Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2012年6月3日

人は人に啓発されます。人は人に育てられます。そして人は人に影響を受けます。そんな僕もそんな毎日を過ごしてきたことがある人間です。今もそうですが、昔よりかは、触発する側、育てる側、そして影響する側に立っている人間でもあります。昔よく可愛がってくれた先輩からは、「生意気だなお前」とよく言われたものです。今も言われていますが、今は、「生意気だなお前。でもいい感じ。」とか言ってもらえるようになってきました。

 

先輩に言われたことを、僕はあまり口には出しませんが、僕はいつも姿勢でそれを相手に伝えています。それは、手を動かすことを指します。手を動かすと言っても、手や足を出すということではありません笑 つまり、若者の訴えや悩みや不安を、僕は口だけではなく、カタチにしてあげて見せてあげるということ。コレって即効性はないんですが、半永久的に自分と相手の頭の脳裏には残る方法なので、非常に良い方法だと個人的には思っています。

 

今年の目標は、とにかくカタチにした数にこだわる、ということ。どんなカタチでもいいから、とにかく数で自分を一歩も二歩も先に追い込むこと、が今年の目標になっています。ですので、若者と話す機会があったら、即実行あるのみです。先述したように、若者の鬱憤を聞いた先輩は、なるべく聞き役に徹し、それを咀嚼してあげ、若者を落ち着かせます。そして、僕が先輩たちに言われたように、男気ある言葉を掛けてあげるのです。でもそれだけで終わることがほとんどです。僕はその在り来りな対応に不満を持っているのではなく、それはそれで良いと思っています。ただ、僕と表現方法が違うだけ。

 

若者は0から1にした経験を持っていません。だったら、一緒にお前の0の塊を1にしようぜ!、ってのが僕のスタイル。今、そういうことを言える環境を作ってくれた仲間や後輩たちには感謝しなくてはいけませんが、これは僕の今年の目標にもリンクしてくれているので、使わしてもらっています。今の職場や他所の職場で、0から1にする作業は間に合っています。それが仕事ですからね。だけど、若者の鬱憤を解決するためだけに、0から1の作業をするのは骨が折れる作業ではありますが、解決するだけではなく、僕に鬱憤を訴えてきた若者の価値自体を向上させれることも可能なのです。

 

これが僕が思う、人は人によって育てられる、なのです。人間の価値を上げてあげる、これはすごく大変な作業ではありますが、ものすごく自分を鍛えてくれますし、やみつきにもなります。今年に入って、何人もの若者に出会いました。実際に、悩みや不安をぶつけられ、それを解決するカタチを一緒に創りだしています。今も一緒に、手を動かしている若者もたくさんいます。正直お金欲しいくらいです笑 ですが、失敗しても成功しても、その若者たちは以前の自分を一歩も二歩も数歩も先に進んでくれているのを見ると、それが僕にとっては価値になるので、この作業に関しては、お金はいりません。結果的に、お金が流れるようなモノやサービスを創りだしこともあるので、何とも言えませんけど笑

 

若者よ、もっともっとツッパリなさい。でもね、ツッパってるだけで何もしないことを、時間の無駄って言うことを肝に銘じなさい。そして、自分の後輩たちが、自分にツッパってきたら、一緒に手を動かしてください。口はいいんです。口はいつでも使えますけど、その若者とのコミュニケーションの時間は一瞬ですよ。その一瞬を見極めよ。

 

【ひとりごと】今週行く美容院でヘッドスパの予約をしたよ

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。