Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2012年7月14日

今日は業務後、社会保険労務士の方と打合せを。さすがに、業務後でしたので頭の切換えには少々時間が掛かってしまい、社労士の先生に冒頭ご迷惑をお掛けしてしまいました。株式会社松波動物病院は、法人格を有す会社であり、労働基準法(労基法)に基づいた就業規則を制定しております。さらに、雇用形態におきましても社会保障も導入しており、社会保険等の設備は整っております。また就業規則に則った公休、有給、夏季冬季休み、そして昇給などもある会社なので、一般の企業にお勤めされていらっしゃる方と制度自体はなんら変わらないと思います。

 

ですが、この動物病院業界では当院は非常にレアです。まずは、法人格を有す動物病院が圧倒的に少ない(動物医療は医療法人という制度は皆無)ということ。さらに、法人格ではなく個人事業主としても社会保険未加入の雇用形態が殆どで、上記でも触れさせて頂いた各保障とは縁もゆかりもありません。「果たしてこれでいいのか?」という感じに今日の記事は書きませんので、悪しからず。まぁこれでいいはずはないのですがね。

 

今僕が手を動かしているのは、既存の就業規則のリニューアル。新・就業規則の制定です。では何のためのリニューアルするのかというと、各保障・各制度・各設備をさらに上げて、さらなる高みを目指しているということ。当院に就業している従業員数は、全グループ合わせて50人弱。既存の従業員は、現行の就業規則に則った業務と給与と休みが適応されています。何度も言いますけど、当院の社会保障等の設備は一級品です。その設備をさらにリニューアルするということは、さらに医療力にも拍車を掛けるということ。

 

「経営力は医療力に比例する」・・・少し昔に書いた記事でもありますが、これは医療法人という概念が無いこの業界にはピタっとハマる文言なのではないでしょうか。ハード面ばかりに設備投資をしているということではありません。勘違いはしないでください。人事や登用、そして働き方などのソフト面も「経営」なのです。ハードとソフトが兼ね揃えられて、初めて「経営力」は成立します。こういう会社は、強いですから。

 

【ひとりごと】手を動かさないで何が経営だ

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。