Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘プレゼンテーション’

3日間お疲れした!!

 

小動物臨床獣医師になってから初めてのオーラルコミュニケーションでしたが、緊張ゼロで、質疑応答も余裕でこなせたのは、嬉しかったです。プレゼンテーションの時間もぴったし時間通りでした。プレゼンテーション体内時計はしっかり発動してくれていました。それと、今回勝手に課題としていたレーザーポインターの使い方は、衰えていなかったので、それもOKでしょう。もっともっと話ししたーいって思ったし、もっとレベルの高い質疑ってのを求めたくなったので、次はアカデミーに参加します。そして狙いますアワード。狙えるようにまずは抄録しっかり煮詰めなければ。。

 

今日はフラフラしながらの学会参加でしたが、気になる演題だけ見て回りました。キラーパス以上のキレキレな質問もしてきました。決していじめているわけではありません。僕の質問には、すべてメッセージが込められているんです実は♡。メッセージとは言っても、ある意味、お節介なことにしか過ぎませんがね。「あれはちゃんとやってくれよ!」って言うより、「あれはどうなんです?すごく大事だと思うんですけど」みたいな。。。ほんの少しだけ遠まわしにってことです笑。

 

僕が今日数回質問したなかでも、やっぱりなぁっていうか、ガッカリだなぁってのが何個かあった。これは、小動物臨床の先生方は、課題っすよ。生意気言いますが、これだけは聞いてください。病態メカニズムを知らないで、治療薬を処方するってどうなんです?目に見えない基礎疾患にはどうでもよくて、手術で取れちゃうような病変ばかり見ていていいんですか?それと疫学調査の結果を、病態メカニズムのエビデンスにしちゃっていいんですか?

 

クッシング症候群が胆嚢粘液嚢腫を発生させる要因っていうけど、それは疫学レベルだし、自分でもオッズ比とか言ってるくらいなのに、因果関係がありますって言い切ってる人に、具体的な病態メカニズムは?と聞いても答えてくれないって・・・正直勉強不足です。Pubmedでちょちょっと検索掛けてもそんなのは出てこないしね。分からないなりにでも、仮説くらいは言って欲しかったなぁって思った。肝臓内の脂肪酸の合成を亢進する高脂血症が要因とも言ってたけど、それは僕が専門としている分野なので、申し訳ないけれど全く当たっていませんでした。じゃあどこに書いてあるのか?それは論文中の考察とかにしか書いてないからね。それを読まずに参考文献にしちゃうところが、甘いんだよって話。勉強しなおしてきてください。

 

【ひとりごと】直接的な因果関係は無いけれど、クッシング症候群の時はステロイドの分泌量が豊富で各臓器が炎症性サイトカインや遊離脂肪酸などの攻撃を受けていることは必至(エビデンス有り)。さらに、アディポネクチンの減少、インスリンの過剰分泌、肝臓内の脂肪酸合成や酸化機序の破綻や、肝臓内外での血管内皮細胞への障害(一酸化炭素の減少など)も起こっていることから軽度の脂肪性肝炎(肝細胞の機能低下)、胆嚢炎、胆管炎の併発は明らか(エビデンス有り)。慢性経過をしていただろう胆泥症による胆汁排泄能の低下、ビリルビンの抱合不全なども兼ねあって、胆泥のムチン化が亢進することで粘液嚢腫様に(各エビデンスからの仮説への流れの一例)。

広告

Read Full Post »

毎日仕事をしているとき意識しているのは「わかりやすさ」。これって当たり前のことなんだけど、当たり前のことこそものすごく難しい。前の職場でも、如何に「わかりやすく」伝えられるかを意識して仕事をしていました。研究でもベンチャーでもフリーランスでもとにかく意識することを心がけていたので、多種多様な「わかりやすさ」というものが身についたと思う。そのおかげで、今はかなり楽しているように思えるのだが、先日自分が主催する院内セミナーを飼い主さまの前でやったときは、かなり苦労した。THE・プレゼンテーションを今までやってきて、商業的なプレゼンテーションをするのは久しぶりだったというのもあったので、勘が戻ってくるのに時間がかなり掛かった。

 

結果的には、楽しんでもらえたというアンケート結果を見て、ホッとしましたが「次はこーやってやろう」とか「やっぱりあれはこーだったほうがよかった」など『タラレバ』を繰り返していました。う〜〜ん、『タラレバ』をするくらい、あまり納得していなかったのは確か。今度はやるときは、ちゃんと練習しようと思う。けれど、良い効果測定も生まれたのは確か。それは同僚からの評価。僕の商業的なプレゼンテーションを観たのは初めて、という同僚も多かったので同僚からの「よかった」とか「エンターテイナー」とかいう意見は素直に嬉しかった。そのなかでも、「プレゼンテーションがクリエイティブ」って言われたのは意外だった。特に「クリエイティブ」を意識したつもりはないんのだけれど、そう捉えてくれた同僚もいたわけなので、ちゃんと観てくれてたんだなぁって思った。これまた嬉しい。

