Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘ブログ’

新進気鋭の学生団体School of Vision(SOV)からインタビューを受けて、その模様がSOVの公式サイトでローンチされるそうです。タイトルは、

 

獣医師 松波登記臣に人気ブログの気になること色々聞いてみよう!

 

です笑

 

僕がブログを書く理由とか、ブログの存在とか、いろいろ言っちゃっています。How To Tokio MatsunamiみたいなHow toコンテンツのようなものでしょうか、こうやって面白おかしく扱ってくれる若い子は面白いので、バンバン使ってもらおうかと思っています笑

 

毎週3つ?4つ?くらいのペースで更新されていくそうです。

 

【ひとりごと】某ブログサイトにアウトソーシングするかも

広告

Read Full Post »

Tokio Matsunami’s blog 9月の人気記事トップ5発表

 

No.1 聞くところによると来年度採用に獣医学生のエントリーがお盛んになっているそうな。

 

No.2 33 Ways to Stay Creative 〜クリエイティブになる方法33個〜

 

No.3 たかが80年くらい集中して走り抜けろ

 

No.4 獣医師「淘汰時代」好きだけでは食えないについて

 

No.5 活(かつ)、活(かつ)、活(かつ)ってウルサイな

 

総評


相変わらず「就活」ネタは強いの一言。個人的には嬉しかったのは、この3日で第5位にランクインした活(かつ)、活(かつ)、活(かつ)ってウルサイな。でもこれも「就活」ネタが入っていますね笑。毎月必ずランクインしてくる「就活」ネタ。最近書くことが滅法減ったにもかかわらず、書くとPV数がぐっと上がる。やはり、このブログは若い世代に見てもらっているのか、という考察をしてみると少し嬉しくなってくる。改めまして、ありがとうございます。また数カ月前の記事でありますが、これもやはり強い「獣医師「淘汰時代」好きだけでは食えないについて」。これが強い理由は、自分でもよくわかっていない。データ解析をしてみると、様々なところからアクセスされていることわかるのだが、多くのブロガーの皆さんに記事のリンクを貼ってもらっていることもその素因の一つであるかと思われます。

 

上記でも触れましたが、このTokio Matsunami’s blogは、多種多様な業界の方々に見てもらえている。それがPV数やUU数を増やしている理由の一つであると思いますが、僕個人的にも様々な業界にいらっしゃる多くの方々に見てもらえるほうが嬉しく思います(実際に「お気に入り」とか「フィード登録」が一番多い)。例えば、Googleで「獣医師 ブログ」と検索してもなかなか出てくることはありません。この検索方法は、個人的には少し芸がないなぁなんて思う時もあるんですけど、「WordPress 獣医師」と検索すると断トツでこのブログが出てきます。WordPressにこだわる理由は、不必要な広告などが嫌いということもありますが、アクセス数を無理矢理増やすような手段には頼りたくないという理由もあります。僕はブログで飯食っているわけでもないし、HPでも無いものには投資はしませんから。最近ちょこちょこ広告載せてください的な営業がきますが、全てお断りしています。「だから俺はブロガーじゃないって!」って言っていますが、最近は無視しています。

 

何というのでしょうかね、毎日数分の時間制限のもとで何かを書いて残しておく作業にハマっているというのが、このブログを毎日更新している理由の一つでもありますし、僕しか知っている情報なんてこの世のなかに存在しないってことをよく知ってるということじゃないですかね。それと、僕が書く文章というのは正直下手くそで劣悪なものなのかもしれません。そもそも僕は書くより読むほうが好きなんです。それに慣れるためにも、こうやって書きながら読みながらリアルタイムに感じることを大事にしていきたいなぁなんて思うわけです。自己満足・・・かもしれません。すみません。継続的に読んで頂いている方もいらっしゃるとおもうので、「いいね!」される数が少なかったら、この考え方やめちゃいます笑。いや…考え直します笑。

 

【ひとりごと】お袋から帝王学を学びました

Read Full Post »

5月27日付で企画した「ブログ連動企画」はこちら

 

前回、ヤナギにこの企画を振られて、以下の3名で実施。合計でかなりのPV数を稼げたので、「レギュラー化しましょう!」と言われ、次の企画担当が僕ということに。

 

●松波登記臣ブログ 松波動物病院勤務(日本大学出身)
https://tokiomatsunami.wordpress.com/
●寺内光宏ブログ 帯広畜産大学勤務(日本大学出身)
http://vetterra.wordpress.com/
●柳澤洋喜ブログ 農林水産省勤務(麻布大学出身)
http://ameblo.jp/v02132

 

