Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘研究’ Category

こんにちは。先日書いた記事「新人教育」の続きになります。

 

 

前回は「新人教育」をする側の心構えを私なりに書かせてもらいました。私がここ数年、部下や後輩らに接してきた経験から記したものですので、経験則からの多少の偏りはあるかもしれませんが、社会において教育を真摯に受け止められていらっしゃる方には、共通する思想は少しだけでも被っているのではないでしょうか。

 

 

今回は私が教育という抽象的な行動をし始めたばかりの頃の話をしたいと思います。

 

 

海外から帰ってきてから大学院に戻り、大学院生として研究をし始めたばかりの頃です。今から7年前くらいになるでしょうか。あの頃は、私自身の研究テーマを進める一方で、大学生の後輩たちに研究テーマを提供し、知識や技術を教授し、さらに卒業論文に向かわさせなければいけないという思いで、ものすごく必死に取り組んでいました。午前中は自分の実験を行い、そして論文を読み漁る。お昼すぎからは、大学の授業が終わる夕方までに後輩たちの研究テーマを復習予習し、夜まで後輩たちの実験に付き添い、そして夜から自分のデスクに戻り実験データをまとめ始め、論文を読みあさりながら自分の論文を執筆する。こう書き出してみますと、バランスよく取り組んでいるようにみえて、実際の力の入れようは自分が2割で後輩たちが8割くらい。非常にアンバランスな日々を過ごしていると感じながら、でもやり甲斐も感じながらの毎日を過ごしていました。

 

 

当時の私は、自分の実績よりも後輩たちが如何に楽しく実験をしてもらえるか。また、今この瞬間の経験をこの先に待っている社会に対応すべく経験と能力を養ってもらえれるかを重要視していました。極端な話、「自分よりも後輩たちを」の精神であったことは間違いありません。その研究生活を1年近く送っていた頃、自分の研究の進捗が予定通り進められていなくなっていたことは言うまでもなく、毎日が冷や汗かつ焦り、そしてプレッシャーの毎日でストレスフルでありました。そうなると、公私ともに何をやってもうまくいかない、理解してもらえない、成果を出されていない。。。

 

 

そんな底辺を這いずりまわっていた頃、尊敬する研究者でもあり、尊敬する教育者でもあるS先生に声を掛けてもらった際に、掛けられた言葉があります。それは、「バランス悪すぎ」というシンプルな一言でした。またそれに続いて、「君が今やっていることにがっかりしている。君一人で成り立っている社会はどこにもないということを認識しなさい。」とも。私は痛感しました。後輩たちのことに時間を割きすぎることで、私自身の上司とのコミュニケーションを疎かにしていたことも、さらに報連相も滞っていたことも、何より私の研究の進捗状況を現場のトップが理解していなかったことも。これらを整理して、理解したときは、本当に自分にがっかりしたことを、今でも昨日のように鮮明に覚えています。

 

 

「バランス悪すぎ」

 

 

良かれと思って取り組んでいたことが、自分をここまで追い詰めるとは思ってもいなかったことを、今だから冷静に思い返せれることもあります。勿論、その後はしっかりフォローできたと思っていますが、特に今回は触れることはしません。バランスを修正することは特に難しいことはなく、今まで目を向けていなかったところに目線を落とすだけで簡単に修正できます。今、経営者として部下に、そして獣医師として後輩の獣医師たちに、上記で経験したことは今活かされていると思っています。

 

 

誰かに何かを教えることを経験していない人が最も陥ることを挙げただけですが、上記でも紹介した「バランス」は人のものさしが十人十色であるように、人それぞれであります。ですが、他人から自分を眺められたとき、「あの人はバランスが取れている」もしくは「あの人の指導や教育の仕方には筋が通っている」と感じてもらえているなら、それはそれで成功なのではないでしょうか。

 

 

【ひとりごと】その渦中にいるときは、大事なことが見えないもの

広告

Read Full Post »

先週の大雪の中、横浜で開催されました日本獣医内科学アカデミーで発表してきました。昨年に引き続き2回目でしたが、やはり獣医内科学のなかで日本一の学会ですね、演題数も多くて講師陣も内容もかなり充実していて楽しかったです。