 

僕は「クリエイティブ≒創造性」であると思っている。決して=(イコール)ではなく、でも限りなく=(イコール)でもある。研究をバリバリやってた頃、自分は「モノづくり」をやっているとまで勘違いをしながら手を動かしていたことを思い出す。テーマが「糖尿病」とか「脂肪肝」とか俗にいう「メタボリックシンドローム」のモデル動物を作製していた経緯からいって、「モノづくり」は確かにやっていたと思う。そのとき、特に意識していたのは「わかりやすさ」よりも「どう自分のやった仕事が効果的に影響を与えられるのか?」だ。でも結局のところ、それも「わかりやすくやらなければいけない」という着地点があってこそのこと。こういうことを繰り返し考え、頭や手を動かしていた経験は価値あることになったなぁって思う。

 

今はFace to Faceの仕事が非常に多い。だからこそ、「わかりやすさ」が求められ、口から出るオモローな企画には「クリエイティブさ」が求められる。自分が歩んできた道、そしてこれから歩むべき道には、これらが散りばめられている。やりがいはものすごくある。非常に楽しみだ。

 

【ひとりごと】課外授業の企画を募集しています

Read Full Post »

僕ら獣医師にとって「学会」や「勉強会」では切っても切れないもの、それは、

プレゼンテーション です。

プレゼンテーションが初めから上手い人は多分いません。
上手くなっていくためには・・って話をする前に、
プレゼンテーションに関係する人間は、獣医師だけじゃなく、
一般企業にお勤めになっている企業人も同様にです。
一般企業では、ルーチンワークとしてプレゼンテーションが行われています。
なので、企業人は、やっぱりプレゼンテーションは上手いっす。

要は、「数」

研究者時代、多くの学会に参加し、多くの勉強会を主催し参加してきた自分としては、
プレゼンテーションは決して疎かにしてはいけないと思っています。理由は、

プレゼンテーションは「わかりやすさ」の究極 だからです。

「勉強会」に参加し、本気で勉強したいのなら、内容がわからないといけません。
「学会」に参加し、本気でディスカッションしたいのなら、内容がわからないといけません。

「わかりにくい」プレゼンテーションをする人は、僕にとっては「罪人」そのもの。
言い過ぎ?いや違う。自分のお金やら時間やらを利用して、参加していて、
「わかりにくい」得体の知れない内容を聞かされるって、本当に迷惑。

プレゼンテーションを数回したことがない人にこれを言うのはきついかも知れませんが、
多くの人が上記同様な感情を抱いたことは、一回どころではないはず。

数をこなす過程の中で、どれだけ「本気」で自分のプレゼンテーションに向き合ってきたか。
プレゼンテーションをすること自体、不安で不安で心配ならないくらい準備してきたことがあるか。
自分のプレゼンテーションのお手本となる人は何人いるのか。

僕自身も相当苦労しましたし、まだ勉強中です。
学会でプレゼンテーションに関係する賞など頂きましたが、まだまだです。
最近は、インターネットのお陰で、世界中のプレゼンテーションの様子を、
視聴することも可能です。TEDなんてそうですね。日本サイトはこちら
あとテレビなんて最高の教材です。池上彰さんなんて素晴らしい。
でんじろう先生も素晴らしい。

研究など、獣医学的など学術に特化したプレゼンテーションだからといって、
何も変わりはないと思っています。

自分の手を動かしてきた結果を、または自分が勉強してきたことを、発表する。
なんのために??「成果」に繋げるため、または「ディスカッション」するため。
そして情報を「共有」するために。それを達成するためには、やっぱり

「わかりやすく」ないとね。

松波動物病院メディカルセンター
獣医学博士 松波登記臣

Read Full Post »

最近ハマっているのが、ScribdSlideshare

これは両方とも、プレゼン資料が掲載されているサイトで、

海外のユーザーさんの資料も拝見することが出来ます。

もちろん自分の資料もアップ可能です。

もし宜しければ、フォローしてくださいね。

ScribdSlideshare

 

世界中の研究者やビジネスマンたちが資料をアップしている時代になりました。

すごい時代です。でもそんな時代ですよね。

どれだけの日本人ユーザーがいるのかは、わかりませんが、

あまり目にすることはありません。

サイトが英語だからと言っても、辞書引けば出来るので、是非挑戦してみてください。

 

今日は、ScribdとSlideshareから、それぞれ1つずつ、とある資料を紹介します。

What’s Next 2011

10 business models that rocked 2010

 

新年明けると、こういう資料はよく出てきますが、

これは面白い!と思ったので、皆様にシェアしたいと思いました。

2011年はどうなる?2010はどうだった?

 

皆様は、今年をどうしたいですか?

皆様の、去年はどうでしたか?

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。