Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘獣医学生’ Category

お久しぶりです。ここ数ヶ月間、言葉を文章に著すことに何か抵抗がありまして、なかなかブログの更新が出来ていませんでした。難しい文章を展開しがちな傾向にある私は、テーマも難しいものを意識的に選んでいたように思えます。そうするとブログ離れ?更新下手?になってしまっていました。

 

 

私が好きなテーマを書いていくことがやはり良いと思いましたので、今回の表題は「新人教育」。いきなり教育を語ろうとしてしまっていますが、少々のお時間、お付き合いくださいませ笑。私は大学の教員でも専門学校の教員でもありませんので、オフィシャルな教育者ではありません。ですが、会社経営をしている傍ら、獣医師として後輩たちに様々なことを常に教えている立場でもあります。獣医師だからといって学術的なことばかりとも限りません。例えば、飼い主様とのコミュニケーションを育むために必要な経験とスキルについて話をしたりもします。それ以外にも、地頭力を養ってもらうために(いわゆる論理的思考)、私への報告を受ける際は、必ず結論から言ってもらったり。。。面倒くさい上司ですね笑。ですがその繰り返しで、話の内容がわかりやすくなったりしていきます。それが学術的な要素を含んだ話、つまり診療においても展開されると飼い主様との良好なコミュニケーションにも繋がっていくことも言うまでもありません。誰もが大学を卒業したての頃から論理的思考を持ち合わせているとは限りませんし、誰とも良好なコミュニケーションを築けるスキルを持っているとも限りません。それら2つのスキルをはじめから持っている人は、確率論からいうとかなり低いのではないでしょうか。そもそも私が言っていることも何も変哲もない当たり前のことにしか過ぎませんが、この現実を理解し、新社会人たちと真摯に向き合えるかが、教育者としての心構えのようにも感じています。

 

 

「何でこんなこともできないんだ。」と、入社したばかりの新社会人に向かって、私は口が裂けても言えません。何故ならば、先述したとおり、それが『普通だから』ということ理解しているからです。先輩への飼い主様への報告や説明が最初から「わかりやすく」かつ「コミュニケーションが良好」な新社会人なんて・・・とは言い切れませんが、少し可愛くない気もします笑。教育する立場にいる側の人間らが、それを100%理解することも人間ですからね、正直難しいことではありますが少しだけの我慢と辛抱さえあれば、新社会人に対してずっと真摯に向き合っていけれると思います。

 

 

これまで教育する立場にいる側の心構え?の話をしてきましたが、逆に教育される側でも絶対的に必要なスキルについて少しだけお話します。それは結論からいいますと、『素直さ』です。「はい」「わかりました」「気をつけます」「すみません」「お疲れ様です」「おはようございます」・・・この6つで簡単に、そして良好に職場の先輩方とはお付き合いできるのではないでしょうか。この6つに限定した話ではありませんが、『素直さ』をスキルという理由は、社会人全員に備え付けられていないものだからです。30歳であっても、50歳でもあっても、80歳であっても、無いものは無いのです。それが、20歳ちょい過ぎの年齢で、身についているなら、それはスキル以上の武器になります。すべて上手くいくと思います。大事ですよ『素直さ』。

 

 

【ひとりごと】ゴルフはじめました

広告

Read Full Post »

先日、公益社団法人日本獣医師会から表題にもあります「獣医師の就業環境等に関するアンケート」のweb版お知らせが届きました。数年に1回くらいのペースで就業環境に関連するアンケートは実施されていますが、今回のアンケートは「女性獣医師における◯◯」に特化している内容になっていました。「女性獣医師」がメインテーマといってもいいくらいだと思います。以下一部抜粋です。

 

 

近年、新規獣医師の約半数を女性が占め、各分野でのその役割が期待されています。それぞれの職場では、女性獣医師がより活躍できるように働きやすい就業環境を確保することが一層大切になっています。現在、日本獣医師会では、女性獣医師の就業支援とキャリアアップの推進システムの構築を図るために専門委員会を設置し、検討を進めています。(「獣医師の就業環境等に関するアンケート」のweb版から一部抜粋 https://www.net-research.jp/airs/exec/rsAction.do?rid=609436&k=f50683d768

 

 

まずはアンケートに答えてみました。出来ることなら、日本獣医師会に入会している人もしていない人も、まずは答えてみるべきだと思います。いろいろ言いたいことは山ほどあるとは思いますが、今現状の自分の就業環境のあり方を見直すキッカケになるかもしれませんし、今後病院経営をしていくうえで、参考になることもあるかもしれません。このアンケートに対する意見は、答える人が違えば十人十色だと思います。神経質な方はやめておいたほうがいいかもしれません。