 

 

スクリーンショット 2014-02-12 1.11.41

 

でもとにかく寒かったぁぁぁ〜〜。会場はパシフィコ横浜でしたので、桜木町みなとみらいは雪で真っ白・・・真っ白どころじゃなかったですね、猛吹雪・・・。ブリザードでした。多くの先生方もこんなみなとみらいは見たことがないという状況かつ交通機関にも影響は出るわ出るわで、みなとみらいに到着できなかった先生もいたそうで、会えなかった先生もいました。残念。。。

 

 

今回僕は猫の糖尿病で発表させていただきました。抄録は下の画像を参照ください。

 

 

スクリーンショット 2014-02-12 1.12.14

 

 

「猫のインスリン抵抗性糖尿病の戦略的早期発見へのアプローチ」というタイトルを付けさせて頂きました。仰々しいタイトルだな!って某先生には発表直前に言われるくらいのタイトルでしたが、しっかり発表してきました。ざっくり言うと、猫の糖尿病は人と同じように、1型と2型に分けられていて、多くは2型に分類されるんですけど、結果的に1型に転落してしまって重篤な症状になってしまいます(血糖値が全く下がらない)。そもそも人の1型っていうのは、遺伝性疾患といって糖尿病を生まれもっているタイプになります。なので猫のほとんどは生まれもって糖尿病の子はいなくて、人の2型のように生活習慣や基礎疾患(元々ある病気)がきっかけで糖尿病になるので、正確には1型とは言わないんですよね。だから猫の多くは2型発症といわれています。でも2型糖尿病の状態で診断できる確率は低く、インスリン注射が絶対必要な1型みたいになっちゃうので、早く2型の状態で早期発見できたら良いなぁということで、このタイトルになりました。その2型糖尿病を猫では「インスリン抵抗性糖尿病」と言っていて、このインスリン抵抗性糖尿病のときに発見および診断できると、予後が良好という結果になる確率が上がるので、何とか早く見つけてあげたいんですよね。

 

 

これ以上難しいことを書いてもわからないのでやめておきます笑。でも猫ちゃんが糖尿病になる確率が、全疾患のなかでも徐々に増えてきているのでこれからも予防や啓蒙啓発はし続けないといけないと思っています。なので常日頃からの健康診断は受けておいたほうが良いと思いますよ。また先述しましたように、何かしらの病気(基礎疾患といいます)を持っている猫ちゃんは、その病気が発端で糖尿病になってしまうことも分かってきているので、注意が必要です。

 

 

肥満、高脂血症、甲状腺機能亢進症、副腎皮質機能亢進症、膵炎、ステロイド使用、感染症などは注意が必要なので、今これらの病気を持っている猫ちゃんは、しっかり基礎疾患を治しましょうね。がんばろー!!

 

 

本題に戻りますが、今回の発表は臨床研究というジャンルで発表しました(多くは症例発表←一つ一つ病気に検討する形式)ので、大学関係者の先生方が勢ぞろいしてくれました。。プレッシャーもありましたが、ほとんどの先生方は顔見知りなので変な安心感もありました笑。自分も症例発表よりも臨床研究向きでもあるので、これまでも臨床研究の発表しかしていないので楽しかったです。これからもガッツりやっていきたいと思っています。先述しましたように、今の時代、猫ちゃんの糖尿病は増え続けているので、未然に防いであげるためにもっともっと勢力的に発表を行ったりしていきたいと思っています。昨年は雑誌にも多く取り上げていただきましたし、今年もその掲載予定はしばらく続くので、執筆も頑張っていきたいと思います。よろしくおねがいします!!!

