Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2013年3月2日

真面目にやれ

ベタなことですが、「経営者の立場になって考えて仕事をしろ」は、経営者のエゴイズムであるけれど、飛躍的に自分自身の仕事のあり方を知る必殺技なのであると思っています。昔アフリカに行ってたとき、ウガンダ共和国のとあるプロジェクトに参画しましたが、それはそれは無茶ばかりの指令が幾度と無く繰り返され、さらには体調不良の連続で、黄泉の国に行きかけたのですが、そんなときでもウガンダ共和国の大統領の立場になって考えてみた僕ですが、当時を思えばクソバカヤロウの発想だと思っていました。でも、それからというと吹っ切れたように仕事をしたもんです。

 

そのとき、何を考えたかというとハッキリ覚えてはいませんが、絶対ウガンダ共和国の大統領はコレは許してくれねぇなぁって思うこと、ニヤニヤしながら勝手に考えだして業務に活かしていたもんです。つまり、それは結局のところ自分のモノサシでやりたいことをやっていたわけなんですよね。冒頭に戻りますが、経営者のエゴイズムっていうのに被ると思うんです。だから、「経営者の立場になって考えて仕事をしろ」ってのも結局のところ、自分のやりたい事を言っているようなものだと、僕は思っています。でもここからが重要で、それで落ち着いただけなら凡人であるということ。じゃあ凡人は経営者になれるのかってこと?まぁなれないでしょう。

 

自分のやりたいことをっていうところでウキウキしちゃったら、はい終了!なんですよね。先日職場の部下が名言頂きました!と言って興奮していましたが、何気なく言った言葉が彼の心に届いた結果が名言だったのでしょうが、やりたいことの前には、ゴロゴロとやらないといけないことがあるってこと。やらないといけないことをどれだけやればいいのかは知る由もないですが、とにかくやりたいことなんてそんなすぐには出来ない。僕が言う「経営者の立場になって考えて仕事をしろ」は、飛躍的に自分自身の仕事のあり方を知る必殺技という理由はそういうことなんです。そう、やらないといけないことを明確にしていく、これが一番経営者への道に近い考え方。

 

やらないといけないことの次にはやりたいことが待っていて次第に心が自由になってくる、これは僕のモットーですが、経営者の行き着く先は、限り無く広大な理不尽な自由という世界で、そこで100年続く会社を作るか作らないかは、別次元の話。

 

【ひとりごと】うめこぶちゃ美味い

Read Full Post »

安野モヨコの「働きマン」ではないけれど、結局のところ、この2つに分けられると思う。何を基準に分けれるかは、この2つの言葉を見たあなた自身しか分けることができないので、僕があーでもこーでも言う資格はありません。さらに、一人いくつもの基準?モノサシ?があっても良いと思いますし、それが「愛社精神」だったり、「結果成果」だったり、何でも良いかもしれません。でも少し深く突っ込み過ぎると、頭が疲れてきますので要注意です笑

 

でもあれだなぁって思う。やっぱ、愛社精神なんじゃないかな、これは。いやいや、欲望だろ?、、、えっ?

 

【ひとりごと】またしばらくドロンかな

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。