 

 

僕が運営している松波動物病院メディカルセンター(株式会社 松波動物病院)は、先述した日本獣医師会の抜粋した文章からそのまま使わせてもらいますと、「女性獣医師がより活躍できるように働きやすい就業環境を確保」、できています。理由は、獣医師だからとか関係なく、法人格を有する会社ですので一般企業と同等な法制度に基づいた給与、公休、有給、残業、社会保険、雇用保険、厚生年金、健康保険(労災含む)が備わっているからです。また、夏休み、冬休み、特別休暇、育児休業(介護休業含む)、産前産後休業(産休)も備わっています。これは、法人格を有する会社は当たり前の法制度です。ちなみに、これら各休業制度、使っている獣医師も多くいます。実際に、ロールモデルとなって頂いているので、会社としては大変嬉しいことです。

 

 

では何のためにこういう法制度のインフラ整備を行ってきたか?と言うと、繰り返しになりますが、「女性獣医師がより活躍できるように働きやすい就業環境を確保」、するためにです。では、一部抜粋しました文章にもありましたが、公益社団法人である獣医師会が、この素晴らしい目的を実現するために、推進するために、わざわざ専門委員会を設置する必要があるのでしょうか?検討していく必要があるのでしょうか?

 

 

必要だから設置し検討していくのですよね。獣医業界、少し動物病院業界に特化した話ですが、当院のように様々な法制度を有している動物病院は、全国でもごく僅かであるということが現実問題です。数字にするとだいたい2割もいっていないと思います(誤差はご了承ください)。また、当院では、法的拘束力もありませんが、就業規則も存在しますし、新入社員が就業する際に会社と結ぶ労働条件通知書も存在します(こちらは法的拘束力はあります)。また時間外労働(残業)をする際に、就業者の代表者と結んだ協定(三六協定)も存在します。さらにそれらを地域の労働監督局にも提出済です。ここまで実施している動物病院は、恐らく1%もいないと思います(監督官が仰っていました)。

 

 

上記で示した各数字の2割。そして当院を例に出しました1%未満という数字を見ると、一般社会的にはかなりブラックな業界と言わざる得ない現状が存在するのです。ここまで僕が書いた内容は、僕自身の私見ではなく、ありのままのこの動物病院業界の就業環境を指しています。このような現実問題があることは、我々の御上である日本獣医師会も周知であることは明確です。だから専門委員会を設置し検討し、アンケートを実施したのだと思います。

 

 

このような話をする際、「では解決策は?」と聞かれたり、自問自答したりしますが、今の自分の立場から素直に言えるのは、「答えはありません」です。とても簡単な解決策はあります。それこそ「法制度改革」。それができたら、諸先輩および先人たちは行っていたと思います。ロビー活動に人生を捧げていたと思います。政治家に転身して、法案を通していたのだと思います。ですが、僕が知る限り、これら活動を行ってきた痕跡は一切ありませんし、知りません。

 

 

当院が一般企業と同等な就業環境における法制度のインフラ整備を行ってきた理由は、先ほども述べましたが、「女性獣医師がより活躍できるように働きやすい就業環境を確保」、するためにです。「女性」「女性」と言い過ぎるといけませんので、もちろん男女平等にです。また動物病院には、獣医師だけがいるわけではありません。だからと言って、獣医師以外の職種の方には違う就業環境など器用なことは出来ないので(勿論違法)、当院(弊社)で働く職員全員は公平に当院の就業環境における法制度の対象者なのです。ですので、「女性獣医師」に特化しているわけでもなんでもなく、「女性動物看護師」にも「女性ドッグトレーナー」にも「女性トリマー」にも「女性受付職員」にも、より活躍できるように、働きやすいように就業環境を整えさせてもらっています。

 

 

当院がここまで歩んできた就業環境のインフラ整備は、決して生やさしいものではありませんでした。本当に本当に大変で細かい作業との闘い続きでした。専門家である社労士の先生にも大変お世話になりましたし、一緒に頭から煙を出しながら考えてくれた仲間にも恵まれました。何度も何度も労働監督局にも足を運んで、多くのことを生の現場で教えてもらいました。素人だった僕が、一から勉強をし、必要だったら資格もとりました(ワークライフバランスコンサルタント)。今では多くの知識が力になってくれています。でも獣医師として、生きていくだけでしたらそのような作業も資格もいりません。しかしながら、僕は経営者です。総勢40名以上が働く動物病院の経営者として、職員全員が楽しく働きやすい職場環境を作りたい!そして活躍してもらいたい!チームワークを発揮して欲しい!そして多くの飼い主さまと寄り添い合って欲しい!と願って必要なことだと思い、実施させて頂いています。もちろん会社は固定費(人件費)の支出も増えました。。。でも、それぞれの職員の生活も背負っている身として、当たり前に頑張っていく!それだけなのです。

