けあいジャパン’

とうとう明日13日開催!!助けあいジャパン チャリティセミナー 2012「BEソーシャル!」

 

前回書いたブログ「野田という男」でもご紹介しましたが、公益社団法人 助けあいジャパンの代表理事を務める野田祐機がチャリティーセミナーを開催致します。そのセミナー内容というのがとにかく豪華です。特別対談として、「復興の今」から見える、新しい社会の姿とインターネットの可能性、という題で助けあいジャパンの会長であるさとなおさんこと佐藤尚之氏株式会社Looops Communications CEO 斉藤徹氏の対談も行われます。

 

タイトルの「Bソーシャル!」は、自ら社会参加をすることと捉えていますが、受身よりも能動的に社会に貢献する世界を作れる・作っていける流れがこれからは重要になると思っています。また日本は経験しました、あの東日本大震災を。今僕らが不自由なく生活できているこの国、日本でいったい何が起こっているのでしょうか?被災にあった地域では、いまだに30万人の被災者たちがいるということ。そして、そこは今、日本で一番の問題と課題を抱え、生活者の人生や生命が懸かっています。先進国では唯一の大震災被災国である日本、これからの日本で起ころうとしている出来事は、世界が初めて目にする出来事であり、すべては社会的イノベーションのキッカケと成り得ることでしょう。その中心にいる方々が、明日集まり、そして語り明かします。お時間お有りの方は、是非ご参加ください。宜しくお願い申し上げます!!!

 

お申し込みはこちらから

 

イベント関連ブログおよびFacebookのご紹介

公益社団法人 助けあいジャパン 代表理事 野田祐機氏

公益社団法人 助けあいジャパン 会長 佐藤尚之氏

助けあいジャパンチャリティイベント2012ボランティアサポーター 野村謙次氏

プロブロガー イケダハヤト氏

公益社団法人 助けあいジャパンFacebookページ

 

【ひとりごと】行こう!最前線へ

広告

Read Full Post »

公益社団法人 助けあいジャパン

の代表理事を務めるのが、野田祐機(のだゆうき)さん(呼び名は野田ちん。)。

 

野田ちんとの付き合いはまだ短いけど、最高に好きな人の一人(変な意味ではないw)。互いに多くの共通項がある。まずは同い年ということ(同じ5月生まれ)。形態は違えど一組織の代表であるということ。そして互いの思想や目標、さらには夢を語り合える・刺激し合える良きライバルということ。そして大好きな共通の友人がいるということwww タイトル「7月23日」というブログ記事があります。僕はこの7月23日を「奇跡的な日」と命名しています。詳しくはブログを一読くださいませ。

 

今日のタイトル「野田という男」は、野田祐機を徹底解剖するのではなく、野田祐機が代表理事を務める「公益社団法人 助けあいジャパン」について簡単にご紹介させて頂きながら、タイトル通りの内容に仕上げてまいります。以下に助けあいジャパンのグランドビジョンを載せました。

1. 情報は水や食料と同じ大切なライフラインである。私たちは、サイト上での情報発信を中心に、民・官連携し、アイデア、行動力、そしてそれぞれの熱い想いをもって、東日本大震災で被災した人たちに「勇気」と「明日に向き合う気持ち」を送り続ける。

2. 少ない時間でもみんなが持ち寄って協働すればそこに新しいアクションやムーブメントが必ず起こせる。私たちは、ソーシャルメディアを中心に、支援したい人がタイムシェアして次々と参加できるまったく新しい「助けあいプラットフォーム」を創出し、みんなの「参加」のもと、この世の中をよりよい場所に作りかえていく。

3. 日本は災害大国である。いつ大災害があなたの住む場所に訪れないとも限らない。私たちは、この活動で得られる知見や人脈、想いなどを結集し、必ず起こるであろう次の大災害のための「備え」と「ネットワーク」を作り上げ、啓蒙し、発信し続けていく。

 

助けあいジャパンのサイトで僕が一番好きなメッセージページを紹介しました。そして、このメッセージを発信する組織の代表理事を務める男が野田祐機。今年、助けあいジャパンの立ち上げ人(現会長)である「さとなお」さんこと佐藤尚之さんからバトンと意志を受け継いだ男も野田祐機。そして今月11月13日(火)に、助けあいジャパンのチャリティセミナーを開催する男も野田祐機。そこで、助けあいジャパンからの活動報告やこれからの事業活動について熱くパッション全開で説明をする男も野田祐機。そして、多くのみなさまから、元気と勇気を欲しがっている男も野田祐機。そして、まだまだいろいろあるある男も野田祐機w

 

助けあいジャパン チャリティセミナー 2012「BEソーシャル!」
http://peatix.com/event/7509

 

