Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘バランス’

こんにちは。先日書いた記事「新人教育」の続きになります。

 

 

前回は「新人教育」をする側の心構えを私なりに書かせてもらいました。私がここ数年、部下や後輩らに接してきた経験から記したものですので、経験則からの多少の偏りはあるかもしれませんが、社会において教育を真摯に受け止められていらっしゃる方には、共通する思想は少しだけでも被っているのではないでしょうか。

 

 

今回は私が教育という抽象的な行動をし始めたばかりの頃の話をしたいと思います。

 

 

海外から帰ってきてから大学院に戻り、大学院生として研究をし始めたばかりの頃です。今から7年前くらいになるでしょうか。あの頃は、私自身の研究テーマを進める一方で、大学生の後輩たちに研究テーマを提供し、知識や技術を教授し、さらに卒業論文に向かわさせなければいけないという思いで、ものすごく必死に取り組んでいました。午前中は自分の実験を行い、そして論文を読み漁る。お昼すぎからは、大学の授業が終わる夕方までに後輩たちの研究テーマを復習予習し、夜まで後輩たちの実験に付き添い、そして夜から自分のデスクに戻り実験データをまとめ始め、論文を読みあさりながら自分の論文を執筆する。こう書き出してみますと、バランスよく取り組んでいるようにみえて、実際の力の入れようは自分が2割で後輩たちが8割くらい。非常にアンバランスな日々を過ごしていると感じながら、でもやり甲斐も感じながらの毎日を過ごしていました。

 

 

当時の私は、自分の実績よりも後輩たちが如何に楽しく実験をしてもらえるか。また、今この瞬間の経験をこの先に待っている社会に対応すべく経験と能力を養ってもらえれるかを重要視していました。極端な話、「自分よりも後輩たちを」の精神であったことは間違いありません。その研究生活を1年近く送っていた頃、自分の研究の進捗が予定通り進められていなくなっていたことは言うまでもなく、毎日が冷や汗かつ焦り、そしてプレッシャーの毎日でストレスフルでありました。そうなると、公私ともに何をやってもうまくいかない、理解してもらえない、成果を出されていない。。。

 

 

そんな底辺を這いずりまわっていた頃、尊敬する研究者でもあり、尊敬する教育者でもあるS先生に声を掛けてもらった際に、掛けられた言葉があります。それは、「バランス悪すぎ」というシンプルな一言でした。またそれに続いて、「君が今やっていることにがっかりしている。君一人で成り立っている社会はどこにもないということを認識しなさい。」とも。私は痛感しました。後輩たちのことに時間を割きすぎることで、私自身の上司とのコミュニケーションを疎かにしていたことも、さらに報連相も滞っていたことも、何より私の研究の進捗状況を現場のトップが理解していなかったことも。これらを整理して、理解したときは、本当に自分にがっかりしたことを、今でも昨日のように鮮明に覚えています。

 

 

「バランス悪すぎ」

 

 

良かれと思って取り組んでいたことが、自分をここまで追い詰めるとは思ってもいなかったことを、今だから冷静に思い返せれることもあります。勿論、その後はしっかりフォローできたと思っていますが、特に今回は触れることはしません。バランスを修正することは特に難しいことはなく、今まで目を向けていなかったところに目線を落とすだけで簡単に修正できます。今、経営者として部下に、そして獣医師として後輩の獣医師たちに、上記で経験したことは今活かされていると思っています。

 

 

誰かに何かを教えることを経験していない人が最も陥ることを挙げただけですが、上記でも紹介した「バランス」は人のものさしが十人十色であるように、人それぞれであります。ですが、他人から自分を眺められたとき、「あの人はバランスが取れている」もしくは「あの人の指導や教育の仕方には筋が通っている」と感じてもらえているなら、それはそれで成功なのではないでしょうか。

 

 

【ひとりごと】その渦中にいるときは、大事なことが見えないもの

広告

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。