Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2012年6月29日

ネットサーフィンしていると定期購読しているMERCK(メルク社)からメールがきた。と同時にFacebookのMerckページも更新され、おっ!同期してるのか?と思ったのは置いておいて、MERCKが珍しくペットのニュースを更新してた。それもあの有名のCDC(アメリカ疾病予防管理センター)のリンクを貼ってだ。

 

内容は、「To enjoy your pets’ companionship for a long time, take care of their health and well-being.」というもので、ざっくばらん言えば、「ペットの健康管理はあなたに懸かっています」的なベタな内容だった。いかにも定期配信らしい内容笑。でもそこで少し驚いたのはCDCのリンクが貼られていたということ。そこでは、以下の内容が並んでいました。

 

Helth Benefits of Pets

Pets can decrease your:

Blood pressure
Cholesterol levels
Triglyceride levels
Feelings of loneliness

Pets can increase your:

Opportunities for exercise and outdoor activities
Opportunities for socialization

 

ふむふむ。飼い主にとっては痛いところを突かれているような内容ですが、アメリカペット事情を物語っているようにも感じられます。これは人間社会でも同様ですが、日本人よりも欧米人のほうが肥満は多く、それはペットでも同様にあると言われています。高血圧に、高コレステロール血症、高トリグリセライド血症など(まぁここでは追記で孤独さってのも入っていますが)がものすごく多いです。これはモロに食生活ですよね。それをMERCKが言うのはわかるのだけど、CDCが言っちゃうって・・・って少し違和感もあったけれど、影響力の差でいうとCDCに軍配あがるし、これはこれでいい企画なのかもしれませんね。例え話ですが、日本でこれをするとしたら、ファイザーが企画している裏でいきなし首相官邸から「ペットの肥満、ぜったいダメ」っていうノリです。

 

でも一見、for ペットというより、ペットを通じて人間が啓蒙啓発されているのでは?とも思いました。人の食生活がモロにペットにも影響を及ぼしている、という考え方は合っているし正論なんだけれど、一見普遍的な情報に成り下がっているようにも感じられる。でも万国共通なんですね、「あなたのペットのために」というフレーズは。良いのか悪いのかわかりませんが。少しだけ我を出すとするならば、いくらデカイ組織から言われたとしても、心に響く人なんか少ないんだから、かかりつけの先生や病院から診察室で言われたほうが、よっぽど良いなと思いました。

 

【ひとりごと】夜更かしするぞー

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。