Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2012年9月13日

帯状疱疹真っ只中で今日から職場復帰。朝礼でお詫びの挨拶をし、いざ診察!と意気込んだのはつかの間、やはり身体が痛い・・・かなり今日は苦しみながらの業務になりました。同僚の先輩や同期や後輩らが助けてくれたので、少しは楽させてもらいました。ありがとうっ!!

 

ということだったので、少し今までとは違った雰囲気で仕事をしていると、いろいろ考えることができましたね。あれやらこれやらいい案?悪い案?などなど頭にフッと浮かんでは消え浮かんでは消えの連続。浮かんだものは、一応頭の中でシュミレーションをし、お金稼ぎが出来るまでカタチにしてみる。「あれ?これじゃ貧乏決定じゃん。」とか「ん?これはあそこと一緒にやらなきゃ意味がないな。」とか「あはは。これはイケるな。」とか。いつも無意識にやってると思われるシュミレーションを今日は意識しながらやれたってことが今日の収穫だと思います。でも少し反省点も言っておくと、そうやってシュミレーションをする度に一喜一憂してしまっているという甘さ。感情的だな俺は。

 

「ちょっとした改革はじめました」というのは、上記でいろいろ言ったなかからピックアップしたとある「企画モノ」。「企画モノ」というと少々怪しい雰囲気で伝わってしまうかもしれませんが(ん?と思われた方はスルー願いますwww)、何をするかと言うと「一騎当千の仲間を作る」という高校生文化祭的な企画モノ笑。冗談ではなくて、本心からもそういう仲間を作りたいなって正直今日思った。なんでそう思ったかというと、上でいろいろ一喜一憂しながら頭の中でカタチにした企画は僕だけでは出来ないということに気づいた。これが株式会社ベッツジャパンの企画とか、社外を飛び出した企画とかだったら、これまでに養ったスキームやツテですぐにでも出来る。でも今日カタチにした企画は、純粋に動物病院で、動物病院の仲間たちと、ペットオーナーさんたちと、一緒にやっていきたいなぁって思ったカタチ。なので、動物病院内で仲間を作る、それも一騎当千の。大風呂敷かもしれないけれど、僕が名古屋に帰ってきて約1年半経って初めて純粋にそう思ったから、絶対にやろうと思っている。

 

僕は今まで自分の周りには、営利的なモノの考え方が出来ない人が多いと嘆いてきた節がある。だったらそう動かせばいいじゃないか?と多くの先輩方に言われ続けていた。でも僕はそれを自然と避けてきた節もある。理由は自分でもよく分かっていない。もしかしたら既成概念なのかもしれない。でもそれではずっと既成概念のままじゃないかと自分に訴えていたことも正直ある。自分が起業した会社では絶対にしないことを、雇われている身でいる場所(動物病院)ではしてしまっている。社外でビジネス的な講演をしている自分が、メインで働く場所(動物病院)ではそのビジネススキルを発揮もせずにいる。メーカーさんと一緒に商品開発もして販促にも口を出しているのに、自分がいる場所(動物病院)ではそれを一切してこなかった。なんでか・・・それは僕は初めから決めつけてしまっていたのだと思う。今いる場所(動物病院)には一緒にやってくれる人がいないのではないだろうか・・・と。でもそうも言ってられない状況が今後この業界には迫ってくることは必死であると思っている。国が世界そのものが変容する今日、獣医療が今のままであるはずがない。また、今のままであっていいはずもない。自然環境との共生が急務の現在、獣医師や動物病院が出来る事・やらなければならない事はもっと多いはず。動物病院の伝統的なビジネスモデルも綻び始めている。そう・・・常に新しいモノを生活者からは求められている。いま新しいと思っているモノに、生活者の目が肥え始めるのも時間も問題。

 

常にこのような強迫観念に襲われているわけではない。多少なりの緊張感は少なくとも周りにいる人間よりかは持っていると思っている。思っているからこそ、感じているからこそ、考えているからこそ、だからこそ仲間たちと一緒にやっていきたいという想いは日に日に強くなってきていた。「一騎当千」・・・にはならないかもしれない。けれど、大風呂敷でも良いからやってみようかと思う。今までも自分に妥協なき課題を叩きつけて、努力してきて頑張ってこれてた。だったら今度は今いる場所で、今いる場所の仲間たちと手を動かそうと素直に思えれる大人になった自分が今ここにいる。この想いは大事にしたい。

 

早速今日各部署から一人ずつ僕の嗅覚を頼りにして人選をした。近々にでもMTGをするつもりだ。ここで語ったことも伝えるつもりだ。僕が育てていく。そして僕も養っていきたいと思う。やるからにはカタチにする。カタチにするなら、絶対に成果としたい。オママゴトは絶対にしない。そして真似できないビジネスモデルを創っていく。うちにしかできないカタチで。絶対にやってやる。

 

【ひとりごと】久しぶりにこういう記事を書いた。若くて激しい自分がいるなぁ。

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。