 

 

少しだけ真面目な話。先日、診察で飼い主さん(会社経営者・男性)と人件費について話をしていました笑。すごく勉強熱心な方で、僕ら動物病院業界のことをお調べになられたそうです。非常に定性的なご意見を頂戴しましたが、非常に客観的な意見でもあったので、大変勉強になりました。具体的に内容に触れると、以下3点。・法人格を有する動物病院は対外的に信頼感がある。・お給料もお休みもしっかり取れている獣医師に自分の愛犬を診て欲しい、手術して欲しい。・優秀な人材が多く集まる。とても嬉しいご意見でした。もちろんその方の私見も含まれていると思いますが、僕が職場環境のインフラ整備を行っていく際の大義名分として、挙げていただいたご意見も含まれています。今後、このような会社情報を見てから、病院選びをする飼い主さんも頻発してくるかもしれませんね。

 

 

長くなりましたが、最後に、このアンケートについて、僕にも多くの意見があります。でもここで述べだしたらキリがありません。でもほんの少しだけ触れさせてもらいますと、若い世代、つまり獣医学生の皆様や獣医師になってまだ数年しか立っていない先生方に、動物病院で働くことに失望してもらいたくないためにも、地域地域で中核を担う動物病院、またそれに近い存在になっていきたい動物病院には、会社のお金、つまり固定費(人件費)は法令遵守に従って、使っていってもらいたいとボジティブに思います。そして、楽しく働きやすい職場環境のインフラ整備を行い、専門家である獣医師や看護師の先生方に活躍してもらって、多くの動物たちの命を救っていってもらいたいと思っています。

 

 

これが最後です。アンケートを実施するのでしたら、外注するべきだと思います。いつもアンケート後、リコメンドは頂戴していますが、それはオピニオンデータにしか過ぎず、かなり主観的なデータとして僕は扱っていますし、アンケートを一度勉強した人なら、それは常識中の常識です。アンケートをするなら、シンクタンクやリサーチ系企業にしっかり対価を支払い外注すべきだと、一獣医師会会員として率直に思いました。

 

 

スクリーンショット 2014-01-18 3.00.34

 

 

【ひとりごと】ご意見ご感想は直接聞いてください。生の声です。

Read Full Post »

AVMA(=アメリカ獣医師会)から招待状が届きました。先日AVMAへの入会許可がもらえただけでも嬉しかったのに、来年6月にテネシーで行なわれる年次大会への招聘発表の招待状が届くなんて、夢を見ているような・・・

 

 

テネシー州立大学の内科の准教授の先生に、AVMAへの入会推薦状を書いてもらった経緯からの今回の招待状だと思いますが、推薦状の内容にこれまで執筆させてもらった7つの論文が評価されたコメントが書かれていたのがものすごく嬉しくて、大学院時代に一緒に研究をしていた後輩たちの顔がたくさん浮かびました。本当にありがとう。とひとりひとりにあって、言いたいくらいです。

 

 

招聘発表のテーマが「肝臓」だったので、今最も力をいれている「糖尿病」ではないので、少し戸惑っていますが、何とか調整していきたいと思っています。日本国内でのセルフプロモーションとして「糖尿病」はまだまだ地に足が付いていない状況なので、おれまで同様に臨床研究には力を入れていきたいと思いますが、AVMAからの「肝臓」テーマは今の自分にとっては、まさに挑戦そのもの。悩ましいところですが、年明け早々にでも戦略を練っていければなと思っています。

 

 

スクリーンショット 2013-12-06 23.43.50

 

 

【ひとりごと】今年の一文字は「挑」でした

Read Full Post »

今日から決算上では新しい年度がスタートしました。張り切っていきたいと思います!!!そんななか、Facebookをのぞいていると仲良くさせてもらっている獣医学生のポストに「卒論提出しました」という文言がちらほら。おぉお疲れさん!!っていう感情と嬉しさの両方が沸き上がってきました。本当に嬉しくなりましたね。

 

彼らはここ数年間、とある研究テーマに没頭し、そして卒業論文というカタチにしたということです。それだけなら、獣医学生なら誰でも出来るわけですが、そのときのテンションと言いますか、文章から滲み出る様々な喜怒哀楽が感じ取れるポストでしたので、彼らは本気で研究テーマに挑みそして立ち向かい、多くの時間を費やして手を動かし、そしてカタチにしてきたんだなぁと読み取ることができました。

