Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘PR’ Category

1239025_583891095001528_863213317_n 533778_583891108334860_1276266107_n 1237108_583891141668190_1783965422_n 1185351_583891155001522_1851438984_n

先月9月中旬に当院の待合室の一角をリノベーションしました(^O^) リノベーションを担当してくださったのは、名古屋のデザイン事務所8(エイト)デザインさん。担当の8(ハチ)KAGUの五十嵐さんには本当にお世話になりました。心から御礼申し上げます。

 

 

動物病院の待合室とは思えないような空間を作りたかったわけではありませんが、このリノベーションのキッカケを作っていただいたのは、当院の大切な飼い主様たちでした。「空間をデザインする」と言うと、その道のプロのデザイナーさんらがいるわけですが、それは実務においては当たり前にお願いしているわけですが、この空間を本当の意味でデザインした、もしくは編集したのは飼い主様たちだと思っています。僕は会社を動物病院を経営する立場にいますが、会社経営も動物病院運営も長い時間を掛けながらデザインしていくものだと思っています。言い方が違えば「スタイリング」や「スタイル」と言うかもしれませんが、僕は「デザイン」にこだわっています。

 

 

動物病院を新しくしてからおよそ4年が経とうとしています(もうすぐ創立39周年です(^_^))。4年もの間、待合室が全く変わらないほうが逆に不自然だと思ってきたのが今春くらい。何かしらワクワクしてもらえるような、びっくりしてもらえるような、時間を潰してもらえるような(待ち時間は長いほうなので)空間を提供したいという想いで数ヶ月過ごしてきました。でも今までのデザインを損ねないように、大切な飼い主様に違和感を与えないように、そしてこれまで培った飼い主様とのコミュニケーションを当院の待合室でデザインできるようにを、常に心がけてデザイナーさんらと多くの時間を共有させて頂きました。僕の想いや大切にしていきたい想いは、これまで多くの飼い主様らと一緒に寄り添って養ったものそのもの。常に飼い主様らのお顔を浮かび上がらせながら、当院の今後の方針をデザインしていくことに集中しました。だから新しく出来上がった待合室の空間は、飼い主様たちと一緒にデザインしたと言っても過言ではないと思っています。本当にありがとうございます。

 

 

もう少しでリノベーションをしてから1ヶ月が経とうとしています。まだまだ周知期間ではありますが、多くの飼い主様らが新しい空間にお立ち寄り頂いています。本当に嬉しい限りです。このイノベーションに携わってくれた当院のスタッフにも本当に感謝しています。冒頭でも触れましたが、頭と手をフル回転してくださった8カグの皆様にも感謝しています。今後もリノベーションは続きますので、引き続き宜しくお願い申し上げます。最後にまた触れさせて頂きますが、この新しい空間をデザインできたのも、これまでコミュニケーションをさせて頂いてきた飼い主様らのおかげです。そして今後も違うカタチで、会社および動物病院経営をデザインさせて頂くときも飼い主様らのお顔を思い浮かび上がらせながら取り組んでいくのであろうと思います。と同時に僕自身も多くを学び、そして共有していくことでどんどんデザインに磨きを掛けていきたいと思っております。日々是精進ですね。

 

 

993448_537220053001966_836960735_n

こちらは当院のトリミングサロン専用のパンフレットです。デザインしてくださったのはクラッチonクラッチの水上さん。公私共にお世話になっている尊敬する名古屋のデザイナーさんです。このパンフレットも上記リノベーションと同様に、多くの方々の想いがデザインされたパンフレットになっています。当院にお越しの際は、このパンフレットを片手にリノベーションされた新しい待合室でゆっくりしていってもらいたいです。そんな素敵な動物病院(自分で言ってしまいましたが)を今後もスタッフみんなで盛り上げていきたいと思っています。今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

 

【ひとりごと】デザインは価値観。つまりみんなの価値観が詰まっています。

広告

Read Full Post »

今日Facebookでも言いましたけど、村上春樹の新作が00:00に発売されました。その模様がテレビ中継されていることに、やっぱり村上春樹は凄いんだなって思いさせられました。昨今、最もノーベル文学賞に近い日本人と言われ続けて数年が経ちますが、それほどの作家を日本は輩出したのだと言う事に、まずは誇りも持ちたいと思います。

 

前作「1Q84」が発売されたときは、テレビ中継はやっていなかったと思います(僕が知る限り)。それが今作はテレビ中継されるまでになったということに注目しているのですが、これが出版社のマーケティングなのか、外注先の広告代理店のマーケティングなのかはよくわかりませんが、作者は勿論のこと、作品の内容とともに、販促の部分も上手く変化してきているということが素晴らしいことではないでしょうか。村上春樹というブランドを毎回ぶっ壊しても、村上春樹ファンは増え続けています。一方で何人かは、「何か違う」と思って、離れていった方もいることでしょう。しかしながら出入りの割合は、圧倒的に「入り(新規顧客)」の方が上回ることは間違いないでしょう。でなければ、今の村上春樹は存在しません。

 

ブランドが変化をする目的のほとんどは、未開拓の顧客ターゲットを狙って新規顧客を保有することと同時に、今までの顧客に対してのロイヤリティの向上でもあります。それは企業の在り方を誇示していく目的でもあります。ベタですが、変化を求めなければ企業の成長は止まってしまうということです。商品ネーミング、商品内容、商品パッケージ、商品ラベルでも同じであり、変化をしていかなければ、企業には衰退の文字しか残りません。変化を恐れていては、何も出来ませんしね。変化を恐れていては、成長もあり得ませんからね。イノベーションは必要ですけど、まずは大風呂敷でも引いて、実験あるのみですよ。

 

って言いますけど、ブランドっていう言葉は、顧客が保有している言葉なんですよね。

 

【ひとりごと】ジョセフ・トリポディだね

Read Full Post »

index

松波動物病院メディカルセンターの公式LINE@アカウントサービスが始まりました!!