 

 

【ひとりごと】お困りの方はいつでもお声がけ下さいね。

Read Full Post »

AVMA(=アメリカ獣医師会)から招待状が届きました。先日AVMAへの入会許可がもらえただけでも嬉しかったのに、来年6月にテネシーで行なわれる年次大会への招聘発表の招待状が届くなんて、夢を見ているような・・・

 

 

テネシー州立大学の内科の准教授の先生に、AVMAへの入会推薦状を書いてもらった経緯からの今回の招待状だと思いますが、推薦状の内容にこれまで執筆させてもらった7つの論文が評価されたコメントが書かれていたのがものすごく嬉しくて、大学院時代に一緒に研究をしていた後輩たちの顔がたくさん浮かびました。本当にありがとう。とひとりひとりにあって、言いたいくらいです。

 

 

招聘発表のテーマが「肝臓」だったので、今最も力をいれている「糖尿病」ではないので、少し戸惑っていますが、何とか調整していきたいと思っています。日本国内でのセルフプロモーションとして「糖尿病」はまだまだ地に足が付いていない状況なので、おれまで同様に臨床研究には力を入れていきたいと思いますが、AVMAからの「肝臓」テーマは今の自分にとっては、まさに挑戦そのもの。悩ましいところですが、年明け早々にでも戦略を練っていければなと思っています。

 

 

スクリーンショット 2013-12-06 23.43.50

 

 

【ひとりごと】今年の一文字は「挑」でした

Read Full Post »

先日もご紹介しましたクリニックノート(獣医師さんたちが読む専門誌)の10月号にも、猫の糖尿病について原稿を書かせて頂きました。

 

1383067_574960282551997_669570763_n

8・9・10月で連続で猫の糖尿病について特集を組んでくれましたinterZooの関係者さまには厚く御礼申し上げます。

 

1391702_574960322551993_2142086115_n

 

8月号はインスリンプロトコールといって、猫の糖尿病の治療時に使用するインスリン製剤について、そして最新のプロトコールをご紹介させて頂きました。今月の10月号では、CASE STUDYといって1症例について取り上げさせて頂いて、基礎疾患をもつ猫の糖尿病について記事を書きました。

 

528282_574960409218651_475680339_n

 

猫の糖尿病では、まず基礎疾患は絶対と言っていいほど持っています。高く上がった血糖値だけに目を奪われていると非常に危なくて、何かしらの疾患がきっかけに糖尿病を発症することを念頭において、基礎疾患の治療、そして血糖値のコントロールに努めていかなければいけません。そのノウハウをこの記事でご紹介しています。今後、猫の糖尿病のバイブルになってくれると嬉しいです^^

 

 

【ひとりごと】糖尿病でお困りになったら連絡をください

Read Full Post »

今日から決算上では新しい年度がスタートしました。張り切っていきたいと思います!!!そんななか、Facebookをのぞいていると仲良くさせてもらっている獣医学生のポストに「卒論提出しました」という文言がちらほら。おぉお疲れさん!!っていう感情と嬉しさの両方が沸き上がってきました。本当に嬉しくなりましたね。

 

彼らはここ数年間、とある研究テーマに没頭し、そして卒業論文というカタチにしたということです。それだけなら、獣医学生なら誰でも出来るわけですが、そのときのテンションと言いますか、文章から滲み出る様々な喜怒哀楽が感じ取れるポストでしたので、彼らは本気で研究テーマに挑みそして立ち向かい、多くの時間を費やして手を動かし、そしてカタチにしてきたんだなぁと読み取ることができました。

 

そしてそのなかには学術集会、つまり学会に参加し、それをオーラルコミュニケーション(プレゼンテーション)をした人もいました。これは大したものだと思いますよ。自分がサイエンスど素人から学会にまで参加するレベルまでいき、そしてその内容をプレゼンテーションするというのは、かなり大変なことです。と同時に彼らの中には特別な感情が生まれたはずだと思います。さらに自分が複数年費やした研究テーマのことを更に好きになったことだと思います。また別の見解をすると、学生のうちからキャリアを有したことになりますよね。公式なサイエンスの場で自分の研究報告をすることは、経歴にもなってくれる。獣医師免許をゲットする前にキャリア持ち。これは持っているのと持っていないとでは全然違ってきます。

 

