Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2012年6月2日

今日はダラダラ書くと愚痴っぽくなるので、ちゃちゃっと書いちゃいます。すみません。

 

今日はイライラを通り越して、何か無我の境地みたいな感じで一日過ごしました。無我の境地とか言ってるくらいなので、口数も少なく、誰とも喋ることもなく、一日を過ごしていました。何があったかは割愛します。本当にくだらないことだし、くだらないことに対してイライラしているわけではなく、くだらないことをやってる連中が自分らがやってるって自覚が無いって顔をしていたので、呆れてモノが言えないってところに痛恨の極みが集約されていたわけですね。

 

長い時間、同じ場所で同じメンバーで、同じ仕事を繰り返す。これを僕はオールルーチンって言うんですけど、僕を知ってる方や略歴を知ってる方がいればわかるかと思いますが、ルーチンという言葉ほど僕に似つかわしくないキーワードなのです。ですが、今オールルーチンの現場にいるのには違いないので、そこまでルーチンルーチン言ってると怒られるのでやめておきますが、ルーチンなんですよね。なので、自分が手を動かす仕事に変化が生まれる確率は非常に低く、徐々に頭も固まっていきます。こればっかりはしょうがないって言われればそうなのですが、ルーチンな現場を如何にルーチンにさせないかってことのほうが大事。僕は、そうやって仕事をずっとしてきたし、今も自分で変化を付けながらやってるので、成長も著しくしてる。なので、現場に染まるはずがないんです。

 

じゃあどうやったら変化を生ませれるのか?って話になりますけど、これは2つあります。1つは「知識」、もう1つは「フットワーク」です。僕の座右の銘である「知は力なり」は、本当に座右の銘にしてよかったってくらい重宝しています。それと、「フットワーク」。どっち言うと、僕を一言で表すとって質問で断トツNO1で挙げられるのが「フットワーク」。「知識を知と経験から養うと同時にフットワークで活かし続ける」。これが自分の生活に変化を生んでくれます。

 

でもなんだかんだ言ったって、僕も何度も何度も何度も何度も失敗してきてますから。でも染まって自分の仕事に変化を生まずにして、社会人って、専門家って、なくない?その前に、企業人でしょ?企業のために、やろうぜ!って想いってのが、一番の自分へのカンフル剤なんだけどなぁ。

 

【ひとりごと】専門家も所詮、社会人なんだってこと

Read Full Post »

こんばんは。今日は母校である日本大学から獣医学生さんが僕に会いに来てくれていました。感謝。彼との出会いは、以前日本大学で講演させてもらったときまで遡りますが、いろいろなことに興味を持ち、そして行動をしているアグレッシブな子だなぁというのが印象的でした、何度かメールでやり取りさせてもらってて、なかなか僕の上京しているときに会いたかったけどタイミングが合わずで、痺れを切らして、とうとう名古屋で会うことになってという感じです笑

 

彼は、獣医学以外にもいろいろなことに興味を持ってはいますが、自分が今研究室で手を動かしている?動かそうとしている?研究テーマを、スラスラっと答えることが出来てたし、荒削りではありましたが情報収集もしようとするモチベーションも備えていそうだったし、何より彼が所属する研究室のメリットを最大限活かそうとするポテンシャルが素晴らしかったです。要は、「地の利を活かす」ってやつですね。ちゃんと今の自分の立ち位置が明確にしていないと、なかなか出来る業ではないので、感心しちゃいました。

 

彼が名古屋に来た理由ってのは、今は大きな声ではいえませんが、「一緒になにかをやろうぜ?」の僕の一言に乗っかってくれる気がしたからです笑 なにかをやるってことは、何かをカタチにして、それを表現し、そして発信するってことを指します。今日ここで彼と話したことに、僕も彼も魅力を感じなかったら、この話はナシってことになっていたはずでしたが、答えはNO。二人が揃えば、何かしらカタチにはできるって感じてたし、結果一緒にやることになったので、正式に彼にお仕事を依頼しました。わくわく。仕事の内容に関しては、後日ローンチできたらいいなと思います。業界初だと思いますし、動物病院の新しい試みだと思いますので、早めにオープンにしていきたいですね。

 

【ひとりごと】わっくわっくさせてよ

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。