当院で開催しているセミナー情報やキャンペーン情報、ワンちゃんネコちゃんと生活をおくる上で嬉しい「豆知識」情報などを随時LINEでお届けしていきます。

今までLINEを活用されていない方も、是非この機会に登録していただき、お友達とのコミュニケーションツールの1つとしてLINEを加えてみてください。

☆★☆お友達登録はコチラから☆★☆

http://qr.line.naver.jp/line_at/m/matsunamiahmc.png

line_matsunamiahmc

 

Read Full Post »

少し前に新聞で面白い記事を読んだのでシェア。東京都のとある区が「日本一美味しい給食」を目指しているという記事。紙面だけだったので、早速調べてみたら東京都足立区だった。東京都足立区のサイトには、「おいしい給食」という特設ページが開設されていて、しっかりとした作り込みがされているなぁというのが第一印象でした。ネットサーフィンをしていくなかで、「ここはすごい取組みをしている」という思いが沸々と湧き出てきたのは、そう時間が掛かりませんでした。

 

足立区「おいしい給食」

 

おいしい給食基本理念

 

「おいしい給食」とは、味として「おいしい」と感じるだけでなく、自然の恵みや料理を作ってくれる人への感謝の気持ちや、給食の時間がより楽しく、心を豊かにすることができる「給食」と考えます。

また、からだにとって大切な食べ物を知り、選ぶことができる「給食」でもあります。足立区では「生きた教材」として、児童・生徒が食を学び、自から食べたくなり、思い出に残る「おいしい給食」を、学校、保護者、調理業者、農家等とともにめざしています。

おいしい給食事業はこの基本理念に基づき、「味」、「食材」、「献立」、「環境」の4つの項目から改善を図っています。

 

目的

(生きる力:生活習慣病予防)身体にとって大切な食べ物を知り、選ぶことができる。
(感謝の気持ち)自然の恵みや料理を作ってくれる人等への感謝の気持ちをもつ。
(給食時間の充実)給食の時間を楽しみ、意欲的に食べ、心を豊かにすることができる。
(残菜ゼロ)残菜率の低下

 

上記の内容は、本当に素晴らしい内容となっています。紙面で見る限り、これら理念に基づき、目的を果たすよう、勢力的に活動を実践しているそうです。また、足立区の小学校には1校につき1人の栄養士が配属されているそうで、この活動を通じて雇用も創出してるそうです。何より、その地域地域にある豊かな食物をその地域で消費する、つまり「地産地消」を徹底すること、そしてその「味」が美味しいこと、そして「食べ残し」を減らすこと、それら全てのことに「感謝」すること。この活動は、世界に誇れ、そして日本特有な「伝統」や「文化」、そして「食材」を世界にPRするチャンスでもあるなぁなんて思ってしまいました。別にTPP賛成と言っているわけではないですが、ビジネスモデル、精神論・文化論、さらには愛国心、そしてこのような「伝統文化」は世界にじゃるじゃる出しても、僕は良いと思っています。それは、「日本」からではく、「日本ローカル地域」から発信されることが、ものすごく大事なような気もします。

 

【ひとりごと】美味しい食に敵うものはない

Read Full Post »

名古屋のタウン誌「まちラブ」当院が掲載されました。名古屋の出版社である株式会社GAINさんが発刊している年に数回しか出ない雑誌ですが、人気雑誌「KELLY」も取り扱う会社さんなので知名度・注目度は名古屋でも群を抜いています。非常に有難いことです!!多謝!!

 

 

 

 

うちの掲載ページはこんな感じになっています。おっ!愛犬ヴィンセントもちゃっかり写ってる!!笑。にしてもしかめっ面だwww そんなヴィンセントも今は療養中ということで、そんな感じで今日は終りですっ!!

 

是非ご覧になっていただくと嬉しく思います。宜しくお願い申し上げます!!

 

【ひとりごと】ゲインの皆様、心より感謝申し上げます。

Read Full Post »

松波動物病院メディカルセンターのスマートフォン版のHPを開設しました。

 

プロダクションの方にはいつも感謝しています。ありがとうございました!!

 

【ひとりごと】システム増やすと、出来ること無限大∞

Read Full Post »

名古屋の経済誌「時局」にまたコラムを書かして頂きました。

 

 

もしお時間よろしければ、ご覧になってみてください。

 

【ひとりごと】この繰り返しで養ったことは無限大でした

Read Full Post »

Older Posts »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。