Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘企業’

仲良くしてもらっているとある獣医学生のブログから引用しましたが、彼は彼の就職活動を通じて考えたことをブログに執筆しておりました(タイトル就職活動を通しての考え事)。彼は一般企業をメインに就職活動をしていましたので、非常に興味深い内容になっております。ご興味がお有りの方は、是非ご覧くださいませ。

 

一般的な獣医学生の就職活動は、以前ブログにも書きましたが、動物病院などがメインとなっております(タイトル「獣医学生に伝えたいこと【就職活動】」)。動物病院に勤務する小動物獣医師が多いなか(タイトル「獣医学生に伝えたいこと【小動物獣医師】」)、上記でご紹介させて頂いたような一般企業向けの就職活動はレアになるかと思われます。僕自身も一般企業向けの就職活動を行っていた当時を振り返ると、レアな存在であったことは間違いありませんし、実際に就業もしていたこともありますので、彼が言わんとしていることは重々理解できます。

 

彼のブログは非常にコンパクトに単元別でまとまっており、「獣医学生としての就活」「企業を選ぶ基準」「就活で役に立った本」「最後に」というような感じで構成されています。またそれぞれの単元において、個人的には共感せざる得ない内容にもなっているところがありますし、彼と同世代または後輩に向けた熱いメッセージにのように感じることも出来ます。以下に、非常に興味深いフレーズや文言を勝手に紹介したいと思います。

 

獣医学生としての就活
(獣医学科に通う学生はどうも、世間を知らないがゆえに将来の選択肢を自分で狭めてしまっている人が多いように感じますしね。)

 

企業を選ぶ基準
(どの会社に行くべきなのか、何をするべきなのか、自分は何をしたいのかと考え始めました。)

 

最後に
(就活をするうえで、「想像力」の大切をすごく実感しました。この企業はどういう社風なのか、自分が働くイメージは、面接でどのような質問をされるのかetc…)

 

少しブログとは離れ、追記になりますが、彼がマスコミを受けていたときに感じた内容についてです。彼はブログの中で、「「情報を発信し拡散する力をもつ獣医師が、獣医業界にも社会にも必要だ」という考えがあったから」と言っており、さらには、「これだけではやっぱり弱かったんですね。」と付け加えていました。僕が思うに、これこそが「獣医師」としてのエゴイズム、つまり専門家としてのエゴなのではないだろうか、といつも思います(就職活動をしていた頃の僕もそうでした)。実際に、動物病院やら獣医師やらが関係ない場所で仕事をしていることもある今の自分としては、「如何に獣医師免許を使ってもらおうか」ということしか考えていません。当初は、「獣医師はこういう場所でも活きるんです」とか言ってましたけど、結局、僕の今のところの着地点は、「どうやってつかってもらうか」なのですね。クライアントに丸投げするというわけではありません。クライアントと一緒に考えることが大事なのです。彼のブログの最後でも触れられているように、「想像力」が大事なのかもしれませんね。「想像力」を用い、「創造力」を養う。これこそが、今後、我々に求められてくる能力の一つであることは、間違いないようです。

 

【ひとりごと】接客業をしている人間として言うけど、お客から話しかけられたら普通は、直立不動でしょ。

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。