Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘復興’ Category

お久しぶりです。お陰さまでとても忙しくさせていただいています。ここ1ヶ月、そしてこれから1ヶ月はしばらく自由に身体を動かせなくなる予感がしています。こんなに自由がきかなくなることは、これまであまり無かったことなので当事者である自分が一番驚いている次第です。でもこうやってブログを書いているわけですが、相当時間を捻出しています。理由は、昨日は3.11でしたから。

 

 

知は力なり…この言葉は、3年前に東北の地で未曽有の大震災で虹の橋を渡った友人から、贈ってもらった言葉です。3年前の3.11後に、初めて書いたブログ記事も、この言葉から始まりました。そして昨日は3年が経過したのと同時に、友人の三周忌でもありました。まだ3年なのか…僕の印象でした。もう3年…は微塵も思ってはいません。そしてこれからもそう思うことは少なからず、ないと思います。それだけ僕にとって風化させてはいけないことでもありますし、友人のこともありますので…いや、僕が多くの人から支えられえていて、多くの人を支えているのだということを、再発見させてもらった・原点回帰をさせてもらった大事な日のことでもありましたから。

 

 

この3年、東北の何が変わったのか?そういう気持ちで被災地を訪れてはいますが、僕は被災地に住んでいる者ではないので多くを語ることはできません。ですが、僕はどうか?と自問自答をすることは癖を付けさせて行っています。この3年で、僕の立場も大きく変わりました。今は会社経営者として、会社を強くするために奔走しています(消費税増税もしますし)。一獣医師としても、知識や経験を多く積もうと努力をしています。そして一人の日本人として、東北復興を目指して寄付や賛助という形で協力させてもらってもいます。先述したように、僕にとって3.11は友人の命日であるのと同時に、自分が多くの人から支えられ、そして自分も多くの人を支えていることを再発見した・実感した日でもあります。このことは、とても大事なことだと僕は思っています。

 

 

会社経営者として社員を支え、獣医師として動物たちを護り、飼い主さまらに寄り添い、そして日本人として東北復興に協力させてもらってる。ぜーんぶまるっと任せてもらっている気でもいる自分は自意識過剰なのでしょうか。僕は決してそうだとは思ってはいません。自分が舵取りをする組織に従事してくれている身近なスタッフに、楽しく仕事をしてもらおうと努力をすることは当たり前だと思っています。そして常々、肌を触れ合わせいる身近な動物たちを護り、その飼い主さまたちにも寄り添って努力していることもです。そして日本人として東北を想い、寄付や賛助をし続けることもです。ここまでやらせてもらっている理由は、僕が多くの人から支えてもらっているから。その原点が昨日の3.11。そうやって遮二無二、生きてきたという実感は正直あります。

 

 

多くのことを勝手に抱えている…なんてことはどうでもいいのかもしれない。大風呂敷だとも思ってもいない。自分が持っている自分の袋がはち切れない限り、これまで同様にこれからも奔走して、多くの人を支えていきたいと思っています。とにかく人間臭くやっていきたいと思っています。そして、最後に、マズローも言っています。

 

 

「大いなる闘いのうちに、大いなる喜びがある。」
「行動的な人間は、教育、訓練、勤勉、知識の吸収などに対し意欲的である。」

 

 

汗かいて、苦労して、責任を持ちながら、生きていきたいと思っています。

 

 

 

スクリーンショット 2014-03-13 0.49.18

 

 

【ひとりごと】14日から東北入りします

広告

Read Full Post »

スクリーンショット 2013-08-27 0.41.55

https://readyfor.jp/projects/kikkakebus

 

47都道府県から学生が東北に集結!ボランティアという実体験を通じて復興と防災を考えるバスツアー、きっかけバス!参加した学生がまた次の学生に繋げて、リレー形式で被災地に全国の学生が関わり続けるプロジェクト。(READY FOR?から引用)

 

素敵なプロジェクトが絶賛開催中です。ざっくり言うと、学生を東北に連れて行ってあげて、東北の復興と今後の防災を学び、それを次の学生にどんどんつなげていくという、リレー形式プロジェクト。東北に行くときは、なんときっかけバスというバスに乗り込むという何とも羨ましいことか・・・。あなたの周りにいる、若い学生に「東北行ってこーい!!そして次に繋いでこーい!!」っていう支援をしてあげませんか??