 

そしてそのなかには学術集会、つまり学会に参加し、それをオーラルコミュニケーション(プレゼンテーション)をした人もいました。これは大したものだと思いますよ。自分がサイエンスど素人から学会にまで参加するレベルまでいき、そしてその内容をプレゼンテーションするというのは、かなり大変なことです。と同時に彼らの中には特別な感情が生まれたはずだと思います。さらに自分が複数年費やした研究テーマのことを更に好きになったことだと思います。また別の見解をすると、学生のうちからキャリアを有したことになりますよね。公式なサイエンスの場で自分の研究報告をすることは、経歴にもなってくれる。獣医師免許をゲットする前にキャリア持ち。これは持っているのと持っていないとでは全然違ってきます。

 

繰り返しになりますが、学生の本業は学業なのです。当たり前だろと言われることも多いですが、当たり前なことを当たり前にやることは本当に難しいことです。自分の時間を使い、そして自分の手と頭を使い、何度も頭から煙を出させ、そしてカタチにする。この行程を知っているか知っていないかでも、この先の人生そして社会人人生にまでの肥やしになることは間違いありません。そして、自分の手と頭を使って、喜怒哀楽を展開し、そしてカタチにする。結果は誰でも出せれますけど、その結果をどう利用活用し、成果とするかをロジカルにカタチにした人は、心から素晴らしいと思います。

 

最後に老婆心?お節介?ですが、一つ言わせていただきますと、あなた方がカタチにしたこれまでの功績は今後一生残り続けるということ。それは責任のもと続いていきます。社会人になったら実はその繰り返しなのです。でも大丈夫です。これまでやって来たことは決してムダにはなりませんし、どちらかというと将来は明るいはずです。遮二無二にやってきた実績と経験は今後の人生で必ず活かされることだと思いますよ。がんばろう。

 

【ひとりごと】専門家としての価値観は学生の時に決まる

Read Full Post »

今日は尊敬してやまない日本大学元総長でいらっしゃる酒井健夫先生のご退官記念パーティーに出席してまりました。酒井先生との出逢いは思い返すこと7年前、学部生時代にズタボロのジーパンを履きながら構内を歩いているときに、突然すれ違いにブチ切れられてからの関係です笑。若気の至りではありましたが、当時の僕はあまりにも長い獣医学科というカリキュラムのなかで若干の飽きを感じており、所属する研究室でもマンガしか読んでおらず、学校には実習の単位を得るためだけに顔を出し、学外の友人たちと好き勝手やっていた頃だったと思います。そのすれ違いにブチ切れられたことを当時所属する研究室の講師の先生に軽く報告したら、明日謝罪に行って来い!と言われ、新しいジーパンに買い替え、次の日に学部長室に謝罪に行きました。でもその時も何故か切れられて、その次の日は酒井先生の研究室に来い!と言われ、恐る恐る行ったところ、多くを語らず孔子の論語の一節を僕に贈ってくださいました。

 

『素を以て絢を為す』(←調べてくださいw)

 

その意味を知ったとき、僕は正直言うと泣きました。悔やみました。それから必死に何かを取り戻すように研究室で研究に励みましたね。また獣医師になってからも、ふらふらしていたときに、一念発起し、アフリカ行きを決めたときも、背中をドン!っと押して頂きました。それからも、研究者の端くれ者だった僕に、学位の重要性を多く語って頂き、またしても酒井先生の叱咤のお陰で研究に勤しむことが出来ました。その後も、論文は数だ!というお言葉に対し、必死に書きまくりました。論文が国際誌にアクセプトされる度に報告もしましたが、一度も褒めてくれませんでした。学位を取る年、社会活動として生物多様性の活動やベンチャー企業の立ち上げに思いっ切り時間を割いていたときも、酒井先生は絶対僕が外でいろいろやっているということを知っているにもかかわらず、知らないふりして叱咤を飛ばし続けてくれました。でも、その頃からか、僕に向けられる叱咤の種類というか形態というか、そういうモノが以前とは全く違ってきているなぁって僕は思っていましたし、先生も意識して変えてくださっているのかなぁって、思っていました。

 

唯一、先生に褒められたと思っている言葉があります。

 

『松波、お前は3回、脱皮したな』

 