繰り返しになりますが、学生の本業は学業なのです。当たり前だろと言われることも多いですが、当たり前なことを当たり前にやることは本当に難しいことです。自分の時間を使い、そして自分の手と頭を使い、何度も頭から煙を出させ、そしてカタチにする。この行程を知っているか知っていないかでも、この先の人生そして社会人人生にまでの肥やしになることは間違いありません。そして、自分の手と頭を使って、喜怒哀楽を展開し、そしてカタチにする。結果は誰でも出せれますけど、その結果をどう利用活用し、成果とするかをロジカルにカタチにした人は、心から素晴らしいと思います。

 

最後に老婆心?お節介?ですが、一つ言わせていただきますと、あなた方がカタチにしたこれまでの功績は今後一生残り続けるということ。それは責任のもと続いていきます。社会人になったら実はその繰り返しなのです。でも大丈夫です。これまでやって来たことは決してムダにはなりませんし、どちらかというと将来は明るいはずです。遮二無二にやってきた実績と経験は今後の人生で必ず活かされることだと思いますよ。がんばろう。

 

【ひとりごと】専門家としての価値観は学生の時に決まる

Read Full Post »

542257_568130406568318_97540079_n

本日まで行なわれていました臨床学フォーラム(JBVP)の2日目のランチョンセミナーで内分泌講座で講師を務めてまいりました。会場にお越し頂いた先生の皆様、協賛してくださった株式会社インターベットの関係様、そしてJBVPの関係様、ありがとうございました。おかげさまで、100名以上の先生方とご一緒させていただくことができ、本当に楽しくお話することができましたことを、感謝申し上げます。

 

「犬の糖尿病、高脂血症における病態管理と新しい食事療法」というタイトルをお預かりしていましたので、なるべく犬の糖尿病アップデートを心がけて、9月上旬から情報収集を行いました。私見ではありますが、そこまで進捗状況が迅速ではない分野でもあるので、年に3回くらいのペースで情報アップデートをしていますが、結構見落としが多いなぁなんて反省する日々をここ数日過ごしていました。ニュースフィードで更新を設定しているのですが、結構漏れる漏れる。なのでこの際ニュースフィードの方もアップデートしておきました笑。特に今回の講演で意識したのは、「糖尿病って何?」という抽象的なテーマでした。「ん?ん?」と思われるかもしれませんが、ざっくばらんに言うと疫学データをお見せしたいなぁって途中で方向転換したのです(少し前までは難治性血糖コントロールについて話すつもりでした)。疫学というのは、例えば糖尿病になった犬100頭の振り返ると言いますか、いつ発症したのか?一緒に何を併発していたのか?どんなインスリンを使っているのか?など。こういう内容を“後ろ向き研究”というのですが、既に糖尿病になっている犬のバイオグラフィーですからね、非常に有意義な知見が得れたりもします。それを、糖尿病以外にも高脂血症についても紹介したという流れです。勿論、協賛して頂いた株式会社インターベットさまが代理店をされているスペシフィックの新しい療法食の紹介もしました(サイトで紹介されている新しい療法食「CED」の販売時データは僕のデータです)。

 

講演の内容は上記の通りですが、いつかスライドシェアにでも載っけてここでもご紹介してみたいと思います(許可が下りるのはもう少し先なので・・・)。パワポのデータが欲しい方はPDFにしてお送りしますよ、超個人的に連絡をくださいwww

 

最後に繰り返しになりますが、今回の講演を務めさせて頂き、各関係様方に厚く御礼申し上げます。今回の経験は、僕にとって非常に勉強になりました。およそ60分のプレゼンテーションはさすがに喉がカラカラになってしまいましたが、今後も機会がありましたら一生懸命お話ししていきたいと思います。宜しくお願い申し上げます。

 

【ひとりごと】明日発売クリニックノート10月号ではネコの糖尿病を書いています!