 

こういうプロジェクト、探せばたくさん出てくると思うけど、一番わかりやすいでしょ。何事も後世に引き継いでいってもらわなければ、何も残りませんよね?歴史だって、財産だって、会社だって、文化だって。昔尊敬する方が、継承ということばを多用しているのを身近で聞いていましたが、継承したい!という想いが強い人は、本当にブレがないんですよね。男が男に惚れる瞬間ってあるんだなって思いました。

 

このプロジェクトに行くことで、「社会が変わる」なんていう大風呂敷なんかひかなくていいんです。継承していくためには、自分の目で見て聞いて感じなければ、スカスカになってしまいます。東北の復興、そして今後起こる可能性がある大地震に対しての防災の重要性は、ここ東北に行かなければ体感することはできません。これは持論ですが、社会を変えたいなら政治家になるべきだし、生活を変えたいなら起業せよ、なんですね。「いきなり大風呂敷かい!!」ってツッコまれるかもしれませんが、このくらいの勢いがなければ、今の日本では死ぬまで走りきれないと思うんだな。

 

応援宜しくお願い申し上げます。

 

【ひとりごと】のだちん、のむさん、がんばれー!!

Read Full Post »

去年書いたブログ記事でトップ3に入る記事の続編?を今日3月11日に書いておきたいと思い、PC開きました。「国破れて山河あり、城春にして草木深し」という意味は、前の記事を参照していただきたい。

 

“国は滅亡したが山や川はそのままで、町には春が訪れ草木が茂っている” これは直訳しただけだが、意味は伝わると思います。この漢文は、日本で最も流行らしたい漢文の一つでして、実は昔日本でも流行ったことがある漢文ということもあり、今こそ!と思って、この記事を書いています。第二次大戦後、アメリカ軍の空襲で全国の都市が焼きつくされたが、山や河のような自然はそのまま残っており、日本国民は復興に努力し、「この国をもう一度蘇らせよう!」と国民を勇気づけた、と言われています。

 

あの敗戦から復興した日本。戦後の荒廃から立ち上がった日本。出来るはずです。やれるはずです。今後の日本のことを考える人になりましょう!そして立ち上がりましょう。とにかく数が必要なのです。日本にはその底力があります。日本人にはその底力が備わっています。少しずつでも良いと思います。まずは被災地に行くことをすすめます。そしてその瞬間からあなたは復興人なのです。

 

【ひとりごと】あなたにはあなたのやり方がありますよ

Read Full Post »

学会初日はサラッと終わって、大阪で会いたかったまるちゃんに会えました。まるちゃんは府立大の6年生で、クリエイティブの可能性の参加者の一人。クリエイティブの可能性には3人の獣医学生が参加してくれたんだけど、僕が3人のパトロン?スポンサー?をさせてもらっていたという経緯から、すごく会いたかった子の一人でした。

 

いろいろ話しました。もう内容はよく覚えていませんが笑。でもまるちゃん自身の目標とかも聞けたので、満足しました。今抱えている不満とか不安とか希望とか夢とかってのは、全て正しくて、何もかも光り輝いているように見える。それを、社会に出てからもずっと思ってて欲しいし、忘れないで欲しいし、何かのカタチで発信して欲しいと思う。そのとき、やり方とかよく分からなかったら、出来る人に聞けばいい。教えを乞えばいい。それも強みのうちの一つ。そうやって、人は繋がっていくしね。

 

【ひとりごと】明日が発表という緊張感が全くない、やばい。

Read Full Post »

とうとう明日13日開催!!助けあいジャパン チャリティセミナー 2012「BEソーシャル!」

 

