Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2012年6月6日

今日は仕事は朝早くに片付けて、午前中から美容院で散髪。午後からは運転免許証の書き換えに行っていました。その後、お伺いしたのはヤマザキマザック株式会社が運営するヤマザキマザック美術館。前々から気になっていた展示が開催中ということもあり、昔からのお知り合いでもありましたので、ご挨拶も兼ねての訪問となりました。

 

ヤマザキマザック株式会社、日本が誇る世界一の工作機械メーカーであります。世界中に支社や工場を持ち、さらには世界の最前線で最新鋭の工作機械を造り続けている企業です。詳しくは、HPをご覧になってください。そもそも大企業であるヤマザキマザック株式会社が運営するヤマザキマザック美術館とは?と思われた方がいらっしゃるかもしれませんが、前代表取締役会長の山崎照幸氏(享年82歳)の夢であった美術館であります。以下に故山崎照幸氏のメッセージを載せました。

 

この度、名古屋の中心地の一角である葵町にヤマザキマザック美術館を開館する運びとなりましたことは私にとって大きな喜びであります。私は、1960年代初頭より自社の工作機械を世界市場に広めることに一生懸命でありました。そのため欧米各国にしばしば出向きましたが、週末となれば行く先々の美術館を訪れ名画を鑑賞することが何よりの楽しみでした。 そうした中で、パリの画廊で一枚のボナールの絵に出会い、購入したことがその後の絵画コレクションのきっかけとなりました。やがて、収集を重ねていくうちに、フランス美術に強く惹かれるようになり、絵画のみならず、ガラスや家具などの工芸作品なども、自分の目で、一つ、一つ、慈しみながら集めてまいりました。

いつの頃からか、これら作品を展示する美術館を作りたいと思うようになりました。ヤマザキマザック美術館は、この夢の実現であります。当美術館の展示内容は、ヴァトー、ブーシェ、フラゴナール、シャルダンといったフランスのオールドマ スターを始めとするロココの時代から、ロマン主義を代表するドラクロア、新古典主義のアングル、写実主義、印象派、そしてエコール・ド・パリ等、18世紀 から20世紀に至るフランス美術200年の流れが一望できる構成となっています。 さらには19世紀末にフランスを中心に花開いたアール・ヌーヴォーの代表的な作家であるガレを始めとする、様々な作家達のガラス工芸品、家具も展示してお ります。

「ヤマザキマザック美術館」が、フランス美術の奥深さをお伝えしたいという私の夢の実現にとどまらず、地域の、ひいては日本、世界の美と文化に貢献するという役割を担い、開かれた美術館として成長してゆくことを切に願っております。

 

前会長の夢の実現が、ヤマザキマザック美術館であります。そのような想いで設立された美術館に伺い僕は何を感じたか?世界一の企業が運営する美術館に触れて何を感じたか?展示されてる美術品を拝見し何を感じたか?それは、温かみおもてなしの心でした。

 

前会長の山崎氏とお話ししたことは数回しかありませんが、迫力が無いといったら嘘になります。が、お会いしてみると全体から溢れ出す温かみを感じたことがあります。今思うとあれはオーラだったのかもしれません。それととてつもなく謙虚な方でした。それは元会長の名言にもありますが(以下に一つご紹介します)、一つ一つ発せられるお言葉におもてなしの心が宿っているようにも感じました。企業の生命線でもあるサプライヤーを大事にすること。常に技術開発に努力と投資を惜しまないこと。エンドユーザーへのアフターフォローを徹底すること。これは、元会長ご自身のお言葉でもあります。そのような方の夢であったヤマザキマザック美術館、そしてそのような方がお集めになられた美術品の数々。その場所、そしてその美術品から、温かみやおもてなしの心を感じるのは、必然的だったのかもしれません。元会長の生き方、そして会社の在り方そのものが、ここには宿っていると確信しました。この会社で働く皆さんは本当に幸せなんだろうなと思います。

 

会社の在り方然り、経営者の生き方然り、それは企業が提供するモノやサービスに宿って、サプライヤーやエンドユーザーに伝わるということを知れた今日は、ものすごく勉強になりました。そして、元会長である山崎照幸氏にお会いできた喜びに、関係者の皆様に心より深く感謝申し上げます。

 

私が社長になったのはいまから40年も前です。それ以来、一貫して4つのことを守ってきました。

  1. どんなに苦しくても新しい技術開発に努力と投資を惜しまないこと。
  2. 生産設備に対しても投資を惜しまず、最新の設備を整えること。
  3. 世界各国にきちんとアフターサービスのできる販売網を築くこと。
  4. 常に損益分岐点を下げる努力を怠らず、健全な財務体質を作ること。

 

【ひとりごと】ちなみに運転免許証の色はコンジキ

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。