Read Full Post »

今日は尊敬してやまない日本大学元総長でいらっしゃる酒井健夫先生のご退官記念パーティーに出席してまりました。酒井先生との出逢いは思い返すこと7年前、学部生時代にズタボロのジーパンを履きながら構内を歩いているときに、突然すれ違いにブチ切れられてからの関係です笑。若気の至りではありましたが、当時の僕はあまりにも長い獣医学科というカリキュラムのなかで若干の飽きを感じており、所属する研究室でもマンガしか読んでおらず、学校には実習の単位を得るためだけに顔を出し、学外の友人たちと好き勝手やっていた頃だったと思います。そのすれ違いにブチ切れられたことを当時所属する研究室の講師の先生に軽く報告したら、明日謝罪に行って来い!と言われ、新しいジーパンに買い替え、次の日に学部長室に謝罪に行きました。でもその時も何故か切れられて、その次の日は酒井先生の研究室に来い!と言われ、恐る恐る行ったところ、多くを語らず孔子の論語の一節を僕に贈ってくださいました。

 

『素を以て絢を為す』(←調べてくださいw)

 

その意味を知ったとき、僕は正直言うと泣きました。悔やみました。それから必死に何かを取り戻すように研究室で研究に励みましたね。また獣医師になってからも、ふらふらしていたときに、一念発起し、アフリカ行きを決めたときも、背中をドン!っと押して頂きました。それからも、研究者の端くれ者だった僕に、学位の重要性を多く語って頂き、またしても酒井先生の叱咤のお陰で研究に勤しむことが出来ました。その後も、論文は数だ!というお言葉に対し、必死に書きまくりました。論文が国際誌にアクセプトされる度に報告もしましたが、一度も褒めてくれませんでした。学位を取る年、社会活動として生物多様性の活動やベンチャー企業の立ち上げに思いっ切り時間を割いていたときも、酒井先生は絶対僕が外でいろいろやっているということを知っているにもかかわらず、知らないふりして叱咤を飛ばし続けてくれました。でも、その頃からか、僕に向けられる叱咤の種類というか形態というか、そういうモノが以前とは全く違ってきているなぁって僕は思っていましたし、先生も意識して変えてくださっているのかなぁって、思っていました。

 

唯一、先生に褒められたと思っている言葉があります。

 

『松波、お前は3回、脱皮したな』

 

この言葉が直接何を指しているのかは未だにわかりません。今思い返すと、学部時代、アフリカ時代、研究時代の3時代、それぞれを指しているのかもしれません。それとも、それぞれの時代に僕が意識した努力のエンジンギア3種類を指しているのかもしれません。生活観、世界観、仕事観が大きく展開したこの3時代は、今の僕にとっては無くてはならない時代であって、今思い返すと、嫌になるくらい苦労もしたし、生きるか死ぬかの経験もしたし、研究という成果主義を戦い抜いたという経験もしました。その時代のそれぞれの局面に、酒井先生はいました。そしてすかさず叱咤激励をしてくれていました。学位を取ってから2年が経ち、酒井先生からの叱咤は今はほとんどありません。だから定期的に顔を出して、怒られにいっています笑。でも今日でご退官です。凄く悲しいです。寂しいです。とか言いながら、今日、短い間でしたが酒井先生に約束してきたことがあります。ここではあまり言えませんが、僕は必ずやり続けます!と行ってきました。そして酒井先生は、「そうか!今までどおりの努力でやるんだぞ!」と言ってくれました。「今までどおりの努力」・・・その時代時代に合わせたつもりはないけれど、意識はした努力の仕方。その時代の等身大より少し背伸びをした努力の仕方。この2年間、振り返ると、なんだかんだそういう感じにやってきていました。あまり意識はしていませんが、僕の努力の仕方は、酒井先生に認めてもらえていると確信しています。

 

酒井先生、本当に長い間、日本における獣医学術のご発展およびご功績に寄与して下さり、誠にありがとうございました。そして獣医学教育の未来をいつもカタチにし続けているバイタリティー、そしてフットワークに尊敬以外の言葉が見つかりません。本当にお疲れ様でした。出来るだけ恩返しできるように、努力し続けます。そしてご報告し続けます。そして叱咤激励し続けてください。宜しくお願い申し上げます。

 

【ひとりごと】年度最後の日にお会いできたことに多謝

Read Full Post »

Older Posts »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。