前回書いたブログ「野田という男」でもご紹介しましたが、公益社団法人 助けあいジャパンの代表理事を務める野田祐機がチャリティーセミナーを開催致します。そのセミナー内容というのがとにかく豪華です。特別対談として、「復興の今」から見える、新しい社会の姿とインターネットの可能性、という題で助けあいジャパンの会長であるさとなおさんこと佐藤尚之氏株式会社Looops Communications CEO 斉藤徹氏の対談も行われます。

 

タイトルの「Bソーシャル!」は、自ら社会参加をすることと捉えていますが、受身よりも能動的に社会に貢献する世界を作れる・作っていける流れがこれからは重要になると思っています。また日本は経験しました、あの東日本大震災を。今僕らが不自由なく生活できているこの国、日本でいったい何が起こっているのでしょうか?被災にあった地域では、いまだに30万人の被災者たちがいるということ。そして、そこは今、日本で一番の問題と課題を抱え、生活者の人生や生命が懸かっています。先進国では唯一の大震災被災国である日本、これからの日本で起ころうとしている出来事は、世界が初めて目にする出来事であり、すべては社会的イノベーションのキッカケと成り得ることでしょう。その中心にいる方々が、明日集まり、そして語り明かします。お時間お有りの方は、是非ご参加ください。宜しくお願い申し上げます!!!

 

お申し込みはこちらから

 

イベント関連ブログおよびFacebookのご紹介

公益社団法人 助けあいジャパン 代表理事 野田祐機氏

公益社団法人 助けあいジャパン 会長 佐藤尚之氏

助けあいジャパンチャリティイベント2012ボランティアサポーター 野村謙次氏

プロブロガー イケダハヤト氏

公益社団法人 助けあいジャパンFacebookページ

 

【ひとりごと】行こう!最前線へ

Read Full Post »

公益社団法人 助けあいジャパン

の代表理事を務めるのが、野田祐機(のだゆうき)さん(呼び名は野田ちん。)。

 

野田ちんとの付き合いはまだ短いけど、最高に好きな人の一人(変な意味ではないw)。互いに多くの共通項がある。まずは同い年ということ(同じ5月生まれ)。形態は違えど一組織の代表であるということ。そして互いの思想や目標、さらには夢を語り合える・刺激し合える良きライバルということ。そして大好きな共通の友人がいるということwww タイトル「7月23日」というブログ記事があります。僕はこの7月23日を「奇跡的な日」と命名しています。詳しくはブログを一読くださいませ。

 

今日のタイトル「野田という男」は、野田祐機を徹底解剖するのではなく、野田祐機が代表理事を務める「公益社団法人 助けあいジャパン」について簡単にご紹介させて頂きながら、タイトル通りの内容に仕上げてまいります。以下に助けあいジャパンのグランドビジョンを載せました。

1. 情報は水や食料と同じ大切なライフラインである。私たちは、サイト上での情報発信を中心に、民・官連携し、アイデア、行動力、そしてそれぞれの熱い想いをもって、東日本大震災で被災した人たちに「勇気」と「明日に向き合う気持ち」を送り続ける。

2. 少ない時間でもみんなが持ち寄って協働すればそこに新しいアクションやムーブメントが必ず起こせる。私たちは、ソーシャルメディアを中心に、支援したい人がタイムシェアして次々と参加できるまったく新しい「助けあいプラットフォーム」を創出し、みんなの「参加」のもと、この世の中をよりよい場所に作りかえていく。

3. 日本は災害大国である。いつ大災害があなたの住む場所に訪れないとも限らない。私たちは、この活動で得られる知見や人脈、想いなどを結集し、必ず起こるであろう次の大災害のための「備え」と「ネットワーク」を作り上げ、啓蒙し、発信し続けていく。

 

