Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2013年3月1日

自分の資源を大切に

新しいことを提案する力は誰にも備わっているわけではない。世の中には、イノベーションを商売にいろいろ提案をしてくる人たちもいるわけなので、結局のところ、餅は餅屋であるのです。誰もがイノベーションを生きがいに生きてしまったら、それは大変な世の中になってしまうわけで。僕はこういう記事を今までに、何個も書いてきていますが結局のところ、僕はイノベーションを生きがいに生きている側の人であるということなのです。だからと言って、特別でもなんでもなく、無理矢理でもそういうことをしないといけない立場であるということ、そして僕が提案することを心待ちにしている仲間がいるということ、がイノベーションを生きがいに生きている僕の性であるというわけです。

 

自分の資源を大切にしたい、と最近良く思います。冒頭でも触れましたが、世の中はやはり餅は餅屋であり、僕は獣医師である身分なので、獣医学術を生きがいに生きていきたいと心から思い、その思いを大切にしています。獣医師の皆さんなら、それは当たり前だろとツッコミを頂戴するかもしれないですが笑。獣医師免許を取得してからもうすぐ7年か8年が経ちます。今まで振り返ってみて、僕は獣医師免許をどれだけ有効利用してきたのか?どれだけ活かしてきたのだろうか?それに僕は納得いっているのだろうか?・・・自分でもよくわかっていません。毎日診察室で飼い主さまを前にして診療行為をしているから、有効利用しているのは当たり前だろと言って頂けるのかもしれません。獣医学博士という専門知識と専門技術を本当に活かしているのだろうか?という感情も実際のところあります。いったい何なんでしょうね笑

 

少し話を逸らしますが、自分の資源というものは肩書きだけに留まることはないとも思っています。例えばモットーでもOKだろうし、哲学でもOKだろうし、何でも自分のモノサシ内にあることなら、それは自分の資源であると言っても良いと思います。僕は獣医師として「病気を見ずして病人を見る」という言葉を大事にしています。動物病院の場合は、病気のワンちゃんを見すぎて飼い主様を見ていない、と置き換えられるかもしれません。だから僕は飼い主様とのコミュニケーションを大事にしています。世間話もしますし、遊びや趣味の話、そして考え方なども聞いたりします。それは専門である糖尿病の診療から養った大事な言葉であり、行為でもあります。また僕のモットーは「知は力なり」であります。だからそのモットーを大切にし、しこたま本を読み漁ります。哲学は「やらないといけないことをやりつくすと今度はやりたいことができるようになってどんどん心が自由になる」です。最後は哲学かどうかはわかりませんが笑。

 

久しぶりのブログで何を語ると思えば、いつも通りの内容になってしまいました。これからも応援宜しくお願い申し上げます。

 

【ひとりごと】慰安旅行でぱみゅぱみゅやったよ

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。