この言葉が直接何を指しているのかは未だにわかりません。今思い返すと、学部時代、アフリカ時代、研究時代の3時代、それぞれを指しているのかもしれません。それとも、それぞれの時代に僕が意識した努力のエンジンギア3種類を指しているのかもしれません。生活観、世界観、仕事観が大きく展開したこの3時代は、今の僕にとっては無くてはならない時代であって、今思い返すと、嫌になるくらい苦労もしたし、生きるか死ぬかの経験もしたし、研究という成果主義を戦い抜いたという経験もしました。その時代のそれぞれの局面に、酒井先生はいました。そしてすかさず叱咤激励をしてくれていました。学位を取ってから2年が経ち、酒井先生からの叱咤は今はほとんどありません。だから定期的に顔を出して、怒られにいっています笑。でも今日でご退官です。凄く悲しいです。寂しいです。とか言いながら、今日、短い間でしたが酒井先生に約束してきたことがあります。ここではあまり言えませんが、僕は必ずやり続けます!と行ってきました。そして酒井先生は、「そうか!今までどおりの努力でやるんだぞ!」と言ってくれました。「今までどおりの努力」・・・その時代時代に合わせたつもりはないけれど、意識はした努力の仕方。その時代の等身大より少し背伸びをした努力の仕方。この2年間、振り返ると、なんだかんだそういう感じにやってきていました。あまり意識はしていませんが、僕の努力の仕方は、酒井先生に認めてもらえていると確信しています。

 

酒井先生、本当に長い間、日本における獣医学術のご発展およびご功績に寄与して下さり、誠にありがとうございました。そして獣医学教育の未来をいつもカタチにし続けているバイタリティー、そしてフットワークに尊敬以外の言葉が見つかりません。本当にお疲れ様でした。出来るだけ恩返しできるように、努力し続けます。そしてご報告し続けます。そして叱咤激励し続けてください。宜しくお願い申し上げます。

 

【ひとりごと】年度最後の日にお会いできたことに多謝

Read Full Post »

いやぁ頭から煙でた!!!母校大学院のドクター論文発表会に参加してきました。さすが若手研究者の内容、非常に最新知見の集まりでタマらんでした!!!臨床系、応用系のみでしたが、どちらもお疲れ様でした。

 

先日学生はもっと卒論発表会に行きなさい的なブログを書きましたが、ドクター論文発表会も行ったほうが良いと思う。ドクター論文発表会で登壇する方達は、既に獣医師であり、一番近くにいる研究者でもあります。自分の学び舎に、そのような存在が近くにいるのは人生に付加価値が付くくらいなラッキーなことです。「僕は小動物行くから」「私は公務員にいくから」・・・そのような人生の士気の下がることを言うのはやめましょう。お金を取られるわけでも、命取られるわけでもありません。自分の学び舎の諸先輩方の雄姿は一度でも良いから目に焼き付けておくべきです。

 

あまり関係ないけど、学び舎をフラフラしていると危ないね。いろいろ共同研究の話が振って来る。ってか振って来すぎ先生たちwww

 

【ひとりごと】頭良くなった気がする

Read Full Post »

とある獣医学生のブログを読んでみました。

 

HOKUTO’S BLOG 「6年生の先輩方、お疲れさまでした!」

 

少しだけ内容を転載。

僕は、卒論発表会は6年生の一つの集大成の場であると同時に、下級生にとっても貴重な話が聞ける場だと思ってる。基礎系科目ばかりの低学年、あるいは教養科目しかなくモチベーションが下がりやすい1年生にとっては、いま自分がやっていることが将来どう生きるかを肌で感じられる場。話の内容はよく分からなく ても、将来の自分をイメージするためにすごく役に立つ。

さらにもういっちょ。

なんで来ないのかを後輩に聞いたこともあったけど、だいたい返ってくる答えは「下級生は行かないものだと思ってた」「場所も時間も分からない」「何となく気まずい」「場違いな気がする」。学生にとっても、大学にとっても、すごくもったいないことでしょうよ。

 

百聞は一見にしかずという言葉は説明不要ですが、地の利を活かすか活かさないかは、人生左右すると思う。僕は結構馬鹿やってた学生だったけど、2年生のときからお世話になってた先輩の卒論には顔を出していた。3年生のときは、担任に誘われて行ってみた。4年生からはまぁ強制だから、5年間は卒論発表会には顔を出したことになる。おかげで研究室を決めるとき、死ぬほど迷った笑。でも死ぬほど迷ったことで、自分が選んだ研究室には一切後悔していない。これって、就活サボった学生が、入社した会社で「こんなハズはなかった」とか言ってるのと同じことで、研究室決めでも同じようなことを目の当たりにしたな当時。

 

あと大学では探せばいろいろやってますからねイベント。全てが糧となるよ。ちゃんと行け。

 

【ひとりごと】内向的だよみんな

Read Full Post »

Older Posts »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。