前回のテーマが、「人生を変えた、あの人の、あのひと言」ということ。僕の記事はこちら。この連動企画の後、次々にこのテーマでブログを書いてた獣医師も獣医学生もいたということから、僕もオモローだなって思ったし、そのことをブログでも書いた(「音が弾ける」)。ということで、次のテーマを考え中。折角なので、人数も増やしたいところなので、勝手に増やしてみることにする。関係者さま、近々連絡入れまっせwww 僕が知っている限り、以下のブログで書かれてたので、ついでに紹介。

 

Read Full Post »

仲良くしてもらっているとある獣医学生のブログから引用しましたが、彼は彼の就職活動を通じて考えたことをブログに執筆しておりました(タイトル就職活動を通しての考え事)。彼は一般企業をメインに就職活動をしていましたので、非常に興味深い内容になっております。ご興味がお有りの方は、是非ご覧くださいませ。

 

一般的な獣医学生の就職活動は、以前ブログにも書きましたが、動物病院などがメインとなっております(タイトル「獣医学生に伝えたいこと【就職活動】」)。動物病院に勤務する小動物獣医師が多いなか(タイトル「獣医学生に伝えたいこと【小動物獣医師】」)、上記でご紹介させて頂いたような一般企業向けの就職活動はレアになるかと思われます。僕自身も一般企業向けの就職活動を行っていた当時を振り返ると、レアな存在であったことは間違いありませんし、実際に就業もしていたこともありますので、彼が言わんとしていることは重々理解できます。

 

彼のブログは非常にコンパクトに単元別でまとまっており、「獣医学生としての就活」「企業を選ぶ基準」「就活で役に立った本」「最後に」というような感じで構成されています。またそれぞれの単元において、個人的には共感せざる得ない内容にもなっているところがありますし、彼と同世代または後輩に向けた熱いメッセージにのように感じることも出来ます。以下に、非常に興味深いフレーズや文言を勝手に紹介したいと思います。

 

獣医学生としての就活
(獣医学科に通う学生はどうも、世間を知らないがゆえに将来の選択肢を自分で狭めてしまっている人が多いように感じますしね。)

 

企業を選ぶ基準
(どの会社に行くべきなのか、何をするべきなのか、自分は何をしたいのかと考え始めました。)

 

最後に
(就活をするうえで、「想像力」の大切をすごく実感しました。この企業はどういう社風なのか、自分が働くイメージは、面接でどのような質問をされるのかetc…)

 

少しブログとは離れ、追記になりますが、彼がマスコミを受けていたときに感じた内容についてです。彼はブログの中で、「「情報を発信し拡散する力をもつ獣医師が、獣医業界にも社会にも必要だ」という考えがあったから」と言っており、さらには、「これだけではやっぱり弱かったんですね。」と付け加えていました。僕が思うに、これこそが「獣医師」としてのエゴイズム、つまり専門家としてのエゴなのではないだろうか、といつも思います(就職活動をしていた頃の僕もそうでした)。実際に、動物病院やら獣医師やらが関係ない場所で仕事をしていることもある今の自分としては、「如何に獣医師免許を使ってもらおうか」ということしか考えていません。当初は、「獣医師はこういう場所でも活きるんです」とか言ってましたけど、結局、僕の今のところの着地点は、「どうやってつかってもらうか」なのですね。クライアントに丸投げするというわけではありません。クライアントと一緒に考えることが大事なのです。彼のブログの最後でも触れられているように、「想像力」が大事なのかもしれませんね。「想像力」を用い、「創造力」を養う。これこそが、今後、我々に求められてくる能力の一つであることは、間違いないようです。

 

【ひとりごと】接客業をしている人間として言うけど、お客から話しかけられたら普通は、直立不動でしょ。

Read Full Post »

おはようございます。
今日はお仕事お休みです。

 

一昨日から昨日にかけて、
日本大学獣医学科から
寺内宏光(テラウチヒロミツ)君が、
当院に実習に来てくれていました。

 

まずは、彼が、自身のブログで、
当院で実習をし終わった体験&感想を、
紹介してくれていました。感謝。

終わりました、病院実習

 

まずは、ありがとう。
そこで、このブログ記事に書いてあった、
とあるフレーズが個人的に、気に入りました。

「獣医師であるだけでなく社会人として総合的に学んでいきたいって人にオススメの病院でした。」

 

これは僕の持論ですが、
獣医師というのは、ただ国家資格「獣医師免許」を持った人間、なだけです。
かなり過激な発言ではありますが、正直そう思います。

 

僕は、真面目な人間です。
常に「仕事とは?」を考えています。

 