助けあいジャパンのサイトで僕が一番好きなメッセージページを紹介しました。そして、このメッセージを発信する組織の代表理事を務める男が野田祐機。今年、助けあいジャパンの立ち上げ人(現会長)である「さとなお」さんこと佐藤尚之さんからバトンと意志を受け継いだ男も野田祐機。そして今月11月13日(火)に、助けあいジャパンのチャリティセミナーを開催する男も野田祐機。そこで、助けあいジャパンからの活動報告やこれからの事業活動について熱くパッション全開で説明をする男も野田祐機。そして、多くのみなさまから、元気と勇気を欲しがっている男も野田祐機。そして、まだまだいろいろあるある男も野田祐機w

 

助けあいジャパン チャリティセミナー 2012「BEソーシャル!」
http://peatix.com/event/7509

 

上記チャリティーセミナーでは、株式会社Looops Communications CEO 斉藤 徹さんの講演、さらには助けあいジャパン会長さとなおさんとの特別対談も同時開催とのこと。これは行くしかない!!!ちなみにこのセミナー冒頭で挨拶をする男も野田祐機。

 

【ひとりごと】これこそタイトル通りの内容だ………続く

Read Full Post »

久しぶりの登場、「スマートシティを勉強してみる」シリーズ第2弾。1回目の「スマートシティを勉強してみるシーズン1」では、スマートシティについてとか、日本のスマートシティの実例とか、復興に先駆けてスマートシティ化しようとしている日本の動きとかについて触れさせて頂きました。その後、およそ3ヶ月の間、いろいろスマートシティについては時間があるときにニュースフィードを読んだりしていましたけど、シーズン2を打つまでには至らなかったのは、サボってただけですけどね笑。

 

「スマートシティを勉強してみるシーズン2」では、とあるイベントの紹介をさせて頂きたいと思っています。だてにダラダラ3ヶ月の間していたわけではありません笑。その間に、仕事の関係で、今日取り上げさせて頂くイベントに出席する方と先日お会いすることができて、話を聞いたら行きたくなったので、ここで紹介させてもらおうかなと。イベントの紹介をする前に、こんな言葉知っていますか?

 

「新スマートシティ宣言」

 

僕は知りませんでしたけど、去年もそのイベントは開催されていて、そこで初めて「新スマートシティ宣言」が誕生したそうです。その宣言というのは、以下に書いておきました。

 

1. 主役は市民と企業

スマートシティは、市民とそこで産業を手がける企業が主役である。市民にとって最適な社会をともに実現する。

2. 目的は市民の生活の質向上

スマートシティは、市民の生活の質(QOL)をより向上させることを目的とする。

3. 明確なビジョンの下に推進

スマートシティには、明確なビジョンが重要であり、そのビジョンの下に推進する。

4. 常に進化を先取り

スマートシティは、市民のニーズや地域社会の変化を先取りし、進化し続ける。

5. 日本の世界への貢献

日本は、災害克服や少子高齢化対応といった非常に難しい課題解決を通して良い社会づくりの経験を積み、世界に向けて発信することによって貢献する。

 

どうです?ワクワクしてこないですか?どういうところにワクワクするのかは、人それぞれですがとにかく日本で面白い動きが加速され始めているということは明確ですよね。それが伝われば、まずはこの宣言、成功なんじゃないでしょうかね。全てを覚えたりするのはナンセンスです。こういう難しいようで、読んでみると抽象的でも良いから、「なんかカッコイイ」とか「なんか面白そう」とかっていう感情ってが、普及啓発の要素を含む文言には必要だと思っています。でも実際には、人の意識は日替わりランチ並に変わるし、そう変わる人は常に変わっていきますが、変わらない人は何を見せても聞かせても感じさせても変わらないのは事実です。僕は、これを「意識の格差」と呼んでいますが、この世のなかにある「格差」のなかでは断トツにたちが悪いような言葉でもあるように捉えています。・・・話を戻しましょう。

 

この「新スマートシティ宣言」が宣言されてるイベントというのが、「SmartCityWeek2012」というイベントであり、10月末〜11月頭(10月29日〜11月2日)に開催されます。良かったら勉強になりますから、是非足を運んでみてくださいね。

 

【ひとりごと】次は年末

Read Full Post »

Older Posts »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。