上記チャリティーセミナーでは、株式会社Looops Communications CEO 斉藤 徹さんの講演、さらには助けあいジャパン会長さとなおさんとの特別対談も同時開催とのこと。これは行くしかない!!!ちなみにこのセミナー冒頭で挨拶をする男も野田祐機。

 

【ひとりごと】これこそタイトル通りの内容だ………続く

Read Full Post »

職業柄、なかなか夜更かしが出来ていないのでオリンピックが観れません泣!!でも今回のオリンピックですが、個人的にはなかなか面白い。とはいってもいつもドラマチックな物語があったりするので面白いんですけどね。やはり注目していたのが「北島康介3連覇」ですね。結果は、残念ながら100m・200mともにメダルに届かずでした。お疲れ様でした。同い年として、心より尊敬しています。

 

北島康介選手「自分に対しての挑戦」・・・このフレーズは、200mレース後にインタビューを受けていた北島康介選手が口にした言葉です。もう少し詳しく言うと、「メダルに届かなかったのは悔しいですが、この4年間は自分に対しての挑戦でした。」です。この言葉は、北島康介選手にしか言えない言葉であり、誰もが想像が出来ないくらいの喜怒哀楽が凝縮された言葉でもあると思いました。

 

この4年間、北島康介選手がどのような競泳活動を送ってこられたかは、僕にはわかりません。ですが、冒頭にも触れたとおり、同い年ということで、気にはなっていろいろ情報は集めていました。さらに、TVに出ていると必ず観るようにしていました(雑誌も見ていました)。そのタイミングタイミングで、いつも感じていたのが、北島康介選手の「本気」についてです。一言で言うと、「常に本気」。そんな彼に触発される僕はよくわかりませんが、先日書いたブログ「仲間の背中を押してあげたい」でも触れましたが、「本気の人は強い」のです。

 

「自分に対しての挑戦」は人ならそれぞれ持っていなければいけないと僕は思っています。このブログのモノサシでいうと、「自分に対しての挑戦」に「本気でやる」のか「本気でやらない」のかで、大きく違ってきます。何が違うかと言うと、人との関わり合いです。人との関わり合いが多くなればなるほど、関わっている人が抱く「本気」に触れることも出来ます。僕はこのような関わり合いを、心から愚直に素敵であると思っています。

 

先日、助けあいジャパンの代表理事の野田さんとご一緒したとき、彼から言われたことがあります(こないだの会合は人生で貴重なくらい貴重すぎるものだったので、本当に少ししか触れませんw)。「松波さんは、どこ目指していますか?」に対して僕が言ったのは、「僕のテーマは、どこのSNSのプロフィールにも書いてありますけど、『2050年の獣医師のあり方を考える』なんです。だから2050年を目指しています。つまり自分が69歳になった頃に、人生を振り返りたいと思っています。もっと早めに引退したいんですけどね笑。」と。その後、野田さんには「自分より10年先を見ている人に初めて出会いました。松波さんは本気ですね。。でも引退はしてはいけません笑。」と言って頂けました。

 

僕の「自分に対しての挑戦」は69歳まで続きます。その挑戦とは何か・・・「限界突破」。常に自分に新しい青春の風を吹かせ脱皮し続けること。

 

【ひとりごと】北島康介選手、お疲れ様でした。

Read Full Post »

これからの長い人生において奇跡的な日と言える記念日が誕生した。

 

7月23日

 

「クリエイティブの可能性」のリーダー、野村謙次が引きあわせた30歳の2人。

「助けあいジャパン」の代表理事、野田祐機(1982年5月生まれ)

「ベッツジャパン」の取締役、松波登記臣(1982年5月生まれ)

 

 

ジャパンの称号を背負う30歳の2人(両脇)が野村さん(中央)を囲む

 

ぶっ続けで話込んだ4時間は、被災地の話、ボランティアの話、NPOの話、公益社団法人の話、クリエイティブの可能性の話、助けあいジャパンの話、ベッツジャパンの話、コミュニティーの話、ローカルの話、カルチャーの話、芸術の話、新しい公共の話、世界を変える話、宇宙を背負う話、広告の話、ビジネスモデルの話、コミュニケーションの話、価値を高める話、教育の話、生きものの話、生物多様性の話、生物資源の話、サイエンスの話、獣医師の話、獣医学生の話、動物病院の話、家畜の話、ペットの話、獣医業界の話、ペットオーナーの話、企業の話、寄付金の話などなどなどなどをしていました。こうやって見てみると、日本どころか、世界どころか、宇宙変えれますね。宇宙背負って下さいねお二方とも笑。

 

 

 

【ひとりごと】頭少し出ていましたよ僕ら。前には何も無かったから。

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。