有名な話ですが、「労働における五つの次元」のお話です。

①生理的な次元
②心理的な次元
③社会的な次元
④経済的な次元
⑤政治的な次元
上記五つの次元は、それぞれまったく別種のもの。
ではあるが、全て、社会人なら考えて・備えて、いなければいけないもの。

 

こちらも、有名は話(出処は忘れました)。
戦略とは「われわれの事業(仕事)とは何か、何になるのか、何であるべきか」という問いへの答え。社会人は、常に、このことを意識していなければいけない。


尊敬する作家、司馬遼太郎は、
二十一世紀に生きる君たちへ」で、こう書いています。

 

人間は、助け合って生きているのである。
私は、人という文字を見るとき、しばしば感動する。
ななめの画がたがいに支えあって、構成されているのである。
そのことでも分かるように、人間は、社会をつくって生きている。
社会とは、支え合う仕組みということである。

 

社会人・・・ですよ、僕は。うちのスタッフ全員は。

 

寺内君が紹介してくれたフレーズ・・・

「獣医師であるだけでなく社会人として総合的に学んでいきたいって人にオススメの病院でした。」

 

違和感ありますよね。獣医師は、社会人じゃないのか・・・という・・・
このニュアンスの意味は、もしかしたら同業者しか、わからないのかも・・・

 

寺内くんは、当院のことを、かなりの客観的な視野で、観察してくれました。
寺内くんが、当院の二日間の実習で、考え、感じてくれたことは、
私にとっては、財産そのものです。本当に、ありがとう。

獣医学生の実習は随時受け付けています。

 

 

松波動物病院メディカルセンター
松波登記臣 DVM.,Ph.D

当院Twitter
当院Facebook

Read Full Post »

今日は今年最後の忘年会でした。

集まってくれた皆さんにまずは感謝申し上げます。

 

集まるべき仲間が集まった忘年会。

予想通り、熱く、そして深い、重みのある話が展開されました。

 

話が進んでいく。

それもものすごい重量感の話が。

そんななか、僕は、ある情景を思い出していました。

それは、アフリカにいた頃、立寄った湖(Lake Mblo)に映る夕日をです。

 

この頃の僕は、アフリカで参画していた家畜疾病のプロジェクトで、

満身創痍になりながら、仕事に打ち込んでいました。

この場では、多く語りはしませんが、相当、心身共に限界を迎えていました。

そんなとき、目にしたこの夕日。

一瞬のうちに、いままで抱え込んでいたものから解放され、

さらに、

日本に帰ったら、あんなこともしたい、こんなこともしたい

など、一瞬のうちに、多くの希望も、抱くようになりました。

一瞬のうちに、目まぐるしく多くの感情が左右されたことは、

今までに一度もありませんでした。

 

今日同席した若者は、とある大学の獣医学生さん。

彼の口から発せられる言葉は重く、さらに希望に満ち溢れていたと、

僕は感じて、聞いていました。

そんな彼を見つめていたときに、この夕日を、この情景を、

思い出していました。

 

これから彼は、多くの情報を集め、多くを学び、そして、

人と人とを繋いでいくことの楽しみを、知っていくことになると思います。

そして、

希望から使命に、意識が変わっていくことにもなると思います。

「やりたい」→「やらないといけない」

彼が「やらないといけないこと」を、僕に教えてくれる日が楽しみです。

彼にしか出来ないこと」になっている日まで、楽しみに待っています。

応援しています。

松波登記臣

Read Full Post »

先ほど今年の業務が終了し、終わった瞬間、何かに浸っていました。

何に浸っていたかは、正確にはわかりません。

おそらく言葉では、表現できないかと思います。

いつもと同じ時間に職場につき、デスクに座る。

PCに電源を入れ、メールをチェックをしてから、数件返信をする。

執筆中の論文や原稿の訂正をし、加筆を行う。

上司に頼まれていた事務書類に記入し、提出。

いつもと変わらない研究室で、いつもと変わらない学生が、研究に勤しむ。

その補助的作業をし、その後、打合せをする。

 

本当にいつもと変わらない一日でしたが、時間があっという間に過ぎ、

いつもより早く、業務が終了した。
唯一いつもと違っていたのが、業務中の意識がいつもと違っていました。

その意識というものも、言葉では、表現できないかと思います。

しかし、身体は感覚として、覚えています。

業務が終わった瞬間、何かに浸っていたものが、おそらく答えだろうかと。

この意識と感覚、来年の抱負とします。

今年もあと4日です。

 


今日みたいな良い天気の日は、極寒の冬山にいってみたい気分でもあります(笑)

Read Full Post »

Older Posts »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。